2015年03月27日

東洋ゴム工業の報道に思うこと

東洋ゴム工業が、自治体や民間に納入した免震システムが、必要とされる性能を満たしていないことが、問題になっています。
思うのですが、これに関するマスコミ報道が、どうも過熱しているような気がしてなりません。

会社側に重大な責任があるのは言うまでもありませんし、説明や交換などの措置は当然必要になります。再発防止についても厳しく求められるべきでしょう。社会的影響が大きいことは否定できませんし、過去の地震で問題が起きなかったことは言い訳にはなりません。
ただ、それが行き過ぎ、会社の信用低下やバッシングにまでつながるのは問題と考えます。

今回の問題は、会社側が自主的に調査公表しました。前任の担当者が試験データの捏造を行い、それを後任の担当者が発見、それを会社側が公表したとのことです。
事故が起きたとか、公的機関の調査によるものであれば、厳しい評価もやむを得ないと思うのですが、自主的な公表の場合にまで、厳しい態度で臨めば、今後、公表を渋る企業が出てこないでしょうか?

もちろん、原理原則で言えば、会社にどのようなことが起きようとも、公表すべきは公表すべきということになります。
しかし、これが信用低下を招くとなると、本当に正しい経営判断といえるでしょうか。「馬鹿正直」という言葉が表すように「企業生命を犠牲にしてまで公表するのは経営者失格だ」とする意見は当然出てくるでしょう。
こうなってくると、公表に踏み切った経営者が無能呼ばわりされ淘汰される、取締役会で公表すべきという声を発信しにくくなる、さらに、発見者にまで累が及び社内での地位が危うくなる、という弊害が出てくることが目に見えています。

自首すればチャラになるのはコンプライアンス上いかがなものか?という疑問を持つ方もおられるでしょう。しかし「自首すれば無罪放免」と「自首すればやり直し可能」は別物です。きちんと責任は問われるのです。

思うに、企業が一番恐れるのは、信用失墜で回復不可能なダメージを受けることです。
短期的な業績悪化などが起こるのは仕方ないにしても、とにかく、信用回復がすべてです。
下手に信用を失墜させないためにも、報道機関は、自主公表か、はたまた悪意のある事例かを、きちんと強調して報道すべきです。

コンプライアンスという言葉を振りかざすことに夢中で、不正が行われてしまったらリカバーするという、本当の意味でのコンプライアンスがないがしろにされていないでしょうか。
企業不祥事案件がニュースを賑わすことが多くなってしまった今、やり直したいと思っている企業に対し、どのような視線を向けるか、社会全体で考える時期に来ていると言えましょう。
ステマやコンサルタントを駆使してネットやマスコミ相手にうまく立ち回れる企業ではなく、正しい経営を行おうとする企業にこそ、生き残って欲しいと思います。

タグ(工事中): 社会 意見
posted by 堤朋之 at 00:21 | Comment(0) | 社会

2014年06月25日

2014年夏研連上映会

…ということで、再加盟後初の上映会でした。

OP

OPテーマは「30秒」。
My momentは、のっけからガッツリな内容でした。時間の切り替えシーンを、カラーとモノクロで使い分けていたのですが、肝心の駅のホームがグレーで、時間経過がちょっと分かりづらくなってしまったかも。ちなみに、私にあの時計を渡したら、上映係の手元のDVDを差し替えて、ゲリラ上映を敢行します。
ピンポンダッシュのお陰で、会場内の空気がよくなりました。今回の上映会が成功したのは、この作品が流れたからといっても過言ではないでしょう。
そして、東工さんのパワフルな次回予告が来て、3作品ながらも、密度の濃いスタートになりました。

本編

第一部は、しりとり分多め。
國學院さん。曲のせいもあるけど、青春してるな感。太陽がいつの間にか大腸になるって。あと、部室汚いですね(笑)。
ワンチャンスは、キャラが独特でおもしろいなと思いました。
中央しりとりは、動物系が充実していて、凄いなと。
千葉工さんのは、カラーのせいってのもあるけど、元気のよさが伝わってきました。
電通さんのヤクは、選曲まずいだろ。
理科大しりとりは、スライムみたいなのがかわいかったです。
東洋しりとりは、テーマが「ファンタジー」に統一されていました。私好みの絵がてんこもり。
てってんの羽生市ってどこでしょうか。日本でしょうか。
…そして、ホモ。
学習院さんの習作は、オーバーラップをうまく使って、効果出してましたね。予告2本も面白そうです。冬に期待。
東工さんの新歓アニメは、デジタル系というか、そっち系の技術がすごかった。私には、センスも技術もなく、ああいうの作れるようになりたいものです。レッドブル飲めば作れるようになるんでしょうか。
CORDは、完成楽しみです。
今回、個人的にイチオシだったのは、回転寿司。勢いのつけ方、まとめ方が上手いです。上映会の後、話題に上ったのがコレでした。回転寿司食いに行こうかって話が出た位ですから。

そして、今回から創設された、第二部…。
摩詞…は、タイトル修正されても、どう直したらいいのか、分からねぇ…。最初の所は実写加工かと思うのですが、よく撮れましたね。
妄想少女の夢は、あれ作りたくなる気分、分かります。会場では地味な印象しかなかったのですが、家に帰ってから思い出すと、すごく作画が綺麗だったなと。
そして、しゃけ…。しゃけ。
舌切りスズメは、いつも通りの下品さで、次も楽しみにしてます。

第三部。
予告は、流れてよかったな…と。試写の時にトラブルに見舞われて、横っちょの私もヒヤヒヤもんでした。見事な映像で、ヒヤヒヤした甲斐は十分にありましたが。
プリピュアは、井川さくら、安中はるな…。分かります。長野支社色115系も。上映会後数日、あのOPが頭の中でグルグルしてました。
ネコに小判。タイトルすら否定するほど、予想外のオチとは。
君との距離は、とにかく、作画枚数ケチろうって発想がないのが素晴らしい。あれだけ全力出したんだから、多少塗り忘れあってもいいです。
蚊取線香は、のんびりした雰囲気でいいですね。割られたのはブタだから、第二部送りを回避したのでしょうか。
CRアニメの研は、パチンコのことよく分からないですけど、楽しかった。
Colorful Rainbow は、こういう雰囲気の大好きです。ネタに走る研連にあって、貴重な存在です。
腹、減ってないか?は、いつもと変わった雰囲気。重い話でないにしろ、盛り込まれているのは、日本が元気で、科学に期待と不安感を感じていた頃のテイスト。何ともいえない感じがしました。
(帝)京アニショップは、作ろうとした時点で、勝ちは決まってました。普通の人なら、尻込みして作ろうとも思わない。その上、完璧な仕上がり。素晴らしい。
大人になるときの、あの子はかわいそうだなと。普通なら父母の間で取り合いになるもんですけど、二人から無関心って。

第四部。
第四部の冒頭から、貧乏しんぼとかいうクソ作品。
ヴォトカとゼクト。下仁田葱子が、下仁田ネギじゃないってのは、軽くショックだった。それじゃ「映す価値なし」。今回は「研連の舞台裏」色が薄かったような気がするので、また、裏情報流して頂けたらなと思います。
神奈工しりとりは、33人だけあって、ものすごい分量でした。なんでこんな人が集まるのか。
ナイアガラの修行僧って、チョコレートに黄色ブドウ球菌入れるより、チョコレート色のうん………いや、何でもないです。
プラナリアンは、元ネタが分からなかったですけど、楽しい雰囲気でした。
あいすがやってきたを見たせいで、帰宅途中に寄ったスーパーで、アイス買いたくなくなりました。買いたくなったんじゃなく、買いたくなくなったんです。上映会パンフの表紙の女の子があれを食ってると思うと、何かくるものがあります。
アニ研に入ろうって、あのアニメのお陰で、33人入ったんでしょうか。
無敵さんの次回作予告は、面白いお話が聞けてよかったです。

アンコールが、トリの島、2分半だからとついでに上映された某インモラル作品、回転寿司(私も大声でアンコール叫びましたよ!!)でした。

『貧乏しんぼ』のこと

で、貧乏しんぼですが、笑い起こってよかった。上映会の盛り立て役としての仕事は十分果たしたというべきでしょう。
手抜きの都合で、まず音を先に編集して、後からそれに映像つけたのですが、そのため、テンポが悪くならずに済んだようです。

今回は、再加盟最初の作品ということで、昔のノリで作ったのですが、やっぱり、原発事故の後だと、厳しいかな…と。原発に限らず、色々とキナ臭い時代ですしね。
タイトルでビクッと来たという意見がいくつかありました。不安感じずに他の作品も楽しんでもらいたかったわけで、タイトルだけは配慮すべきだったかもしれません。

メインのPCが不調で、ネットブックで作成して、親のノートPCでDVD焼いたのですが、試写会場でトラブル連発。
いつも使っている焼きソフトが、1980円の奴(節約)なので、インスコできないとか、エラー出すとか、もうね。TMPEGEnc Authoring Works を勧められたので、冬までに買いたいものです。
あと、音がひどい。上映係さんが頑張ってくれたので、違和感なかったですけど、家のヘッドホンで聞き直したら、妙なエコーがかかってるわ、隣の部屋のカラオケノイズが入り込んでるわ、ひどい。

ということで

今回は、ベテランが揃い踏みしたというのもありますが、それ以上に、新世代の作り手が一気に花開いたという印象を受けました。これだけ優秀な作品が揃ったのですから、冬はダレるかもしれませんが、その次からが楽しみです。

posted by 堤朋之 at 04:59 | Comment(0) | アニメ自主制作

2013年12月13日

おいしそうな州の名前

おいしそうな順。(主観)

(1)ケンタッキー州

カーネルサンダースが、最初、ケンタッキー州で店をやってたから。

(2)バーモント州

カレー発売当時に流行った、りんご酢とはちみつを利用する「バーモント民間療法」にちなんで。

(ソース)Wikipedia バーモント州
(ソース)Amazon.co.jp バーモントの民間療法←この本だろうか…。

(3)デラウェア州

デラウェア州と関係ない。オハイオ州デラウェアにちなんでと思われる。

(4)アイダホ州

じゃがいもの州と呼ばれているらしい。ハインツのブランド「オレアイダ」が、オレゴン+アイダホだったとは…。

(5)ジョージア州

コカコーラの発祥地&本社がジョージア州のアトランタだから。

テキトーにググっただけの記事で恐縮です。

タグ(工事中): B級グルメ ネタ
posted by 堤朋之 at 23:02 | Comment(1) | ネタ・雑文

2013年12月07日

遠い夜明けを見つめるな

今日は、特定秘密保護法案の反対デモに行ってきました。(といっても、脱原発デモのついでに秘密保護法案デモ、いや、秘密保護法案デモのついでに脱原発デモというべきか…。)

それはそうとして、リベラル界隈、最近はどうも無力感が漂っているような気がします。
自分たちのやっていることは支持されないんじゃないか。何をやっても無駄じゃないか。
下の記事など、その空気を見事に言い当てているように思えます。

日経ビジネスオンライン うんざりするほど当たり前のこと 小田嶋隆

無力感への処方箋のひとつは、無力感を受け入れることでしょう。でも、行き着くところは、何でしょうか。それは、ニヒリズムと破壊にほかなりません。諦める。何もしない。
もうひとつは、希望にすがること。でも、行き着くところは、希望を失った絶望。行き着くところは同じく、ニヒリズムと破壊。

そこで提案。「真面目に考えない。」
今の日本の状況、真面目に当たっていると精神病みますよ。死が一歩一歩近づいてくる時に正気保てる人などいますか。
ですから、最後、核にしろガス室にしろ、1億3000万人が不幸な死に方しても、せせら笑う位でいいのです。「ほ〜ら見たことか」の一言で済ませばいい。
冷酷でいいのです。

なぜ冷酷になれというのか?
無力感にさいなまれ、何も出来なくなっては、元も子もないからです。
目標や結果などどうでもいい。ただ、やるべきことを、手順どおり、淡々とこなす。それだけでいい。
家で酒飲んで愚痴垂れる位なら、デモに行く。だから、私は、今日、デモに行きました。

先の大戦では、反政府分子は、戦前は獄中に入れられ、そこで獄中転向したら、戦後になって、軟弱だのなんだの叩かれました。それが現実です。
民衆の手のひら返しは無責任です。手足縛られて、やろうとしても出来なかった人たちまで攻撃したのです。
これが怖いんですよ。
それなのに、「いまさら何やっても変わらないよ」が、100年後の人たちへの言い訳として果たして通用するでしょうか。

私も、獄中に入れられたら、政府すり寄ります。でも、とりあえず出来るうちは、やれることする。ポーズでも何でもいい。難しく考えない。足を引っ張るだけの意見に、哲学者気取っていちいち耳を傾けない。
いやしくもリベラル左派なら、「結果出さなきゃ意味がない」のような「成果主義」はやめるべきです。
冷淡になりゃ、何でも出来ますよ。

でも、それなりに成果出てると思います。今日も、はき捨てるようにうるせえと遠巻きに叫んだ人、バスの中から手をふってくれた人、いろいろいました。
デモ行くことで、プラスにしろマイナスにしろ、何人かの気持ちが変わるでしょう。それの繰り返しです。
2年間地道に脱原発デモやってたから、今日、秘密保護法案に抗議できたわけで、確実に成長してますよ。ネットに引きこもっていれば、何も変わってないように見えるでしょうけど。

ソウェト暴動の頃のように、夜明けはあまりにも遠すぎるけど。

タグ(工事中): 社会問題 脱原発
posted by 堤朋之 at 01:24 | Comment(0) | 社会

2013年11月16日

ご近所歩き

最近、家の近くの散歩にハマってます。

我が家は、町内会の防災担当を引き受けてしまって、今年は防災訓練だの何だのって話なのですが、広域避難場所の小中学校への道順も知らないような体たらく。
そこで、いろいろ歩き回っているのです。

無料っていいですね。電車やバスだと、どこへ出かけるにしても、最低130円×2はかかりますから。
駅や公園までの最短ルートを開拓したり、少し遠くの駅まで歩いてみたり、それなりにネタは尽きません。

子供の頃に住んでいた地域は歩き回ったのですが、南区に引っ越してから、それほど歩き回っていません。もっとも、子供の脚で歩き回った範囲など、たかが知れているでしょうが。
自転車を親に捨てられる前は、そこそこ走り回っていたのですが、自転車目線と、散歩目線とでは別。自分の足の方が、地理を把握しやすい気がします。

子供の頃の童話で、3人の旅人のうち、幸せをつかんだのは、列車で遠くまで行った人ではなく、近所を歩き回った人ってのがありましたが、さもありなん。

(写真)清水ヶ丘公園の下にある大原隧道(トンネル)。

大原隧道
タグ(工事中): 横浜市 南区
posted by 堤朋之 at 21:38 | Comment(0) | 日記

2013年10月11日

自転車のカゴへのポイ捨て/外国人の酔客

今日は2件まとめてトラブルに遭遇。小学生名探偵かよ?って位の遭遇率。

自転車のカゴへのポイ捨て

イセザキの商店街を歩いていたら、停めてある自転車のカゴにゴミ入れてる人がいるのです。どれだけ溜まってたんだよって位のタンも道に吐きます。
で、信号待ちの時に、私の横に来て、手癖が悪いのでしょうか、別の自転車にもゴミを入れたのです。
とりあえず、ゴミ捨てんな!!と怒りました。

で、「あん文句あんのかゴラ」位は覚悟してたのです、しかしその人は違いました。
「ねえ、今殴ったよね」と言い、自転車のカゴからゴミを取り出し、「私は問題ないよね。謝ってよ。」です。
勿論、殴ったら付け入る隙ですし、そんな馬鹿なことはしません。警察沙汰にして相手の会社を…などは陰湿ですし、殴りません。

クレーマーなんでしょうかねぇ…。ちょっとガタイのいい、営業職っぽい感じの風貌の中年男性でしたが、それ差し引いても、会社帰りの人間のやることでしょうか。いや、クレーム以前に、人前で堂々とゴミ捨てんなよと思うけど。
私に謝らせてその返す刃で反撃しようとしたか、とりあえず謝らせないと気が済まない人間か、普段からクレームつけて回っている人間なのか。
しまむらの件もそうですけど、こういうのが咄嗟に出てくる人間が増えて、街中を平然と闊歩しているのって、怖いなと思いました。

とりあえず、こういうケースで安易に引いてはいけません。結局、向こうが、「じゃあ謝らなくていいよ、さ、行って(ドヤ顔)」で終わりになりました。
私だから良かったものの、ちょっといい人がこういう輩に注意して逆切れされて、惨めな気持ちを味わうと思うと、なんか切なくなります。
いや、もうこんな時代ですから、既に、「注意する方がクレーマー」の、トンデモな世の中になっているのかも知れませんが。

外国人の酔客

で、もう1件。新規開拓のファミレスに入ったのです。安かったのですが、ちょっとハンバーグの味がお値段相当でした。
それはそうと、隣の英語を話す外国人らしきお客さんと、その隣のお客さんが喧嘩しているのです。
で、お店の人が来て、別のテーブルに移った後、どういう展開かは分かりませんが、お巡りさんが到着…。外国人の方はお会計済ませて帰ってしまった後。

どうも、2人は同伴ではなく、別々に入って、外国人の方が何かしてきたみたいです。「ファッキンファッキン」とあまり筋だった事は話していませんでしたし、酔ってたのかもしれません。
2人は同伴の客かと勘違いしてて、横から口挟まなかったのですが、こんな大事になるなら、小突いた時点で、お節介しとけばよかったと後悔。話聞くくらいなら出来たかも。私は何のために「Excuse me? What's wrong? May I help you?」を覚えさせられたのかと。

言葉通じないと些細なトラブルが、大きなトラブルにつながりやすいのではないでしょうか。
日本人が外国に行く時は、泥酔したりしないようにする。外国人が日本に来る時は、喧嘩売らないようにする。さっきのポイ捨ての例なら、外国で悪さ見かけても、見て見ぬフリしちゃう位でいい。

しかし、問題は2020年。いや、その前にも、既に日本は旅行者・滞在者だらけ。
トラブルが起きそうな時、トラブルが起きた時、日本は、どう、お・も・て・な・し♪をすべきでしょうか。
未然に防ぐ、お節介をする、助ける。行政も、旅行者も、一般市民も、それぞれ出来ることはあるのではないでしょうか。

posted by 堤朋之 at 23:06 | Comment(0) | 日記