2011年07月17日

地デジ1週間前

地上アナログ放送が終わるまで、あと1週間。

最終日は、昼頃に放送が終了。UHF局が、夕方まで高校野球。そして、フジテレビの24時間テレビが18時に終了…って感じみたいです。
それ以降の番組表は全部「アナログ放送は終了しました。」になっていますが、何で1時間刻みなんでしょうか…。

地上アナログ最終日の番組表

モノクロ時代から50年以上にわたってお茶の間を支えてきたNTSC方式がなくなるのは、結構寂しいです。
何か、お別れ企画みたいな番組やって欲しいものですけどねぇ…。まあ、アナログで番組やっても、ほとんどの人は見られないでしょうけどw

我が家は、東京MX、チバテレ、BSのアナログがまだ映るので、放送休止の瞬間を見ようかと思ってます。
あと、ファミコンの同軸ケーブルをアンテナ代わりに使っている、すごく映りの悪いテレビ(それ以前になんで映るのか自体が謎だが)もあるので、それでフジテレビは見られるかもしれません。ゴミに出す前に、最後に1回位は使ってあげないと。

今、NHKに電話して、衛星契約の解約用紙を送って頂くよう頼んだところです。月数百円安くなるのは嬉しいのですが、「へうげもの」の続きが気になるwww

タグ(工事中): 地上デジタル放送
posted by 堤朋之 at 15:17 | Comment(0) | テレビ番組など

2011年06月26日

地デジをケーブルテレビで受信するとコピーワンスに!?

コピー× ADAMS撃沈

ケーブルテレビに加入しているので、アナログ放送を見ています。

コピーワンスの件

で、昨日、アニメでも見ようかと、HDDレコーダーを見てびっくり。
CTC・MX(域外受信)、そしてBSの3局を除いて、23日以降の番組すべてに「コピー×」の文字がついているのです。

デジタル移行絡みかと思い、デジサポに電話したところ、分からないから、CATV会社か、HDDレコーダーの製造元に問い合わせろとのこと。今は、CATV会社の方からの、返答待ちです。
自分の方でも調べたところ、CATV局側で、アナログ送信から、デジタルパススルー送信に変更したようで、デジアナ変換したものにコピーワンスが掛かっている模様。

アナログにコピーワンスが掛かるなど、聞いたことがないです。
多分、デジアナ変換の際に、コピー制限がつくとか、そういう(総務省かテレビ局かの)内部ルールがあるんでしょう。ググッても、ソースが見つからなかったのですが、やるなら周知して欲しいなぁと思います。

そもそも、デジタルで、コピー10回許されてるのに、なんで、アナログでコピー1回なの? という疑問がどうしても拭えません。
おそらく技術上の問題なんでしょうけど、コピワンじゃ問題が多いからってことで、コピテンが導入された経緯を思い出すと、決して納得いくものではありません。
コピテンがだめなら、コピーフリーにすればいいじゃない? ここまで国民に不便強いている状態で、まだ、著作権著作権と言うべきなのかなぁ…。

CATV局側の何かの手違いであって欲しいのですが。

ADAMSが使えなくなった!!

パススルー化の副作用で、電子番組表のADAMSが使えなくなってしまいました。

周知がなかったのですが、こういう微妙な影響、総務省やテレビ局は、どこまで考えていたんでしょうか。
全ては今までどおりという印象を与える広報のやり方や、視聴者に工事日付を伝えずにパススルー化したことを考えると、あまり考えていなかった…というのが実のところではないでしょうか。

ADAMSなどの細かい問題に対して、先手を打てないのは、呆れてしまいます。今回に始まったことではなく、マンション対策どころか、UHFアンテナが必要な件まで、今まで全て後手後手。これでは、7月24日に、新たな問題が発生してもおかしくないでしょう。
(まさか、7月24日以降に視聴不能な世帯が多数出ること自体は、間違ってもないと思います。春のうちに既に95%以上の普及率だとし、自信を持って移行決定したわけですから。)

NHK衛星契約を解約する予定

ついでに、CATVのホームターミナルを、外してしまいました。この夏は、ホームターミナルにやる待機電力などないw
すると、24日付で、NHKのアナログ衛星放送が映らなくなるわけで、地上波のみの契約に変えてもらう予定です。7月24日を待っていると混みそうなので、少し早めに連絡しようかと思っています。

ところで、衛星解約が相次ぐと思うのですが、NHKの収入は大丈夫なんでしょうか…。
その一方で、衛星の解約、忘れる人も多そうだし…。

タグ(工事中): テレビ 地上デジタル放送
posted by 堤朋之 at 22:27 | Comment(0) | テレビ番組など

2010年10月11日

今、すんごくいいドキュメンタリーやってた

今、12chで、死刑制度についてのドキュメンタリーやってました。

途中から見たので、最初30分くらいは分からないのですが、婦女暴行事件の犯人が、死刑になるまで。
刑務官へのインタビューを元に構成されたような感じです。千葉法相の下での情報公開の結果を取り入れています。

一瞬、深夜番組じゃないかと疑いました。7月の死刑執行がなければ、絶対深夜枠に追いやられていたはずです。
生徒会役員共を見終わってテレビを消そうとした矢先ですよ。役員共30分より、このドキュメンタリー30分を見るべきだったと後悔w でもまあ、役員共最終回、作画結構見るべきところあったと(閑話休題

被害者側もきちんと書かれていて(多少は嘘も入ってるはずですが)、暴行を受けて妊娠。その後、地元を追われるように出て、シングルマザーに。それから、結婚したものの、新しい夫に暴行を加えられ、夫を殺害。そして、刑務所に入るという話。
この女性は普通に暮らしていたのでしょうが、一回の事件で人生すべてが台無しになってしまいました。婦女暴行を安易に捉えがちな昨今の風潮に、メスを入れる構成はすばらしいなと思いました。

さて、今年7月、死刑廃止派の千葉法相の元で、2人の執行が行われました。存置派廃止派両方の意見が出た中、今回登場した元刑務官が言っていたのですが、死刑制度は存置しても、執行はないのが望ましい。(ちなみに、私は制度存置+執行回数減派。)
それに引き換え、7月の2人はどうでしょう? 生殺与奪は法務大臣の権限であり責任だった。そして、法務大臣は執行しない方針でいた。
少々の圧力でなら法務大臣が全責任を負うべきですが、圧力が極端にかかった場合、耐えるにも限度ってものがあります。その点で、7月の執行は世論が殺したようなもの。非常に後味悪いです。
まじめに意見した人はともかく、面白半分興味半分でネットに死刑やれなどと書き散らかした輩は本当に人殺しですよ。被害者のことを考えたわけでもない、加害者のことを考えたわけでもない、「被害者も死刑囚の命も全て俺が楽しむためのおもちゃ」的品性には、ヘドが出ます。

あぁ、それにしても、これ、死刑論争出る前に流れてたら…。って思ったんですが、やっぱ、深夜枠で誰も見なかったでしょう。
こうなってくると、ドキュメンタリーというものの扱いを、なんか、社会全体で考えた方がよさそうです。

posted by 堤朋之 at 23:27 | Comment(0) | テレビ番組など

2008年03月20日

NHK番組たまご「EE感じに社会人」

さて、今日、NHKで、「EE感じに社会人」という、就職活動バラエティー番組をやっていました。

ちなみに、この番組は「番組たまご」シリーズ内の企画です。単発番組をやって、コスト調べて、コストが適正なら、レギュラー化するという企画だそうです。
でも、正直、コスト感覚身につけるより、必要な番組にはコストかけて欲しいと思う。金ケチって、「携帯大喜利」のようなクダラン番組をレギュラー化されるより、限りある電波を有効に使って欲しいかと。

閑話休題。この「EE感じに社会人」の話に戻ります。就活というのは、人生の中で数ヶ月のものですし、特に視聴率を稼がねばならないというテレビメディアにおいては、今までニッチ扱いされてきた分野といえましょう。
しかし、確実にニーズはあるわけです。従来、日が当たらなかった分野に切り込む、このような試みは高く評価していいと思います。

…しかし。
中身が全然ない。
9割がタレントトークやギャグ、そして、ゲスト紹介。1割が就活情報。ギャグは、10秒で終わるものを、何分もひたすら引き伸ばす。
それに、番組の作り全体がなんか、適当。人事コンサルタントとか呼んで、適当に話でもさせれば番組になると考えているような、そんなイージーさが随所に見受けられます。
学生さん、俺らみたいなニートと違って、暇ないんだよ。そんな中、30分拘束すること考えて作って下さい。本当に必要とされる情報を地道に集めて、発信すれば、最高の番組に化けるのに。

なんで、ブログでこんな吼えているのかというと…。
NHKのサイトに苦情書いて、ついでにエール送ろうと思ったら、メールフォームがどうやっても出てこない。そんで、こっちに書くことにしたわけですよ。
最低限、JavaScriptとActiveX切ってある環境のことも考えてくれ。いやしくも、メディア団体としての末席を汚す(←エントリーシートに書くといい単語らしいw)なら。

担当者にメール出すわけじゃないから、辛口でいこう。
結論→制作スタッフ入れ替えた上で、レギュラー番組化キボンヌ。

posted by 堤朋之 at 01:04 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年04月03日

関口さん(´・ω・)カワイソス

↓また、やるのかよ!!

関口知宏の中国鉄道大紀行〜最長片道ルート36,000kmをゆく〜

JR一筆書きの時で懲りなかったのか? と問い詰めたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

まあ、座ってるだけっちゃ、座ってるだけなんだけどさぁ。寝台車も充実しているだろうし。
今となっては、どこかの観光地で、インフルうつされないことをただ祈るばかりです。

posted by 堤朋之 at 23:35 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年03月24日

エリンが挑戦!にほんごできます。最終回

「〜しないでください。」の回。
エリンがイギリスに帰ることになりました。基本スキットがお別れの挨拶、応用スキットがお別れパーティー。…で。

最終回の回想シーンで、メイド喫茶ってのはどうよ?

日本での思い出がメイド喫茶。日本で撮った写真がメイド喫茶。あなた、何のためにはるばる日本に来たんですか。あなたの本国、イギリスでは、メイドさんなんて見たい放題じゃないですか。(←偏見)
メイド喫茶が日本の全てではありません。まだ、まともな日本が、この国には少し残っていると信じたい。

やってみようコーナーは、賞状のもらい方。右手、左手、お辞儀、軽く二つ折り(折り目はつけない)にして壇から降りる。エリンはホニゴン先生におねだりして、賞状もらいました。
世界に広がる日本語コーナーは、国際交流基金の日本語国際センターで研修を受けている、海外で日本語講師をやっている先生方。日本語と文化を世界に紹介して頂いてるありがたい先生方です。なお、このセンター、エリンの映像制作で監修を行なったところです。

ということで、全部終わったよ。おいら、韓国語も中国語も、全然身につかなかったけどさ。…毎回きちんと勉強してなきゃ身に付くわけないし。

posted by 堤朋之 at 00:10 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年03月17日

エリンが挑戦!にほんごできます。〜とうとう佳境に突入〜

……………もう、何も申しますまい。

エリン→基本スキットのみ何か。
咲→基本スキットに加え、応用スキットでも無意味に何か。(←ライブ行く前に着替えろよw)
めぐみ→いたって普通の服装。

難しい注文を大量に言って、メイドさんを困らせる点、ツボをドンピシャリ突いています。但し、お茶漬けを頼んだ人がいなかったのは片手落ち。

来週、最終回。
何てゆうか、ひっそりと終わってしまえ。

ところで、「みてみよう」コーナーは、リアル世界の文化祭ですが、あの「萌縁日」ってなによ?

posted by 堤朋之 at 01:10 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年03月11日

ホニゴン様なんてチョロいもんです

今週のホニゴン様は、「〜しよう」の形。
韓国語では、「〜ダ」を「〜ジャ」に。中国語では、「パ」を末尾につければいいだけなので、簡単です。はっきしいって、チョロい、チョロい。
…っていうか、おいらが知っている構文、最終回直前になって初めて出てきたよ。

遊園地と映画。ケンタくんも、折原くんも、いい感じになってきとります。一方、ホニゴン閣下はサングラスかけてギター弾き、エリンがマイク持って熱唱。すごかった。

「これは何?」コーナーは、使い捨てカイロでした。う〜ん、海外にカイロはないのでしょうか…。海外で「カイロ」と言ったら、それ、何て、WindowsNT4.0の開発コードネーム? とか返されそうで怖いです。

さて、来週のエリンですが、善良なる一般市民は見てはいけません。以上。

posted by 堤朋之 at 14:23 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年03月05日

エリン2週間分まとめて

とうとう、2週間分たまってしまいました。

[先週の分]

先週のは、「〜することはできますか?」構文。エリンがレンタルビデオ店で、ジブリアニメの棚を物色。健太クンはナイスピッチング。世界に広がるのは中国の日本語放送アナウンサー。
五十音表、残り1ヶ月になって、やっと出てきました。「×段活用」「××形」などの複雑な文法はとにかくやらない方針のようです。ちなみにテキストでは、「終止形」が「辞書形」と表記されています。
で、日本の文化を紹介する「みてみよう」のコーナー。

秋葉原…。これが日本の文化か…。そうか…。わかったよ。

まず、電気街という表の顔、次にオタ向けの裏の顔、最後にITビル街。順当な構成です。フィギュア、コスプレ…。それにしても、エリンのはしゃぎっぷりといったら…。

[今週の分]

「〜てしまいました」構文。

エリンが学校の印刷機の紙詰まりトラブルに遭遇。
リソグラフなのか、ゲステットナーなのか、分かりませんでした。なんか、ゲステットナーのような気がするのですが…。大学出てからというもの、印刷機に触れる機会がないので、新型機については全くわかりません。
韓国語では、「コピー」ではなく「複写機」なのですね。なお、ソウルあたりでコピーと発音したら、おそらくコーヒーが出てくると思います。

さて、咲ちゃんは、健太君からもらった財布を後生大事に持っています。要するに、ツンデレのうちデレデレだけが残った状態です。

あとは、フランス人がゲーマーだったということぐらいでしょうか。ゲームやってて必要になるたび辞書を引くそうな。

posted by 堤朋之 at 01:54 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年02月18日

エリンが修学旅行!ホニゴンできます。

気づいたらこのブログ、1週間くらい間が空いてしまいました。別に、バレンタインのせいで鬱になって寝込んでいたわけではありませんよ。

とりあえず、金曜のエリンの話。
今回は京都ヨの修学旅行ですね。咲ちゃんのツンデレっぷりがたまりません。アニメパートのエリンも、カラオケ、登山、太鼓叩きなど、大活躍。
その他、和菓子の作り方とか、中国に広がる日本語とか。

さて、私の高校の修学旅行ですが、行き先は中国でした。いえ、海外旅行なんて贅沢なもんじゃありません。広島、萩、津和野、秋吉台、尾道…。そりゃ、中国には違いないけどさぁ…(泣)
当時は、なんて地味なルートを選んだものかと、幻滅したものです。しかしその後、「かみちゅ!」「奥さまは魔法少女」が同時期に放送された時には、先生方の先見の明に、驚愕の念を禁じえませんでした。

posted by 堤朋之 at 21:53 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年02月09日

今日のエリン/ふいんき(←なぜかNHKがry)

(1)今日の「エリンが挑戦! にほんごできます。」について

咲ちゃんが、クレープ屋でウホッいい男を見つけ、バイトを始めます。いい男の歯が一瞬光ったように見えました。
健太クンは、スペシャル弁当だけでは飽き足らず、おにぎりも食べます。そんなあなたは、メガマックに更にハッピーセットをつける体質なのでしょうか。
やってみようコーナーは、風呂敷の包み方。録画しておけばよかったと、そんな気になります。テキストに包み方書いておいてくれればよかったのに。

世界に広がるのは、今日もトルコ。そういえば、ケニアとトルコの回は、決まって映像が変になります。なんなんでしょう? 取材チームが、たとえば、フィルムとか、PAL方式とか、変な方法で撮影して、それをNTSCテレビに変換しているとかそんな感じでしょうか。気になります。

(2)今日の「言葉おじさん」について

ホニゴンが終わると、「言葉おじさん」の番組が始まります。

…今日のテーマは、「雰囲気」を「ふいんき」と間違う人がいる件について。

………いや、ネタにマジレス、かこわるいし…。

例えば、「新しい」は「あらたし」が変化したもの、「山茶花」は「さんざか」が変化したものなので、「雰囲気」が「ふいんき」に変化してもおかしくないとのこと。

………いや、どうみても、ネラー以外使わないし…。
posted by 堤朋之 at 23:54 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年02月07日

エリンのテキスト2・3月号

まず、先週の「にほんごできます。」について。ここの所、見ないといけないビデオがたまっていたため、今、やっと見ました。

基本スキットは、100円ショップが舞台。NHKだけあって、どの百均チェーンかは、巧妙に伏せてあります。結局、分かりませんでした。ちなみに、中国語では百元商店だそうです。100元って…。何円?
応用スキットは駄菓子屋。糸引いて飴を当てるやつ。こちらは、10円。
「みてみよう」コーナーは、高校生のかばんの中。オタグッズは入っていませんでした。あと、有隣堂(横浜で有名な書店)のブックカバーがかかった本があったのが、妙に気になりました。横浜人?
「世界に広がる」コーナーは、トルコ。で、結局オタネタ皆無。

さて、テキスト2・3月号ですが…。

中は見なかったことにします。特に、51ページとか、73ページとか。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、とにかく、3月16日(金)の回は、善良な一般市民は見てはいけません。
posted by 堤朋之 at 23:26 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年01月27日

咲ちゃんが挑戦! 数学できます。美術もできます。人生バラ色。俺勝ち組。

今日のエリンのテーマは「授業」で「〜けど〜です。」の回。

それにしても、咲ちゃんのドキュンっぷりはどうよ?
まず、数学で、二次関数グラフの頂点の座標を答えられない。しかも、エリンが黒板にグラフを画いた際に、座標まで書き込んだのに。いくら数学苦手だからって…。この人は、迷わず私大文系を選ぶタイプです。
次に、美術のスケッチが非常に素晴らしい出来栄え。そんな貴女にオススメしたい本がコレ。→脳の右側で描け(Amazonのページ)

最近の高校生は、電子辞書使ってるのか…。紙の辞書使った方がいいように思いますが。安くて情報量も格段に多いですし、何より、辞書を引く訓練をきちんとしておくべきだと感じます。

ところで、ホニゴン閣下、よくよく見ると芸が細かいです。何気なくわき腹を掻いたり、腹を叩いたときに腹が波打ったり。きちんと作ってあるからキャラの個性が出てくるんでしょう。

その他、見所としては、エリンが夏みかん食べるところでしょうか。さて、テキストの12・1月号は今日でおしまい。来週までにテキスト買わんと。
posted by 堤朋之 at 00:47 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年01月20日

そういえば耳かきのこと

そういえば、今日のエリンの「これは何?」コーナーに、耳かきが出てきたのですが、耳かきって、日本特有のものなのでしょうか? 海外で耳クソほじりたくなったら、どうすればいいのでしょうか? そういえば、耳クソをほじくる道具はありますが、鼻クソをほじくる道具は日本にはありません。なぜ「鼻かき」なるものが存在しないのでしょうか。謎は深まるばかりです…。

(0時23分追記)
Wikipedia(耳掻き)に全部書いてありました。耳かきがなければ綿棒使えばいいじゃない(意訳)。鼻クソは指でほじれ(意訳)ということらしいです。それにしても火で耳掃除とは、ネオベネッツィアの方々は粋ですなぁ。
posted by 堤朋之 at 00:01 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年01月19日

エリンが挑戦!にほんごできます。#16

今日は、エリンが怪我して保健室、ついでに咲ちゃんが詐病。応用編では、ケンタくん(高校生)が歯医者で大騒ぎ。アニメパートのエリンは居眠りと、どうしようもない連中です。

やってみようコーナーは、折り鶴。とりあえず鶴でも折っておけば国際交流になるという日本人の安易さが気に食わないです。世界に広がる日本語コーナーは、N.Y.の米日文化交流の財団の方です。

覚えたものは「ヨギガアパヨ」と「ヨルンチュクオクムニガシリョヨ」です。今日は中文にも手を出しました。漢和辞典引いていたら、20分終わっちゃったよ。「保健室の先生」が「保健老師」になっています。おそるべし。

ところでこの番組は、保健室や、学校、お祭り、駅の中など、日本のあらゆるシーンを均等に収めてあるため、第一話から録画しておけばいい作画資料集になったのではないか、と思った今日この頃。
posted by 堤朋之 at 23:44 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年01月13日

にほんごできます。第15課くらい

今回は、特になにもなかった系の回です。男気ホニゴン様のハチマキを除けば。

お祭りの話で、「〜(し)たいです。」の回。
さて、先週、テキストを購入し、毎週韓国語と中国語を覚える宣言しましたが、結局、放送開始までやりませんでした。韓国語は、放送開始からでも読んで頭に叩き込めますが、中国語は、漢字だけ読んでもなんと発音するのか分かりません。
ところで、やきそば→yakisoba、じゃがバター→buttered potato、わたあめ→cotton candy なんですね。「お祭り」は a festival じゃなくって、a fair となっています。
「世界に広がる〜」は今日もメキシコで、現地で調達できないような食材を、日本料理店や日本人家庭に配達している方です。納豆や豆腐というのはわかりますが、大根や白菜も手に入らないんですね。
posted by 堤朋之 at 00:05 | Comment(0) | テレビ番組など

また再放送

今日は、衛星第二で、チャングムがまたまた再放送をしていました。今日は第1回で、チャングムの父親と母親が出会うまで。
吹き替えではなく、字幕で、「完全版」だそうです。おまけに「大長今宮廷料理」コーナーつき。再放送、これで何回目なんざんしょ? 見忘れとか、ブームの尻馬に乗りたいとか、そこそこ需要はあるかもしれませんが…。
私は、硫黄アヒル事件と、チェ一族崩壊の回を見忘れたので、それだけ見たいです。放送時まで覚えてれば。

ところで、冬ソナの再放送はないのでしょうか?
posted by 堤朋之 at 00:03 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年01月06日

エリンのテキスト衝動買いしました

今日、本屋に行ったのですが、NHKの教材コーナーの前を通りました。エリンのテキストが置いてあったので、ちょっと見てみたところ…。はい。衝動買い。たまたま10月号の在庫が1冊残っていたため、2冊購入しました。でも、1冊550円+税ってNHKなのに高いよな。留学生&高校生対象なんだから、もう少し安くしてくれても…。

中身ですが、毎回の基本スキットが、ご丁寧にマンガになっています。放送前にネタバレです。その他、番組の内容を、放送見逃してもいいやと思わせるほどにネタバレしてくれます。
ちなみに、マンガのキャラは、CGのキャラと全然別人。若干リアル系の絵柄です。その他、毎回の日本語単語集がおまけで収録されています。

さて、買った理由は、表紙のエリンではありません。なんと、巻末には、英語、ポルトガル語、ハングル、中国語(簡体字)で、各回のスキットの翻訳が入っているのです。これでやっと、語学番組として純粋に楽しめます。
毎回のスキットで一番重要な文章が太字になっているので、これを毎週金曜日までに根性で暗記するようにすれば、550円の元は十分に取れます。
でも、ハングルも中国語も、辞書持ってないんだよな…。前から買おうと思っていたんだけど、高いし。また、ポル語とハン語は見ただけで読み方は分かるのですが、チャイ語は漢和辞典で調べてピンイン表記に書き換えないと。

先週の例文なんですが、五反田までどう行きますか?は、「去五反田シェンムー座車」なのね。これだけはすぐに覚えられたわ。

【ご注意】↑間違いが既に見つかりました。真に受けないようにして下さい。(汗)
posted by 堤朋之 at 00:51 | Comment(0) | テレビ番組など

めがねっ娘エリンとホニゴン先生

今日のは、あまりにもすごかった。

携帯電話の話で、将来予測(〜かもしれません)についての言い方の講義です。

[基本スキット]
基本スキットですが、わけあって、私の頭の中では「ジョンジョリヌヌンジドモルジ?」に変換されて、いまだこの暗号文が頭の中を駆け巡ってます。しかし、電車が遅れる程度の話なのに、世界が滅亡でもするかのような大袈裟な特殊効果をかけるのは、やはりNHK教育です。
多分、astrasadaってのが、「遅い」って意味だな。

[めがね祭り]
エリンがめがねをかけました。
エリンがめがねをかけました。
エリンがめがねをかけました。
これはすごい。だてめがねです。N-21Jもかけました。さすが教育です。ホニゴン先生が、かなりアセってました。

[応用スキット]
折原クンとめぐみチャンが相変わらずいい感じです。こちらは、「折原あにに?」に変換されました。折原クン、メガネやめてコンタクトに。アンチメガネの人用に、エリンとのバランスを取ったのでしょうか。

[見てみよう]
高校生の携帯電話です。別に、見たからどうってことはありません。この人たちはどうみても携帯電話依存症です。

[世界に広がる日本語]
メキシコ。すげぇ、ホニゴン先生、番組の途中でメキシコにワープしちゃったよ。なお、部屋の中に電気ねずみのぬいぐるみがあったことを除けば、オタ色はありません。
posted by 堤朋之 at 00:49 | Comment(0) | テレビ番組など

2006年12月29日

ホニゴン様で鉄分補給!!

見る体力はなかったのですが、ちょうど時間だったので、どんなのかだけでも確認しておこうかなと思い、テレビをつけました。頭が朦朧としている状態の上、すでに、11時10分ほどになっていましたが…。

基本スキットは見られませんでしたが、電車の話のようです。この時点で、鉄オタ向けの話と直感しました。応用スキットは、西立川駅が舞台ですね。五反田出るのに、東京乗換えとか言ってんじゃねーよ、健太くん。あと、「駅員に聞いてみようぜ」じゃなくて、「駅員さんに聞いてみようぜ」だ、健太くん。
そして、電車の乗り方コーナー。券売機で買うやつと、Suica、そして、よく知らんが携帯のSuica。Suicaって、JR全社じゃないのにな…。誤解を招くような言い方はやめてほしいです。
世界に広がる日本語、今日はタイで、別にオタクな感じじゃなかったんですが…。手製Tシャツの文字、「猫」が「描」になっていたような希ガス。

さーて、今日のホニゴン様ですが、コミケシーズンだけあって、コスプレ!! それも、駅員さんですよ!! 駅員さん!! さすがNHK教育。サービス精神旺盛です。

素晴らしい。ホニゴン様のお陰で、もう、風邪も吹っ飛んでしま……ったらいいんですが、余計悪化したようです。今から寝ます。
posted by 堤朋之 at 23:49 | Comment(0) | テレビ番組など