2013年03月14日

生ネトウヨ

9日の土曜日は、立川バスのファン感謝デーと、スーパーひたち651系乗車。10日の日曜日は、脱原発デモ。

神奈中バスコレ購入

立川バスファン感謝デー バスコレクション神奈中第二弾

神奈中が、ザ・バスコレクションの事業者限定品の第二弾を発売してたらしいのですが、最近は情報に疎くて、買いそびれてしまいました。
ところが、9日の立川バス拝島営業所のファン感謝デーで、残りを最終販売するという話。
そういえば、今春のダイヤ改正で、651系や新幹線200系が引退するから、それに乗っておくことを考えたら、休日お出かけパス(JRの一日券)で元が取れるかと。

で、拝島営業所へ。神奈中商事さんは手馴れているらしく、ブツはスムーズに買えました。
ファン感謝デーでは、バスの写真撮影、展示、クイズラリーなど。部品販売もあったのですが、バス停の板を家に持って帰るのは、自制。
昼過ぎ以降のチケットしか残っていなかったので、洗車機体験(中に乗ったまま洗車機の中を体験できる)は残念ながら見送り。
クイズ、最後の一問わからなかった。立川バスの埼玉県へ伸びている路線や、リラックマバスの車体メーカーは、路線図や銘盤でわかるものの、立川バスの在籍車両数は調べようがなかったのです。

帰りは、別のバス路線使おうとして、適当に歩き回ったら、まともなバス停が見つからず、とうとう拝島駅へ。
拝島の、おそらく日本一長い踏切を見ようとしたら、閉鎖されてました。ゲートがあって、鉄道の敷地内って感じになっていました。
予想以上の田舎で、マックすらないので、ケンタッキーで電車待ちの時間をつぶす。

スーパーひたち651系ラストラン

その後、青梅特快で神田へ行き、上野へ。
…で、651系の時刻調べてなかったことに気づく。みどりの窓口の時刻表を見たところ、651系の運用は数時間ありません。が、土浦発の上り列車に間に合います。特別快速で土浦へ。
ゆっくり土浦観光の予定だったのが、30分しかありません。亀城公園はあきらめて、霞ヶ浦を見に行きます。霞ヶ浦の入り江が、駅から数分歩いたところまで迫っています。
霞ヶ浦の観光船、予科練平和記念館、意外とみどころありそうなので、改めて行ってみたいものです。

で、651系に乗りました。スーパーひたち42号。付属4両編成の方に乗ったのですが、結構な利用者数で、自由席が2両しかないため、通路側の席しか確保できません。
車内はきれいなのですが、デッキ部分などはそこそこ傷みが出ていました。子供の頃のあこがれ車両だったのですが、引退やむなしなのかなぁ…。
藤代・取手間のデッドセクション(交流から直流への切り替え部分)は見もの。停電しますとの表示が電光掲示板に出て、数十秒間、電灯が消えました。セクション通過時だけでなく、その前後しばらく消灯のようです。外が明るかった上、寝ている人が多いので、全く違和感はありません。常磐線のデッドセクションで消灯するのは、現在651系だけという話ですので、これが見納め。
そして、上野到着。引退1週間前なので、写真撮っている人もそこそこいます。

上野駅といえば、13番線トイレ。ノンケなので、中に入る勇気はありませんでした。

651系スーパーひたち 上野駅13番線トイレ

新幹線200系(東北新幹線開業時の車両)ですが、塗色が、いかにも引退寸前って感じなので、あまり乗車意欲が湧きません。結局、思い出の中にしまっておくことにしました。最後に、緑の帯に戻して欲しかったかも。

その後、切符が勿体無いので、日暮里、川越、八王子と回って、立川、武蔵小杉経由で帰宅。
川越と本川越、八王子と京王八王子との距離関係がどうなのか、前から気になっていたので、歩いてみました。どちらも歩けない距離ではないです。歩きたい距離でもありませんでしたが…。
鉄に戻ったのが最近なので、乗っていない路線もかなり多いのですが、今回、相当な距離、乗りつぶせました。

ネトウヨを見る

で、10日の脱原発デモ。もちろん、3月11日で震災から2年になるため。
横浜は晴れていたのに、新川崎付近から黄砂ですよ。

とりあえず、日比谷公園に行きます。ですが、なんか団体旗持っている人だらけ。場所間違えたんじゃないかと思いつつも、まあ、この列に参加しても断られないだろうと思い、そこに並びます。
幸い、団体・組合は一箇所にまとめられてて、その直後に並んだだけのようでした。

普通に歩きますが、なんかテンション上がってない。
前のスピーカーから「○○委員やめろ」って声が出て、それに合わせて叫べば問題ないのですが、普通の参加者は、勝股・清水以外の名前とか一々覚えてないわけで、合わせづらいのです。
「再稼動反対」「原発なくせ」「福島守れ」「子供を守れ」「除染しろ」くらいのバリエーションでよかった。

さて、虎ノ門付近に差し掛かると…。
ネトウヨが!!
右翼ではなく、正真正銘のネトウヨです。2、30人位で、旗持って叫んでます。反対派の「再稼動反対」の声にあわせて「再稼動賛成」と叫んでます。
2ちゃんでは当たり前の存在でも、リアルで見たのは初めてです。ちょっと感動しました。
もちろん、主張は、「左翼はいらない」「反日は帰れ」であって、日本の来し方行く末については一切触れないのが、ネトウヨクオリティー。
その後は、笑いを堪えるのに必死でした。

行進が終了したところで、一旦離脱して、赤坂見附のマックへ。30分位休憩してから、国会議事堂前へ戻ります。
雰囲気的には、いつもの金曜日の国会前抗議です。
今年、生まれた子供たちも、数十年後には事故現場で収束作業に駆り出されるという演説を聞いて、問題の根深さを再認識しました。
また、フィリピンから飯館村に嫁いできて、家族が四散してしまった女性が、たどたどしい日本語で話をするのに、胸が詰まりました。

それにしても、2年という節目にしては、人が少なかったような気がします。
かくいう私も、去年の秋に行ったきり。その時は人が多かったのですが、冬の寒さからか人が減ってしまったらしいのです。選挙と同じで、「私一人くらい行かなくても」は通用しないと悟りました。

posted by 堤朋之 at 20:54 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2013年01月18日

東京から時間のかかる駅

東京から一番遠い県庁所在地駅

東京から時間的に一番遠い駅はどこだろう? って思ったんですが、全部の駅を調べるのはしんどいので、とりあえず、都道府県庁所在地だけ調べることにしました。

調べたのは、要するに、東京駅を始発で出た場合、何時に着くかです。
やった事は簡単で、路線検索サイト(駅前探検倶楽部)で、東京駅始発にして、各県庁所在地までの到着時間を検索しただけ。(あんまりやる気ないです…)

いずれも、飛行機を使わなかった場合。
那覇までは列車で行けませんので、除外してあります。
去年の暮れの平日に調べたので、若干古いかと思います。新幹線は朝6時からしか走っていないので、新横浜まで横浜線で行くこと前提です。

5時台横浜(05:20) さいたま新都心(05:29) 千葉(05:42)
6時台静岡(06:41) 宇都宮(06:51) 水戸(06:58)
7時台前橋(07:19) 名古屋(07:26) 福島(07:38) 甲府(07:43) 仙台(07:44) 岐阜(07:55)
8時台京都(08:01) 長野(08:05) 新潟(08:14) 大津(08:21) 大阪(08:29) 盛岡(08:34) 津(08:39)
9時台山形(09:00) 神戸(09:02) 岡山(09:06) 福井(09:15) 奈良(09:23) 広島(09:42)
10時台和歌山(10:04) 金沢(10:06) 富山(10:15) 秋田(10:20) 高松(10:25) 青森(10:27) 山口(10:44) 博多(10:51)
11時台鳥取(11:04) 熊本(11:42) 佐賀(11:48) 大分(11:59)
12時台松山(12:10) 徳島(12:13) 高知(12:28) 松江(12:36) 鹿児島中央(12:40)
13時台長崎(13:22)
16時台宮崎(16:13)
17時台札幌(17:29)

17時29分と、札幌の遅さが際立ちます。次いで、宮崎、長崎、鹿児島中央。
こうして見ると、ほとんどの都道府県が、新幹線の恩恵受けてますね。四国・山陰・北陸とも、新幹線と特急の接続がスムーズですし、北陸地方は北陸新幹線作ってます。
1位の札幌は、北海道新幹線が出来れば、時間短縮しますね。

九州勢が気の毒。
4位の鹿児島中央は新幹線あるのに、12時40分でした。九州の先だから、それ位かかるんでしよう。
3位の長崎は、博多(福岡市)から近そうですが、特急で2時間かかるようです。九州新幹線長崎ルートにも一理あるでしょう。ただ、飛行機度外視しての話ですし、長崎本線の高速化とか別の方法はあります。東京との繋がりだけで、建設すべきか。
2位の、宮崎がかわいそうすぎ…。16時13分というのは、九州新幹線使って鹿児島中央回っての時間ですが、小倉から特急使っても似たようなもの。新幹線建設の話もほとんどないし、飛行機しか使えない陸の孤島。どげんかせんと。

将来的にも希望のない僻地別格(失礼!!)として、宮崎県を認定しておこうと思います。

最果ての駅

最果ての駅の候補、いくつか調べました。日本国内には、翌日到着の駅もあります。

勇知(翌日7:02) 所要22:50 …稚内の3つ手前
下白滝(翌日7:21) 所要21:45 …石北本線・下り1本上り3本しか停まらない
新十津川(翌日9:28) 所要20:32 …札沼線の終点で1日3往復
東根室(翌日10:36) 所要25:00 …根室の1つ手前

東根室の到着時間が遅いのは、検索エンジンのキャパを越えたためかと思います。根室駅まで、ギリギリ当日深夜0時過ぎに到着できて、折り返しすれば朝6時に到着できます。上の4つの中では、翌朝9:28の新十津川がチャンピオンでしょうか。

さいごに

路線検索サイトは、そもそもこのような目的のものではありませんし、私の打ち込み間違いもあると思いますので、あくまで参考までにお願いします。

タグ(工事中): 鉄道
posted by 堤朋之 at 21:18 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2011年12月04日

Nゲージの簡易車両ケース in 100円ショップ

Nゲージの車両ですが、メーカー製の車両ケースだと場所を取ってしまうので、100均のシール容器に保管してます。(一般に「タッパー」と呼ばれているもののことです。)

サンメリーP-6A

具体的な品番は、ダイソーで売っている、サンメリーP-6Aです。1リットルサイズ。
あくまでも2011年現在ですので、廃番になる可能性はあります。

Nゲージ車両を10両入れる

サイズ的には、20m車がピッタリ10両。写真のように、台車を下向きにして入れます。
アーノルトカプラー車だとちょっと引っかかるので、台車の向きを曲げてやれば大丈夫って感じです。

アーノルトカプラー車の場合 鉄コレLRTの場合

ただ、どう頑張っても、ジャンク車両向けケースなんですよね。
容器自体はふにゃふにゃで柔らかいから、積み重ねは2〜3段が限度。パンタがあるので上下逆様にはできません。
押さえがないので、車両が壮絶に滑りますから、運搬時の塗装ハゲや傷はちょっと怖いですね。前なんか、フタ開いた状態で乱雑に積んで落としたこともありました。

いずれにせよ、工夫や使い分けが重要。
まず、シール容器は、ハンドル付きのキャリングケースの中に入れて収納しています。これなら上に物を載せても安心。
それと、私の場合、全部の車両をこの方法で保管していません。車両ケースが付属するものは、付属の車両ケースへ。紙箱に入ってきたものは、シール容器へ。紙箱入りってことは、安物で、そこそこ頑丈ってことですから。
工作派なら、ウレタン等を接着して、運搬ケース作ってもいいかもしれませんし。

フタを外せばレンジOK!!

車両をレンジにかける時は、フタを外して下さいとのことです…。

タグ(工事中): Nゲージ
posted by 堤朋之 at 23:09 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2011年11月23日

Nゲージのモジュールレイアウト規格

Nゲージ鉄道模型でレイアウト制作をやってるのですが、小さいモジュールに分割しています。
モジュールに分割しないと、大きなのは作れないし、収納も不便なので。

そのモジュールの規格の話。
既存の有名どころでは、JANTRAKとか、路面モジュール等があるんですけど、どれも運転会向け。家用としてはちょっと不便ということで、個人規格でやってます。

仕様はシンプルで、下の28cmの正方形のブロック。直線カーブ共通。

モジュール規格の基本形

接続部だけ仕様に則ればいいので、実際には、そのブロックを変形させて、下のような感じになります。
最小14cm四方。我が家の感覚では、28cmでもちょっと大きかったりするんで。

レイアウトプラン

これが本当に強力。単線も複線も同一規格。カーブ半径は自由でミニカーブレールも可。既存規格で難しかった斜め方向の線も可能。TOMIX規格に合わせてるから1枚からでOKだし、収納はダイソーのA3チャック付きビニール袋。

作るのも簡単で、東急ハンズで279×279に板を切ってもらい、複線間隔正しくTOMIXレールを貼って、あとはシーナリーつけるだけ。
ボード同士の連結はレールだけ。高さ調整は、下に板切れをテープ固定。そんな感じのユルさです。

作るの簡単な割に、最後まで完成させたのは去年の夏に作った1枚だけ(ォィ)なのですが、何枚か作ったら、ホームページに仕様書を上げようかと思ってます。何年後だろ。

モジュール1号 モジュール1号とE217系

上の写真が1号板です。この時は、まだ複線規格じゃなくて3線規格でした。乾かないまま袋に入れてたので、裏面がカビちゃったのが…。

タグ(工事中): 鉄道 Nゲージ
posted by 堤朋之 at 23:07 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2011年05月24日

Nゲージサイズのメイドさん

先日、秋葉原のタムタムというお店に行ったら、Nゲージサイズのメイドさんが売っていました。 数種類あって、ピンクや青のメイド服もありました。
1箱950リーミンですか…。メイド喫茶行くより、若干安いかな?
で、それを、鉄道制服着た女性店員さんのいるレジへ持って行くという罰ゲーム。

Nゲージのメイドさん メイドさんが駅に集結(迷惑)

タムタムでは、鉄道コレクション第8弾が500円だったので、1個購入。叡山電鉄のデオ300形が出ました。
その後、横浜ポポンデッタにて、鉄道コレクション鶴見線101系3両セット購入。

鉄道コレクション叡山電鉄デオ300形 鉄道コレクション鶴見線101系

鉄コレは、動力、走行化パーツ取付、パンタ交換をした上で、グリーンマックス幌とKATOカプラーをつけました。ただ、デオ301用の16m動力はどこも品切れなのでトレーラーのまま。
走行化パーツは高いですが、幌とカプラーは費用対効果が素晴らしいですね。ちょっと手を加えるだけでリアルになって愛着が湧くのが、鉄コレの魅力。

KATOカプラーは、先頭台車まで換装するのがポイント。鉄コレは、車端の床下機器がないので、先頭部を見たとき、みすぼらしく見えます。そこをKATOカプラー化すれば、横棒が床下機器の代用になるわけで、見栄えがするわけです。
先頭部は、もうちょっとリアリティー追求したいですが、どうもコレといったパーツが見つからないまま。

うちでは、スプレー塗料は絶対使わないつもりだったのですが、ついに手を出してしまいました。
叡山デオ301の床下機器が、とてつもなく安っぽい成型色グレーだったのですよ。で、「NATOブラック」とかいう物騒な名前のラッカーを吹いたら、やっぱり違いますね。

グリーンマックス幌とKATOカプラー NATOブラック

あと、横浜ヨドバシで、バスコレ11弾買ったら、多摩バスが出ました。なんと、シークレット品らしいです。でも、塗装が甘くて、それほど好きになれないのが、なんとも…。

現在、マイコンと格闘中です。証拠動画を貼っておきます。Arduino からフォトカプラーとモータードライバーを介して、進行・停止を切り替えることは出来たのですが、低速走行がうまく効きません。どうしたものか。

バスコレ11弾シークレット 鉄道模型をマイコンで
タグ(工事中): Nゲージ
posted by 堤朋之 at 00:00 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2011年05月16日

貸しレイアウトデビュー

今日、Nゲージ(鉄道模型)の貸しレイアウトデビューしました。
横浜ビブレの「ポポンデッタ」というお店。ブックオフの奥にひっそりとあります。
要するに、線路貸してくれるわけですね。このお店では車両も貸してくれますから手ぶらでOKです。

なんで今日なのかっていうと、レイアウト用品を4000円ほど買ったら、車両付き15分無料券をもらったのです。車両と線路の両方借りられるなら、今走らせちゃおうということになって、その場でお願いしました。

なぜか、横須賀線E217系頼んでしまいました。家にあるんだから、別の車両にすればいいのに。
3番線を利用。待避線が1本あるので、2列車を同時に動かせます。
先客が一人いらして、485系やEF510を走らせていました。

レンタル車両のパンタグラフがなかったり、カプラー(連結器)がアーノルドだったり、パワーパックの出力が抑えられていたり、初心者相手で苦労してるんだな…と思ったわけです。

普段は遠巻きに見るだけだったので、楽しかったです。
15分だから、ぐるぐる回しただけで、鑑賞する余裕はなかったですどね。
今度は、是非、車両を持ち込むこととしましょう。

タグ(工事中): Nゲージ
posted by 堤朋之 at 23:29 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2011年01月30日

とある聖地の巡礼目録(2)

昭和記念公園

で、マップをゲット。運営者さんの手際がよく、すんなりもらえました。
Gさん、Sさんと待ち合わせなのですが、前日に、携帯電話の充電に失敗してたみたいで、慌てて公衆電話へ。アナログ人間なので、テレホンカードの準備だけは抜かりないわけだけど。

Gさんは、用事で一旦帰るとのこと。Sさんと、禁書目録の展示スペースを一周したあと、昭和記念公園の有料ゾーンへ。400円もするんかい…。
なんか、『Kanon』アニメ版の聖地らしいです。あと、後で知ったのですが、『姫ちゃんのリボン』にも出てきたらしいです。まあ、ゆる巡礼者なので、その辺はあまり気にしない。

かなり広い園内です。一週回っただけで、どっと疲れが。
日本庭園があったのですが、その中の盆栽コーナーは凄かったです。近所のお宅にあるのとは別格な位のやつ。
立川基地の跡地由来の公園のせいか、やたらヘリコプターが飛んでいました。住宅地の近くなので、町の発展の妨げになってないか、気になります。

昭和記念公園 盆栽

立川巡礼

マップをもとに、立川の北口、南口あたりを巡礼。午後だったので、自分たちのほかには2組しか見かけませんでした。
これで、風力発電機が回ってりゃ、最高なんですけどね…。

時間が微妙な感じになってしまったので、とりあえず、マクド。その後、ビックカメラへ。21時ごろに解散しました。

多摩都市モノレール 立川

…という頃になって、Gさんは超電磁砲1〜2回見ただけ、私はいつも2倍速再生のヌルオタということが判明して、なんだったんだろうかw

帰って、禁書目録見たら、やっぱり行ってきてよかったなぁ…と。次の聖地巡礼先は、北イタリア5泊7日……。

町おこしについて

実際、お金は落とさない客層のような気がしますが、人は確実に集まりますから、費用対効果は抜群のように思えます。
この手段、首都圏だから有効だったのかもしれませんし、地方もそのままマネできるものではないと思いますが、なかなか面白い試みでした。

あと、多摩地域、予想以上に「聖地」の集積度が高いことを知りました。「姫ちゃんのリボン」の国立のほか、「耳をすませば」の聖蹟桜ヶ丘、また、新番組のフリージングでも、多摩モノレールが出てきます。他にもまだあるでしょう。

勿論、作品の人気は、一過性のもの。基本的な部分で町の魅力を上げなければ、効果は上がりません。
複数の作品を総合して、より広域圏で「聖地」をプロデュースすれば、より高い効果が望めるかと思いました。

多摩地域って、朝早くだと、普通に、カワセミいるんですね!!

カワセミ プリンシェイク

(参考リンク) 立川観光協会

posted by 堤朋之 at 15:04 | Comment(0) | 旅行・鉄道

とある聖地の巡礼目録(1)

先週の土曜日(22日のこと)、GさんとSさんから、アニメ『とある魔術の禁書目録』の聖地巡礼に誘われて、行ってきました。

場所は、多摩センター立川です。
当日、地元の町おこしの団体が、アニメとタイアップして、聖地巡礼用マップを配布するとのこと。多摩センター側での配布は終わっていて、22日は立川での配布。

横浜から微妙に遠いので、待ち合わせ時間には無理。そこで、マップは別々に受け取って、マップ配布後に待ち合わせることにしました。
多摩モノレールに乗りたいのと、値段を安くするために、天王町→大和→新百合ヶ丘→多摩センター→立川北のルートを取ることに。3時間近くかかってしまいました。

多摩センター・立川

多摩セン到着。駅の周りはほとんどが歩道橋で、歩車分離で構成された町です。朝のうちに軽く撮影。ここから、立川へ向かって、モノレールに乗ります。
で、昭和記念公園入場券とモノレール1日券セット、900円を買おうとしたところ…。

鉄道むすめ「立川いずみ」1日乗車券……。

入場券つきなら900円、鉄むすと入場券別々に買えば、1250円…。
鉄道むすめを取りました……。
駅の広告スペースは、鉄道むすめと、禁書目録で、悲惨なことwになってます。

多摩センター ポスター

先に整理券を配るとのことなので、整理券をもらいに行きました。立川北からすぐの昭和記念公園で配布。並ばずに、整理券がもらえました。
立川も軽く撮影。時間があったので、モノレールの上北台まで往復してきました。立川〜上北台は平地なので、山の間をウネウネ走る多摩センター〜立川の方が面白かったかも。

面白い映像が取れました。手ブレひどいですけど。
多摩都市モノレールポイント切り替え (mpeg1形式 5.11MB 37秒)

posted by 堤朋之 at 15:01 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2010年11月07日

うんこ触りたい放題

コアラ{

昨日、金沢動物園に行かなかった、おまいら涙目w

入場無料デーだった上に、動物のうんこ触りたい放題、動物のうんこスタンプラリー実施中。

食べちゃダメだよ

タグ(工事中): 一発ギャグ 動植物
posted by 堤朋之 at 12:29 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2010年11月02日

KATO《特急あまぎ》157系入線(2)

子供の頃、157系あまぎが走っていて、それを見たような気がするのです。
でも調べてみると、私が生まれた時には、157系は既に廃車。あまぎは全て183系(ごく普通の特急型車両)に置き換わっていました。
何だったんでしょうかね? まあ、こんな不思議な感覚が157系萌えの原点です。

KATO 157系 あまぎ(5)

キモカワイイ系デザインの157系は、まず、準急「日光」用として製造。それから、あまぎや白根に回されました。
一風変わったところでは、お召し列車(皇室用の特別列車)用の特別車両もあります。(こちらも同時にKATOから発売されました。)
ところが、ほどなくして、廃車になってしまいます。窓が大きく開くので、車体の腐食が進行してしまったそうです。

…でも思ったのです。
昭和40年代。夏休みの家族旅行、熱海への新婚旅行…。小田原を過ぎて車窓にパッと青い海が広がる。 やっぱり、窓、大きく開けちゃいますよね。伊豆急下田までずっと…。
塩分を含んだ海風が、車両いっぱいに入ってくるのは、伊豆特急の宿命でしょうか。
窓開けてはいけない冷房車ですし、本当のことは分かりません。それでも、クハ157を手に持って、目を閉じると、にぎやかな車内に沸き起こる歓声と、相模湾から吹き付ける潮風が、ここぞとばかりに伝わってくるのです。

タグ(工事中): 鉄道 Nゲージ
posted by 堤朋之 at 20:30 | Comment(2) | 旅行・鉄道

KATO《特急あまぎ》157系入線(1)

我が家のNゲージに、KATO製の157系が入線しました。
今、東京から伊豆方面へ「踊り子」号が走っていますが、踊り子号になる前は「あまぎ」号といったのです。これに使われていたのが、157系電車。

KATO 157系 あまぎ(1) KATO 157系 あまぎ(2)

Models IMON のサイトで、在庫検索ができるのですが、アウトレット品の157系を見つけました。
157系は、個人的に「あまぎ」「冷房改造色」のこだわりがあったので、ピンポイント的商品。
それで、何週間か前に、秋葉原まで買いに行ったわけです。最近のNゲージは、のんびりしてると、入手不可能になるケースも多いので。

IMON は、秋葉原だけ、中古やアウトレットのコーナーがあります。
基本セットが7両編成。それに、付属セット2両がついて、トータル11500円でした。
お店の方によると、アウトレットと言っても、傷物ではなく、過剰在庫などの新品とのこと。
返品交換不可(しかもポイント還元3%だけ)でしたが、その場で中身確認と動作確認してもらえば大丈夫。

KATO 157系 あまぎ(3) KATO 157系 あまぎ(4)

最近のヘッドマークは磁石でくっつくみたいですね。「あまぎ」「白根」の2枚が付属。折角交換自由なら、「日光」「ひびき」あたりも、つけて欲しかった。
JNRマークがアルミ色っぽい印刷表現で、肌色の中に沈んでしまい、どうもなぁって感じでした。国鉄特急を横から眺めたら、やっぱ、JNRマークでしょ。ここだけは、嘘になってもいいから、出っ張りつけて、色もメタリック感を出して欲しかったです。
とはいっても、飾ってるだけでもニヤけてしまいますよ、コレ。

モーター車、分解に失敗して、ツメを破損したのは不覚…。
4〜5両で走らせるので、付属2両いらないなぁ。中古で売ろうか考え中。

タグ(工事中): 鉄道 Nゲージ
posted by 堤朋之 at 20:26 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2010年10月06日

バスフェスタ2010横浜に行ってきました

パシフィコ横浜で、日曜日に、バスフェスタをやっていました。近くだったので行ってきたわけです。
横浜駅東口地下街では、トレインフェスティバルもやっていたので、ハシゴした人も多いと思います。

会場到着。
バスがたくさん展示してあったわけです…。(身も蓋もない)
二階建て、連接バス、ボンネット、富士急のトーマスバス、自転車を積めるバスとか。

連接バス 自転車を積めるバス

今回の目玉は連接バス。
慶應大の湘南藤沢キャンパス付近を、神奈中バスの連接バス(トレーラーみたいな2両編成のやつ)が走っていますが、それがみなとみらい地区を一周します。
整理券がすぐにはけて、乗れませんでした…。
道路運送法上、ちょっと特殊な車両なせいか、先導車に続いて走るみたいです。

あと、子供向けの企画が充実していました。バスガイド体験や、車体デザインコンテストの優秀者発表、バス型ゴーカートなど。
基本的に、バスオタ対象ではなく、バスの普及活動が目的のイベントですからね。

ボンネットバス バスフェスタ

物販コーナーで、1/150スケールのバス見つけて、2台ほど購入。
東京空港交通(リムジンバス)のブースで、500円でバスコレ14弾。勿論、中身は全部リムジンバス確定。オレンジの大型車体は、見栄えがしますね。
あと、京商のブースで、350円のダイキャストモデルを1台試験購入。中身が分からないパッケージながら人気事業者ばかり。昭和40年頃の都営車が出ました。展示台にネジ止めされていますが、ネジを外せば、Nゲージ鉄道模型用としてそのまま使えます。タイヤも回ります。
京急バスもバスコレを販売していたようですが、売り切れ。

のんびり過ごすのもいいかなって感じのイベントでした。

入場無料で、Cホールだけの、比較的小さいイベントでしたが、結構時間がかかってしまいました。横浜に戻ると4時過ぎ。肝心のトレインフェスティバルは店じまいモード…。

posted by 堤朋之 at 04:30 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2010年09月27日

Nゲージじゃないし…

Nゲージレイアウト用に、1/150スケールの人形を買ってきました。

Nゲージ用の人形

横に、別の人形があったので、買ってしまいました。

鉄道むすめ

どうみても1/150スケールじゃありません。ごちそうさま。
完全に無駄遣いでしたw

銚子電鉄の「外川つくし」が出ました。
濡れセンベイ食ってんじゃねぇよ!!

タグ(工事中): フィギュア Nゲージ
posted by 堤朋之 at 00:50 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2010年08月31日

Nゲージ鉄道模型はじめました(2)

レイアウト

レイアウトの方は、本当に滞ってます。
工具代バカにならないし、建物1軒1軒は1000円程度でも、集まると悲惨だしで。
一番困っているのは、キットの組み立て。子供のプラモデルと、大人の鉄道模型キット、別物ですね。泣きそうです。また、塗装は本当に地獄。溶剤系とエアロゾル系をできるだけ使わない方法を模索しています。

独自規格のモジュール方式にしました。子供の頃から、2面4線の高架駅をどうしても作りたかったので、モジュール方式以外考えられませんでした。
仕様を考えるのに手間取ったんですが、その分、自信作の仕様です。直線もカーブも28cm×28cm単位。片付けにも困らないです。

まあ、それ以前に、まず完成しないと思ってる件。

さいごに

思い切って、プラレールではなく、Nゲージにしてよかったです。プラレールだったら、並べるだけで終わっていましたから。
今まで、アニメとかプログラムとか、デジタル作品ばかりだったので、手を動かして立体の何かを作るのは貴重な体験になってます。

衝動買いで(^ω^)万円使ってみるのも、人生の中で何回かは必要なのかもしれませんね。

Nゲージの写真(3) Nゲージの写真(4)
タグ(工事中): 鉄道 Nゲージ
posted by 堤朋之 at 22:57 | Comment(0) | 旅行・鉄道

Nゲージ鉄道模型はじめました(1)

先月のこと。家電量販店のおもちゃ売り場で、プラレールを見てから、妙に欲しかったんですが、プラレールはやめにして、思い切って、Nゲージを買ってしまいました。
普段は、こんな衝動買いはしないんですが…。

Nゲージの写真(1) Nゲージの写真(2)

Nゲージは小学校の頃にやっていたのですが、お金がかかるので、やめてしまいました。今は、車両の価格は上がっているのですが、「鉄道コレクション」などの廉価版や、割引販売・中古販売があるので、条件的にはそこそこ。

車両を走らせることではなく、レイアウト(ジオラマのこと)を作るのが今回の目的。

車両など

最初の日は、鉄コレの富山ライトレール車両。そして、建物数軒、レール、工具。
このライトレール車両は、本体1000円ちょっとなのに、美しい作りで感動しました。パンタグラフがどっか行っちゃいましたけど…。
その日だけで、1万円以上使った(爆)ので、銀座松屋で開催された「鉄道模型ショウ」のタダ券をもらいました。

そして、鉄道模型ショウで、KATOのE217系(横須賀線)と、TOMIXモハ164を購入。
E217系は本命車両だったので、7500円で買えたのは嬉しいです。久里浜側の4両です。私は短編成主義者で、また、MMユニットが揃っていないと許せない(最近は3両セットとかも多いのです…)ので、本当にお目当てのものでした。
モーター付き1500円だったので、念のために買ったモハ164は、死蔵です。

先日、鉄コレの身延線72系アコモ車(62系)が1980円だったので、それも購入。こちらはまだ動力化していません。

現在の車両はこんなとこ。

コントローラーとして、鉄コレ式制御器を買ったのですが、鉄コレ以外の車両は走らないらしく、結局、KATOのパワーパックを買って、TOMIXレールにつなげてます。

タグ(工事中): 鉄道 Nゲージ
posted by 堤朋之 at 22:57 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2010年08月19日

保土ヶ谷駅vs世界のニューヨーク駅

まずは、アムトラック(JRのアメリカ版)の北東回廊線。北東回廊といえば、天下のニューヨークと、あのワシントンとを結ぶ、最重要幹線。しかし、その利用客数は次のとおり。

年間乗降客数1位の駅は、ニューヨークNY(8814975人/年、24150人/日)である。2位以下は、10000人/日以下となる。(Wikipedia)

一方、我らが横須賀線の保土ヶ谷駅(藁)。

2009年度の1日平均乗車人員は31,612人である(JR東日本管内125位)。 (Wikipedia)
勝った…。

※一応、念のため書いておきますと、都市間鉄道と通勤電車との違いも理由の一つです。

余談ですが、世界で一番乗降客数が多い駅って分かりますか?(クイズの答え)

タグ(工事中): 横浜 鉄道
posted by 堤朋之 at 22:40 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2009年12月26日

プラネタリウムに一人で行く(しかもクリスマスに)

世界天文年が終わらないうちに、「宙のまにまに」の聖地巡礼しとこうと思って、池袋のサンシャインにあるコニカミノルタプラネタリウム満天に行ってきました。
到着したのが、17時過ぎ。しばらく、猿回しショーで時間をつぶします。猿、カワユス…。

いざ、プラネタリウムへ。
しかし、次の回が「平原綾香いのちの星の詩」…。
タイトル見ただけで、(´,_ゝ`)<プッ です。

プラネタリウムってのは、もっと殺伐としてるべきなんだよ。と思いつつも、チケットを買います。
前の回のお客さんがはけていない模様。ドームの入り口に行列が出来ています。こういう番組に限って大盛況です。しばし待ちます。
さて、周囲を見回したところ…。

カップルしかいない

本当にカップルだけ。1組だけ男友達同士を見かけましたが、それ以外全部。
こいつら全員、クリスマス前に急場しのぎで作った、ニセカップルです。絶対。

15分前に入り口が開いて、中のエントランスホールで待ちます。星図の絵柄の時計がありました。スケールのでかいことに、春分点移動が書き込んでありますよ。あと、冬の星座ガイドのビラとかも置いてあるし。
それを、カップル共、全部スルーですよ。

そして、ドアが開いて、中に入ります。
係員さんが「最後列は全部埋まりました」と言ってますが、どう見ても、一人分空いてます。一人客は、客として、カウントされてないようです。
最後列に座って、椅子を見ると、肘掛をたためるようになっています。客層見てると、何となく理由が分かります。

で、番組が始まるわけですが、ナレーションが平原綾香さんなだけで、中身は普通のプラネタリウムでした。普通に太陽系のなんちゃらかんちゃらで。ホルストの曲とか流れていい感じですよ。

前とか横とかはひどいけどね!!

こうして、ヒトカラより怖い、ヒトプラを制覇してきたわけです。
一年のうちで、冬の星座は基本中の基本です。なので、星座初心者のあなた、この時期こそ、ヒトプラとかいかがでしょうか?
バレンタインあたりに!!

posted by 堤朋之 at 00:25 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2009年12月10日

リトルワールドへ行ってきました(2)

テーマパークのように感じますが、実は博物館。
まず、コンクリート作りの安物ではなく、きちんと現地の状態に合わせて造られていますので、リアリティー満点です。
また、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米と、人気のあるなしに関わらず、あらゆる家屋が集められており、思いがけない建築に出会うことができます。エスニック感覚と、メルヘン感覚、両方満足させてくれます。

そして、ほとんどの民家には入ることができます。
スペインの領主の家や、イヌイットの家などは圧巻でした。また、破棄される予定で立てられた焼畑民の家屋の貧相さにも驚きましたし、アフリカの迷路みたいな土住宅にも感動しました。

もっとも、博物館スタイルは退屈かもしれませんし、アトラクションも食事とコスプレ写真館、お土産屋程度では、不満に感じるかもしれません。しかし、こういうのが好きな人にとっては、是非とも一度は訪れたい場所です。 汚れてもいい服装で行って下さい。まあ、普通の人は、土住宅の中に入ったりしないだろうけど…。

リトルワールド(3) リトルワールド(4)

帰りのバスが、道を間違えて、Uターンをしてくれました。さすが魔境。

タグ(工事中): 旅行記
posted by 堤朋之 at 03:05 | Comment(0) | 旅行・鉄道

リトルワールドへ行ってきました(1)

長浜の記事と同じく、1年前に書いたやつです。(1年前の話なのに「行ってきました」はないと思う…。)

前から、妙に気になっていた、愛知県の野外民族博物館『リトルワールド』、機会があったので、行ってみることにしました。

何というか、秘境にあります。愛知と岐阜の間ぐらいの。

事前に情報収集不足で、バスの時間も分からないまま犬山駅に。
普段は、30分おきにバスが出ているようですが、たまたま、1時間おきの時間帯に当たってしまいました。駅の観光センターのパンフを見たら、犬山市には、犬山城やからくり博物館もあるようでしたが、どれも駅から遠く、結局、マクドで時間をつぶす羽目になりました。
バスは、名古屋駅からも出ていて、おそらく運賃も安いので、そちらを使った方がいいかもしれません。

で、到着したわけです。
来るまでは、ちょっとした公園に、民家が数軒点在している程度だと思っていたのですが、大違い。広い敷地に、世界各国の民家が、村単位で再現されています。一周2km以上の敷地内にはバスも走っています。
都合で、見学時間を2時間30分しか取れませんでした。これで、ぎりぎりやっと屋外展示を全制覇。本来なら、丸一日いてもよかったと思います。
あと、園内では、バス以外に乗り物券のようなものがなく、入場1600円プラス1000円程度で済んでしまうのには助かりました。

リトルワールド(1) リトルワールド(2)
タグ(工事中): 旅行記
posted by 堤朋之 at 03:05 | Comment(0) | 旅行・鉄道

長浜観光とびわ湖クルーズ(3)

長浜城

長浜城歴史博物館

長浜城は、昭和になってから再建されたものです。中は博物館になっています。

慶雲館

明治天皇の行幸の際の休憩所として作られた建物です。
パスポートの券が1枚余っていたので、あまり期待せずに行ったのですが、実は隠れたまったりスポット。日が沈みかけてから、土産物の大荷物持って乗り込んだのは、大失敗。
大きくはありませんが、非常に見事な庭園がありました。昔はここから、琵琶湖と、伊吹山が見えたとのこと。

マクドナルド

やっぱり、ここまで来たら、食事はマックと相場が決まってる。そういえば、関西圏のマクド、来たの初めてのような気がする。で、朝10時からなんだな…。アイスティーもないし。

まとめ

鉄道ファンだったため、いつかは行きたいと思っていたのですが、正直、期待はしていませんでした。
ところが、実際に行ってみると、非常に見所の多い町でした。その証拠に、観光客も数多くいました。
ただこれは、元々観光資源が豊富だったためではないでしょう。
地元の方々が町の魅力をきちんと発掘をして、博物館を誘致したり、周遊バスを走らせたり、町並みを保存したり、その他、体制を整え、観光に耐えられる町を作り上げたからこそ、観光地たる資格を得たのではないでしょうか。
町づくりのひとつの成功例として、非常に興味を覚えました。また、観光地がどのように形成されていくのかを肌で感じられ、いい経験となりました。

長浜市内(1) 長浜市内(2)
タグ(工事中): 旅行記
posted by 堤朋之 at 03:03 | Comment(0) | 旅行・鉄道