2012年05月21日

日食撮れた

金環日食20120521横浜

朝は雨が降っていたのですが、この期に及んで、まさかのどんでん返し。金環状態になった直前直後の数分だけ、太陽が見えました。

金環はほんのちょっとしか見られませんでしたが、食分が大きいと、部分食でもきれい。

親がサングラスで観測しようとしてたので、かなり焦って、日食グラスを渡しました。テレビ中継で突発行動起こす人もいるのですから、当日のテレビでもう少し呼びかけて欲しかったです。

タグ(工事中): 科学 天文
posted by 堤朋之 at 08:03 | Comment(0) | その他の話題

金柑日食の準備はしたが

金柑日食って書くとおいしそう。
で、21日の金環日食の準備を済ませました。

日食の観察器具

日食メガネは、既に購入済み。3年前の皆既日食の時、直前にメガネの入手が無理だったこともあって、今回は早めに買ってあります。直前になって、日食グラスコーナーに人だかり出来てたなぁ。在庫一掃のためか少し安くなってたし。

あと、ピンホール式観察器を作りました。チョコボール(ハズレ)の空き箱に穴を開けて、アルミホイル貼って、爪楊枝でピンホール開けただけですけど。
1987年の金環日食の時、ピンホールで観察しようとして、なぜか失敗。あの時の記憶がトラウマになっているので、今度こそ成功させたいのです。
子供の頃とは違って、事前テストなどする知恵もつきました。蛍光灯の光を当てたら、リング状になって、試験成功。下の写真ではちょっと見づらいですが。

しかし、明日は絶対、曇りだよな…。

ピンホール式観察器の動作試験

本当は、翌日開業のスカイツリーと金環日食が並ぶポイントで見たかったのです。ざっと調べたところ、浅草付近の河原の公園がベストスポット。

でも、ほとんど確実に曇りだから、東京まで行きたくない…。

ところで、金環日食は、金環状態になっても、肉眼で見てはダメ。 皆既日食と違って、金環日食では、太陽の10%は見えています。 「日食グラスで観察しましょう」とはよく聞きますが、この言い方では、皆既日食のケースと勘違いして、目に障害を負うケースなどもあるのではないでしょうか。

まあ、曇りなので、被害は出ないでしょうけど…。

タグ(工事中): 科学 天文
posted by 堤朋之 at 01:58 | Comment(0) | その他の話題

試食はしてみるもの

今日は、鎌倉へ遊びに行っていました。
一人だと、ショッピングや食い歩きはほとんどしないのですが、人と一緒なので、小町通りを散策しました。
その場のノリで試食などもいろいろしたのですが、試食って積極的にしてみるものですねぇ。

目から入る広告、耳から入る広告、これらがあるなら、試食は舌から入る広告。広告なんだから、遠慮せずにどんどん活用すべきだし、広告なんだから、買う必要はない。
今日だけでも、いろいろな商品の味を知ることが出来、情報ツールとして積極的に取り入れたいと思いました。試食は量が少ないから、種類を食べられるのです。

柴又丸任さんの角塩昆布

昆布を買いました。「柴又丸任」さんという乾物屋さんで、昆布茶の試飲をやっていて、絶妙に旨い。
聞いてみると、角塩昆布にお湯を注ぐだけとのこと。家でやったら本当にその通り。ちょっと箸でつっつかないと十分に出ませんが、幼稚園児でも作れるレベル。
600円位しましたが、枚数あるので、スティックコーヒーやティーバックに比べて、そこそこコストパフォーマンスはいいかと。
なんでこんな旨いかと思ったら、スープの味だ。ファミレスのスープバーで、コンソメスープおかわりする、あの感覚。

今日は、鎌倉の町全体が試食会ムードだったような。マックの店頭でさえもコーヒー無料配布やってたからなぁ…。

タグ(工事中): 買い物 グルメ
posted by 堤朋之 at 01:50 | Comment(0) | 買い物など

2012年04月19日

マクドのコーヒーおかわり最終日

J-CASTニュース マックのコーヒーおかわり無料が終了 20日から新料金実施か

マクドでは、「コーヒーお替わり」という、裏技があったんですが、今日19日が最終日とのこと。
レシートと、カップ持って、レジの店員さんに言えば、カップの中に入れなおしてくれて、砂糖とミルクをくれるってだけですが。

関内からバスで直帰できたのに、わざわざ、保土ヶ谷まわりで帰ってきましたよ。しかも、腹減ってないのに、チキンフィレオセット頼んじまった。

マックのコーヒー

喉かわいてないのに、わざわざ2杯飲むウザい客。

明日からは、お替わり出来なくなる代わりに、コーヒー100円に値下げだそうです。
個人的には、お替わり頼むのすごく恥ずかしいから、新料金体系の方がありがたいです。

タグ(工事中): グルメ
posted by 堤朋之 at 21:53 | Comment(0) | 買い物など

2012年04月08日

慣れないスタバとかするもんじゃない

今日、出先で、ペットボトルを買おうと思ったのですが、どうせなら、前々から欲しかったタンブラーを買って、それに飲み物入れてもらおうと。

スターバックスのお店で売ってます。柄は横浜限定のやつ。
タンブラー自体に、飲み物券みたいなのがついてきて、初回は、タンブラーの中に、無料で飲み物入れてもらえます。それでいて1100円。なかなかの価格ではないでしょうか。

で、そこまでは良かったんですが…。
フラペチーノという、ネットでやたら人気のある飲み物を入れてもらったのです。そしたら、上になんか生クリームみたいなのが載ってて、それがガードして、飲もうとしてもタンブラーから出てこない…。

電車にタンブラー手で持って乗るわけにはいかないので、エコバッグに入れました。万一倒れることもあるでしょうし、密閉度かどの位か分からなかったので、一応、チャック付きビニール袋に入れる位の脳味噌はあります。

電車から降りて、道を歩いていたら、エコバッグがひんやり。見事液漏れでした。氷が解けたら、どうにかしてしまったようです。要するに、全然密閉じゃない。更に、ビニール袋からも少し漏れ出してしまって大変。
ビニール袋の中にティッシュ入れて吸わせて、ほかのビニール袋で多重防護して、予定切り上げて自宅に一旦戻って、難なきを得ました。
手持ちの、予備の袋が少なくて、ヒヤヒヤしました。もし、電車やバスに持ち込めない状況だったら、そこら辺のドブに投げ捨てるしかないですし、全然エコじゃない。
100円ショップのエコバッグ1枚が犠牲になりましたが、かばん本体に入れてなかっただけでも幸い。

よく、スタバのコーヒーを持ち歩いている器用な人を見かけますけど、ああいうライフスタイルでない人間は、お持ち帰りとか安易に真似しない方がよさそうです。

タンブラーの物自体はいいんですけどね…。家で使う分には…。

タグ(工事中): 買い物 グルメ 愚痴
posted by 堤朋之 at 23:42 | Comment(0) | 買い物など

2012年04月05日

高揚感ですよ

先ほど、アニメ『宇宙兄弟』の第1話を見たのですが、どうもパッとしない。念のため2話をちょっとだけ見てから、切るか判断しようかなといった程度。
タイトルからして、何か期待しちゃうんですけど、思ってたものと何かが違う。

なんでだろ。と考えていたら、いろいろ分かった気がします。

話は変わりますが、「けいおん!」って、話はつまらないですよね? だけど、何かついつい引き込まれてしまう。つまらないのに、面白い。 あれが何で、面白いのか。
「高揚感」がキーポイントだと思います。
学生時代、文化祭で楽しんだり、ちょっと楽器に手を出したり、多くの人はそんな経験があるもの。「けいおん!」はその経験をうまく引き出してたんでしょう。
ハルヒなんかもそう。自主映画を作った人は少なくても、カセットテープでCDドラマ作ろうとした黒歴史くらいは…。
あの時の高揚感をうまく引っ張り出しているのです。だから、人を選ぶし、つまらないと評価する人は低評価つける。

同じようなワクワク感感じたのは、「プラネテス」や「宙のまにまに」。子供の頃、ちょっとは宇宙開発や星空に憧れなんか抱くでしょう。それをうまく突付いてくれる。
OPにスプートニクやらスペースシャトルやらのリアル絵。デブリ回収屋が題材なんて当時は目新しい。
12星座マーク出されて、「星好きですか〜」なんて言われたら、「好きですよ〜」とか答えるしかないわけで。

でも、宇宙兄弟はどうも…。
ハートを鷲づかみにしなければならない、冒頭の一番大事な所で、宇宙の話ではなく、サッカーの話ですから。
少々のマニアックさってのが大事で、専門用語の一つでも出せば、見てる人は、ああ、分かる分かる、作り手はよく分かってらっしゃると、画面に引き込まれるはずなのに、NASAとJAXAのブランド名出しただけ。それにあのUFOじゃ、オカルトマニアすら喜ばない。

高揚感は、作品の中に詰まっているのではなくて、見てる人の心の中に詰まっています。それをどう引き出すかが、成功の条件かもしれません。
どうすればそんな作品が出来るのか? 専門用語出すかリアルに作るかの話ではなく、うまくやってる作品って、結局、作り手が好きかどうかなんですよね。作り手には、バンドが好き、映画撮影が好き、宇宙開発が好き、天体観測が好き、ドンピシャでなくても似たような経験は何かしらあるはずで、その情熱を形にしてるという作品は、イコール高揚感を感じさせてくれる作品ではないでしょうか。
結局のところ、「熱い作品か?」という、平凡な結論になってしまいましたけど、でも、そんな熱い作品が見たいです。作りたいです。

タグ(工事中): アニメ感想 テレビアニメ
posted by 堤朋之 at 02:02 | Comment(0) | アニメーション