2016年10月07日

ブログ開設10周年

本日10月7日で、当ブログ開設10周年になります。

といっても、後半はTwitterばかりで、全然更新してないですが…。

ブログだと、書いた後、どうしても見直し・書き直し作業が入ってしまうので、そこで折角書いた記事を引っ込めてしまう。
その点、Twitterだと、簡単な調査だけで投稿できる。これじゃあ、どうしてもTwitterに軍配上がってしまいます。

ということで、今日くらいは、推敲せずにブログ更新してみます。

そういえば、10年間続けて、払ったのトータル18500円だ…。さすが、さくらインターネット。

タグ(工事中): ブログ 日記
posted by 堤朋之 at 20:01 | Comment(0) | 日記

2013年11月16日

ご近所歩き

最近、家の近くの散歩にハマってます。

我が家は、町内会の防災担当を引き受けてしまって、今年は防災訓練だの何だのって話なのですが、広域避難場所の小中学校への道順も知らないような体たらく。
そこで、いろいろ歩き回っているのです。

無料っていいですね。電車やバスだと、どこへ出かけるにしても、最低130円×2はかかりますから。
駅や公園までの最短ルートを開拓したり、少し遠くの駅まで歩いてみたり、それなりにネタは尽きません。

子供の頃に住んでいた地域は歩き回ったのですが、南区に引っ越してから、それほど歩き回っていません。もっとも、子供の脚で歩き回った範囲など、たかが知れているでしょうが。
自転車を親に捨てられる前は、そこそこ走り回っていたのですが、自転車目線と、散歩目線とでは別。自分の足の方が、地理を把握しやすい気がします。

子供の頃の童話で、3人の旅人のうち、幸せをつかんだのは、列車で遠くまで行った人ではなく、近所を歩き回った人ってのがありましたが、さもありなん。

(写真)清水ヶ丘公園の下にある大原隧道(トンネル)。

大原隧道
タグ(工事中): 横浜市 南区
posted by 堤朋之 at 21:38 | Comment(0) | 日記

2013年10月11日

自転車のカゴへのポイ捨て/外国人の酔客

今日は2件まとめてトラブルに遭遇。小学生名探偵かよ?って位の遭遇率。

自転車のカゴへのポイ捨て

イセザキの商店街を歩いていたら、停めてある自転車のカゴにゴミ入れてる人がいるのです。どれだけ溜まってたんだよって位のタンも道に吐きます。
で、信号待ちの時に、私の横に来て、手癖が悪いのでしょうか、別の自転車にもゴミを入れたのです。
とりあえず、ゴミ捨てんな!!と怒りました。

で、「あん文句あんのかゴラ」位は覚悟してたのです、しかしその人は違いました。
「ねえ、今殴ったよね」と言い、自転車のカゴからゴミを取り出し、「私は問題ないよね。謝ってよ。」です。
勿論、殴ったら付け入る隙ですし、そんな馬鹿なことはしません。警察沙汰にして相手の会社を…などは陰湿ですし、殴りません。

クレーマーなんでしょうかねぇ…。ちょっとガタイのいい、営業職っぽい感じの風貌の中年男性でしたが、それ差し引いても、会社帰りの人間のやることでしょうか。いや、クレーム以前に、人前で堂々とゴミ捨てんなよと思うけど。
私に謝らせてその返す刃で反撃しようとしたか、とりあえず謝らせないと気が済まない人間か、普段からクレームつけて回っている人間なのか。
しまむらの件もそうですけど、こういうのが咄嗟に出てくる人間が増えて、街中を平然と闊歩しているのって、怖いなと思いました。

とりあえず、こういうケースで安易に引いてはいけません。結局、向こうが、「じゃあ謝らなくていいよ、さ、行って(ドヤ顔)」で終わりになりました。
私だから良かったものの、ちょっといい人がこういう輩に注意して逆切れされて、惨めな気持ちを味わうと思うと、なんか切なくなります。
いや、もうこんな時代ですから、既に、「注意する方がクレーマー」の、トンデモな世の中になっているのかも知れませんが。

外国人の酔客

で、もう1件。新規開拓のファミレスに入ったのです。安かったのですが、ちょっとハンバーグの味がお値段相当でした。
それはそうと、隣の英語を話す外国人らしきお客さんと、その隣のお客さんが喧嘩しているのです。
で、お店の人が来て、別のテーブルに移った後、どういう展開かは分かりませんが、お巡りさんが到着…。外国人の方はお会計済ませて帰ってしまった後。

どうも、2人は同伴ではなく、別々に入って、外国人の方が何かしてきたみたいです。「ファッキンファッキン」とあまり筋だった事は話していませんでしたし、酔ってたのかもしれません。
2人は同伴の客かと勘違いしてて、横から口挟まなかったのですが、こんな大事になるなら、小突いた時点で、お節介しとけばよかったと後悔。話聞くくらいなら出来たかも。私は何のために「Excuse me? What's wrong? May I help you?」を覚えさせられたのかと。

言葉通じないと些細なトラブルが、大きなトラブルにつながりやすいのではないでしょうか。
日本人が外国に行く時は、泥酔したりしないようにする。外国人が日本に来る時は、喧嘩売らないようにする。さっきのポイ捨ての例なら、外国で悪さ見かけても、見て見ぬフリしちゃう位でいい。

しかし、問題は2020年。いや、その前にも、既に日本は旅行者・滞在者だらけ。
トラブルが起きそうな時、トラブルが起きた時、日本は、どう、お・も・て・な・し♪をすべきでしょうか。
未然に防ぐ、お節介をする、助ける。行政も、旅行者も、一般市民も、それぞれ出来ることはあるのではないでしょうか。

posted by 堤朋之 at 23:06 | Comment(0) | 日記

2013年09月08日

とりあえず、おめでとう

おめでとう。

イスタンブール、マドリード、残念でしたが、今後、機会に恵まれますように。

まだ実感ないですが、浮かれてる場合じゃない。課題は山積み。2020年を振り返って、最高だったと言えるような大会にしないとダメなのだから。

とりあえず、おめでとう。

posted by 堤朋之 at 05:47 | Comment(0) | 日記

2012年03月15日

春っぽい

庭に咲いてる花は、まだ数本だけですが、窓から、プランターの菜の花が一本見えるだけで、急に春っぽくなりますね。

菜の花 菜の花の根っこ

からし、わさび、大根おろしなど、辛いものは大抵アブラナ科だったりします。
菜の花の根っこも、よく見ると、わさびっぽいですね。

タグ(工事中): 日記 生物
posted by 堤朋之 at 01:19 | Comment(0) | 日記

2011年10月08日

“ノーサイド”というわけにはいかない

会社、昨日が最終出社日でした。名目上の退職日は、今月末ですが。
雇い止め通知を受けた後の勤務は辛いですね。最後はパフォーマンスが上がらず、チームメンバーにご迷惑をおかけしてしまいました。最終日は、朝から怒鳴り声でしたので、ヒヤヒヤものでしたが、定時には気持ちよく帰れました。

さて、ラグビー用語で「ノーサイド」というものがあるそうです。試合終了したら、敵も味方もなし。試合中の恨みつらみは水に流しましょうという意味。
じゃあ、今回のこともフェアプレー精神で忘れて、気持ちよく次の会社へ…とは決していかないのです。

次以降の会社では、必ず、職務内容や離職理由を聞かれます。「離職が半年で4人。女性上司なんですが、今、男性社員一人も残っていないんです。」ってことは、必ず言わなければなりません。実際には、もっと厳しい言い方になるでしょう。そして、職務経歴書につまらない経歴が入るため、いぶかる会社さんも多くなり、再就職成功率は低くなります。今後、極端な大成功でもしない限り、これは60歳まで続きます。
そして、感情的にも、しこりは長く残ります。数社様、選考辞退して、今の会社に入ったんですから。選考辞退すると「就職おめでとうございます」みたいな手紙来るんですよ。家族親戚からもおめでとうと言われましたし、どう申し訳を立てたらいいか。万一、次の会社決まらず、フリーターにでもなったりしたら、死ぬまで恨み続ける権利が十分なほどあります。

切る方は、「嫌な奴が消えてせいせいした」で済みますが、切られる方は、それでは済まないほどの痛手を負うのです。
「女性だから」などとはできれば言いたくないのですが、少しクビという言葉に対して鈍感な気がします。多くの男性には生計ってものがありますし、「給湯室のケンカでハブる」ノリで平気でクビにされたらたまりません。これらはポリティカル・コレクトな表現ではないですけど、何人も男限定で辞めているわけで仕方なく書きました。

一つ前の会社は、出来るだけ努力して頂いたが仕方なくの解雇だったのです。今回の会社は、気に入らなかったのでコミュニケーション取りませんでした、私の思う通りに動かなければ怒鳴ります、ミスしているイメージがあるのであなたは無能です、育てるのが嫌だったので捨てました後は知りません、です。稀にそういう上司がいるのは仕方ないとは思いますが、あくまで社内問題だから許されること。解雇・雇い止めの理由として社会的にまかり通りません。

ミスをなじられた際(捨てたんだから「教育された際」じゃないね)、上司はハインリッヒの法則をよく持ち出していました。小さな事故30回で大きな事故が1回起こるという法則です。解雇や雇い止め、離職も同じこと。気に入らないとクビにしたり、辞められたり、それが30回積み重なると、1回位は、自殺、ひきこもり、訴訟などのトラブルが起こるでしょう。
「クビ」も「辞められた」も、今回限りにして欲しいものです。また次に1年程度の短期離職者が出ようものなら、心底軽蔑ものです。人の人生がかかっているのですから、それこそ、1回のミスも許されません。

さて、会社での疲れがたまっていたので、3日くらいの休養が必要だと思っていたのですが、昨日は会社の玄関出た瞬間に、復活してしまいました。どっちにしても、3日くらい遊びますけどねw

タグ(工事中): 就職活動
posted by 堤朋之 at 04:31 | Comment(5) | 日記

2011年10月01日

万引き犯を捕まえた話

例えば、あなたが道を歩いていて、前から、お姫様と、それを追う黒づくめの男が、走ってきたとします。あなたはどちらを助けますか? という話。

昨日、保土ヶ谷駅の階段を歩いていると、「万引き〜、誰か捕まえて」という女性の声が聞こえてきたのです。そして、初老の女性が、逃げるようにこちらの方に駆け上がってきました。
万引きと叫んでるのも女性だし、逃げてるのも女性だし、これは何か、触れてはならない女同士のいざこざではないかとも思ったのですが、とにかく、逃げている方の人を捕まえました。相手は荷物を残していくわけにはいきませんから、かばんをつかむだけでも簡単に動きを封じることができます。

そして、叫んでいた方の女性がやってきて、「万引きGメンです」と黒い手帳をサッと出します。初老女性は問い詰められても、「離して」としか言わず、かばんの中も見せようとせず、挙動不審な感じでした。
1分位してから、店員さんがやってきたので、あとはお任せ。ただ、店員さんが1人ではスキを見て逃げられそうなので、2人目の店員さんが来るまで、横で待機していました。
本当に万引きだったのかも含めて、その後のことは知りません。

さて、泥棒や痴漢などが前から走ってきた時、止めるのってすごく難しいのです。
ほとんどの人は、とっさの判断ができず、呆気にとられるだけですから。

なんで私が今回捕まえられたのかというと、前に一回失敗しているせい。
渋谷の井の頭線ホームに向かう通路で、駅員さんが「痴漢〜待て〜」とキモ豚を追いかけていたのです。周りは何十人もいたのに、誰一人動けませんでした。私も、「ど、どうしたらいいの? 止めていいの?」って思っているうちに、横を通って逃げられてしまいました。
痴漢なんて考えるまでもなく捕まえなければならないのにね。

これが、アニメの中になると、倒さなければならないのは、後ろの追いかけている側の人です。でも、三次元の世界の中では、ほとんどの場合、追われている側の人。
ゲシュタポに追われるトラップ一家、SPから逃げるアン王女なんてものは、保土ヶ谷駅前にはまずいなくて、いるのは、店員から逃げる泥棒、駅員から逃げる痴漢くらい。

DVなどの被害者が加害者に追われていたなどのケースもあるかもしれませんが、ほとんどの場合、とにかく捕まえてから話を聞けばいいのです。不審な点が一つでもあったら、強気の対応をして、周りの助けを呼んで、必要なら警察を呼ぶ。「失礼かも」という遠慮は禁物です。
今までの数少ない2例を総合すると、追う人は周りの助けが欲しい場合、「万引き」「痴漢」などと理由を言いますので、その場合は捕まえるべきでしょう。「待て」なら、ナイフ持った強盗犯を警察官が追っている場合かもしれませんし、総合判断。

最初の初老女性の話に戻りますが、ちょっと荷物つかんだくらいで動けなくなるほどの無抵抗。あれが屈強な若い男だったり、巧妙な手口を使われたりしたら、捕まっていなかったわけで、無抵抗な人だけが捕まっていくというのは、ちょっと後味が悪かったです。そして、人生残り少ないあの年で犯罪を犯してしまった人がいるというのは至極残念でした。

タグ(工事中): 日記
posted by 堤朋之 at 07:41 | Comment(0) | 日記

2011年09月21日

カエレ命令

台風15号、すごいですね。
今日は会社で、昼休みが終わると同時に、社内放送がかかり、帰宅命令が出ました。
昼休み前に言ってくれよ…。

でも、お陰で、運休になる直前の電車で帰宅できました。
昼なのに満員でした。そこで、1本遅らせたらすいていました。その列車が、ギリギリ大船で運転打ち止め。何とか横須賀線に乗り継げました。

それにしても、雨も風もひどかったです。
どこかからビニール傘が飛んできて、目の前のガラスにクラッシュした時とか、生きた心地がしませんでした。
かくいう私の傘も、家まで楽勝と思いきや、あと1分位のところで、急な突風に吹かれて、やられてしまいましたし。

勿論、コロッケ買ってきました。
ゆるゆり最終回でも見ながら、暖かい部屋の中でメシウマ…と思ったのですが、ヘッドホン越しに、外で次々に何かが倒れる音が聞こえて、やっぱり生きた心地がしません。

コロッケ
posted by 堤朋之 at 19:59 | Comment(0) | 日記

2011年09月09日

会社クビになったなう

4月11日から、契約社員で“プログラマー”をやっていたのですが、10月31日付で契約更新しないと言われました。今日。

名目上は「機材の扱いが粗雑」「ミスが多いから」になっていますが、上司との関係が険悪だったのが真の原因。
私としては、1年くらいは粘って辞めようと思ってたのですが、上司の方がせっかちだったようです。
ここ数日、上司の機嫌がいいなと思ってたら、私の“解雇”が決まって肩の荷が下りたせいのようです。私も私で、日程決まって一安心。双方ニッコリするような極限状態なら、契約不更新でよかったのかもね。

じゃあ、私が悪いのかというと、そうでもないのです。私の前任者、2.5ヶ月。私がいる間にも、派遣さんが2人。今も1人がすごくやばい状況。勿論、社内全体じゃなくって、10人程度のチーム内での話。
確かに私も落ち度は0ではないんですが、特定の条件で絞れば、半分ハブられている人もを含めると、100%撃沈なのです…。100%だからなぁ。

ろくな仕事割り振られてないので、職務経歴書が傷になってしまっただけでした。
初日から上司と険悪だったのですが、面接から入社まで何があったんでしょうかね。しょっぱなでしたから、私が何かやらかしたせいではないはず。

自然に気持ちも離れていきました。
会社自体への興味も失せてますし、一人と険悪なら社内各所と険悪ルート確定だし、人の入れ替わりが激しすぎて他のメンバーの名前覚えられないしwww
「ああ、これはもうダメかも」って思ったのは、本屋で、担当製品についてのいい本を見つけたのに、買わなくていいやってスルーした時。

まだ雇用契約中の身分なので、あまり悪く書けませんけど、そんなこんなです。

posted by 堤朋之 at 21:36 | Comment(2) | 日記

2011年08月18日

連休折り返し地点

先週の土曜から、次の日曜まで、お盆休みです。9日間。
昨日の昼12時が、折り返し地点でした。

今年は、天気がぐずついている日が多いので、旅行って気分ではありませんでした。写真に曇り空がうつるのは嫌なので、青空が出ていないとお出かけしたくありません。

やったことは、
会社で精神的に疲れたので休養×1日
コミケ×1日
たまったアニメ見たい×2日
買い物を済ませたい×1日
…と、こんな感じです。

しばらく前から、モニタの周りに、やることリストを付箋で貼っているのですが、1枚も片付いてないような。
自主制作も、プログラミングも、全然手をつけていませんが、それ以前に、部屋の掃除をいつやろうかってレベル。

別に連休にこだわることもないんですけどね。連休でなければできないのは、海外旅行くらいですし、平日休暇でしかできないのは、平日料金で遊ぶことと、役所・銀行くらいですから。
あっ、湘南ライナーに乗るのは、平日じゃないと無理。今度、乗ってこようかな?

タグ(工事中): 日記
posted by 堤朋之 at 07:52 | Comment(0) | 日記

ブログを書いてて楽しくない

今に始まったことではありませんが、最近、どうも、ブログ更新がおろそかになってしまいます。

一つの理由は、twitter の方が、書き込みやすいということ。
ブログになると、ネタ探し、文章構成、推敲、写真の準備と、面倒なことになってしまいますが、twitter ではそれがない。
でも、ブログって、そんな重量級のメディアではなかったような…。

でも、それにもまして、今、気持ちが離れている理由は、「さくらのブログ」の動作が重いこと。

重くて、更新が面倒。ちょっと何か書こうかって感じではないのです。
コメント到着確認すら面倒なので、管理画面を見る回数が減る。頻度が少ないから、気持ちも離れる。

表示に時間がかかるっていうことは、明らかに、見ているお客さんも減っている。閲覧数は、毎日100件弱ありますが、そのうち何件が、10秒待てずに引き返しているのか…。
そのうち、Google での表示回数にも影響が出てくるでしょう。サイトの表示スピードも候補探しの一つの要素ですから。
そう考えると、記事を書くのも馬鹿馬鹿しくなってしまうのです。

この遅さ、さくらインターネットの内部で、何か理由があるのかは知りませんが、ブログって、そう簡単に乗り換えられるものじゃないし、さくらさんに頑張ってもらう以外に道はありません。

じゃあ、twitter行けよって話になりますけど、やっぱりブログ最強。
twitter に書いたものは、その場限りですけど、ブログ記事は、資産になるんですよね。
それに、検索にかかるのは、やっぱりブログ。ブログから twitter へ人が移ってしまい、ブログの希少価値が出ている今こそ、ブログにしがみついている人が勝つような気がします。

タグ(工事中): 愚痴
posted by 堤朋之 at 07:50 | Comment(0) | 日記

2011年07月20日

コロッケ

2ちゃんでは、台風が来ると、コロッケを食べるのが慣わしだそうです。

……2ちゃんには長くいるが、初めて知ったぞ!?
何県のローカルルールだよ…。マーゴンが来なかったら、誰も知らないだろう的な。

昨日のことですが、バスを待っていると、前の高校生がバス停でコロッケ食ってるのです。先を越されたと思いました。それで、コンビニで、コロッケ2つ買って、帰って、食べ始めたところで気づきました。まだ台風来てねぇ!!

コロッケ

ところで、コロッケって英語で何ていうんでしょうか。手元の辞書では、フランス語の「クロケット」ですけど、Wikipediaでは、Korokkeという項目が立ってるんですよね。コロッケで通じるんでしょうか?

posted by 堤朋之 at 23:03 | Comment(0) | 日記

2011年03月18日

OH!MY…

コンブを調達してきました。
これで、ヨウ素131が飛来しても安心です。

とろろこんぶの料理法は分かりませんが、汁物に入れれば何とかなるだろうと思って、かに味噌汁まで買ってきました。
まり†ほりではないので、海産物ネタで引っ張るわけではありません。

昆布

ちなみに、世界のヨウ素の3分の1は、千葉県で生産されているそうです。ファイトファイトちば。

タグ(工事中): どうでもいい記事
posted by 堤朋之 at 17:33 | Comment(0) | 日記

2011年03月17日

停電…ん!?

停電が来るということで、電気全部消して待ってるんですが…。(このブログはネットブック使って更新しています)
横浜市南区、なかなか来ませんね。

来ない分には有難いのですが、今日って、午前のグループの2度目をやってるはず。午前グループの2度目で間に合うから、南区はやらないとか、そんな不公平でないことを祈るのみ。

で、暗いから、電気消すと、何も出来ない。そこで、アロマテラピー用のろうそくを出して、つけてます。
でも、う〜ん、さすが1カンデラの明るさ…。何も見えない(笑)
ちょっとだけ暖かいのが救いですけどw

アロマテラピーろうそく
posted by 堤朋之 at 17:37 | Comment(0) | 日記

2011年03月16日

糖分

コーラやチョコなどの、糖分系の在庫が尽きてしまいました。
で、1000円札握り締めて、生協に買出しに行ったところ、17時で営業終了との札が。そして、横のドラッグストアに行きました。こちらは、18時終了なのでセーフ。

品薄ですねぇ…。地震当日の夕方は潤沢だったのに。
1.5Lコーラがないのは痛い…。500mLペットだと、もったいなくて開けづらいし。
で、こんな時にもなぜか特売の、午後ティーとお茶を買うことにしたわけです。残念ながら、生茶はなかった…。

お菓子もあまりなくて、カラムーチョとアルフォートチョコ個装タイプ買ってきました。
ゴキブリホイホイだけは、品揃え豊富でしたが、この季節にはいらないなw

…と、品薄にしてはずいぶん贅沢な買い物をしてきたわけです。

こんな時に貴重な飲料をカブ飲みすると、非国民扱いされるんじゃなイカ?
そんなことを思いながら、午後茶レモンをガブ飲みし、アルフォートを摂取して、ただ今復活したところです。

posted by 堤朋之 at 18:40 | Comment(0) | 日記

2011年03月11日

ツイッターに書くのが憚られる

@tsutsumitomoyuk  本家はまだ災害情報が飛び交っているので、こっちに書きます。

18.52
親はどうすんだ。金沢文庫だってさ。
18.52
地図で調べたら、実は 4km もなかったという…。すぐ到着したわけだ。
18.54
実はまだ落ち着いてなかったりする。実は、家帰ってからニュースも見てない。家の倒壊が気がかりだったから、完全に動転してる。
19.00
何気なくクーラーつけちまった。今、東京電力が無駄な電気使うなと周知しているらしい。
19.32
病み上がりなのに、ずっと歩いてきたから、疲れてるんだ。/今日は、駅まで歩くのもしんどいような体調だったから。/で、寝たらスッキリすると思うんだけど、大きな余震が来るのが怖くて、寝たくない。
19.33
ニュース見た。渋滞がひどくてバスが増便できないという。/確かに、道路の混雑は異様だった。こんな時に危険運転する馬鹿者までいたし。/交通規制を徹底して、カーシェアリングを推奨すべき。
19.51
強風だけで心臓に悪い。
20.07
今日はもう観念して、ニュース見て過ごすしかないな。
20.07
JRの運行中止宣言は、概括的すぎて、逆に信用が置かれないと思う。/管内ひとくくりって、解決放棄してるとしかとられないし、後日批判を受けることになると思う。/路線と、復旧状況を逐一報告し、動かせる所から動かすべき。
20.07
「テレビは、ショッキングな映像より、災害情報や運行情報などを優先的に流して欲しい。」という阪神淡路大震災の被災者の意見が、今日、身に染みて分かった。
20.31
薬屋まで買い物に行ってきます。余震で家が潰れないことを祈るのみ。
20.53
こと首都圏に限っては、「地震」というより、「列車大運休パニック」でしかないような気がする。(津波は別として。)/うちの被害なんて、乱雑においてあったテープが1本床に落ちた程度。どこも多分似たようなもの。
21.13
親帰ってきた。弘明寺まで車、そこから歩いてきたとか。
21.15
首都圏だけで、10名以上の方がなくなられたのか。東北地方の方も含め、謹んでお悔やみ申し上げます。/浸水などの被害に遭われた方も大変お気の毒です。
21.53
twitter、そろそろデマが怖くなってきた。
21.53
原発震災、現実にはないと思ってたけど、やっぱり起こるもんなんだな。/不当な騒ぎにするのも何だけど、問題ないってのはあまりにも安全軽視では…。/「核爆発は起こりませんよ」とかいうレベルの人など論外。核爆発以前の安全性が問題になってんだから。
22.07
そうか、コンビニとかで配ってるアルバイト雑誌とかにも、手を伸ばせばいいんだ。アルバイト志望が読むもんだとばかり思ってたから。
22.18
家庭用の地震計とか、どこか発売しないかしら? できれば、温度計に内蔵とかで。
0.02
今日は、風邪と就活と地震と帰宅が一緒にきて、頭パンクしそう。本当の意味で「災害時に平静を保つ」って並大抵のことじゃないね。今も地震きたよ。
0.02
アニメがたまる一方。これゾンとヴァンガードあたりが、候補に入ってしまった。
0.02
数年前の宮城県地震の時も、同じようなゆっくりとした揺れだった記憶が、おぼろげにある。その時は被害少なかったので、今回、震度7って聞いても、「仙台なら大丈夫だろう。津波は奥尻で対策練られたし。」って感覚で、こんな大災害になるとは感じられなかった。
0.02
災害の時って、ユーザージェネレーテッドメディアじゃなくって、やっぱり、マスメディアだけが頼りだと思う。twitter はあくまで友達同士の会話であって、それ以上のことを期待してはいけない。
0.14
東北の方や、帰宅困難の方に比べたら些細な問題かもしれないけど、余震が繰り返して、怖くて寝られない。今日は、関内駅のホームで遭遇したんだけど、あそこ、不安定な橋の上みたいなもんだから、半分トラウマになってる。
posted by 堤朋之 at 18:53 | Comment(0) | 日記

関内から歩いて帰ってきたメモ

関内駅で電車に乗ろうと、階段を上がってる途中、誰かが「地震」って言いました。
そして、ホームで、大揺れに遭遇。周期が異様に長い揺れで、時間も長く続きました。
私のいた上りホームの電車は、出発した直後。下りホームのE233系電車は、バネのように、大揺れでした。(正直、録画したいと思ったのですが、非常時なのでやめました…。)
駅員さんの指示で、窓側の柱につかまるように言われました。ただ、歩けないほどの揺れではなかったです。
横のビルが大きく揺れていました。

それで、駅から出るように指示を受け、外へ。出札関連で駅員さんが何かしてたようですが、それどころじゃないですね。120円損した…。
ホーム屋根が崩れているとのことで、運転見合わせ。横浜公園が避難所になってると言われ、行きました。

ワンセグで情報確認しようとしたのですが、震度とかよく分かりません。
横浜公園は、スタジアムのスピーカーで、放送を流していて、情報を得ました。YMCAの救護も来ていたようです。
そこで、第2波に遭遇。

そして、バスは動いているようなので、乗ろうとしたのですが、自力で帰れる距離だなと思ったのです。混雑してるし、自分は優先じゃないだろうとも。
実は前、アザラシの「タマちゃん」騒動の時、関内から自宅まで大岡川沿いに歩いたことがあったので、距離感はつかめています。

発生から時間がそこそこ経ったので、まず、家族の安否を確認。
横に、神社があったのでお参りしてから出発。(このご利益があった!?)
ネットカフェを退室になって難民!?に券を配っているところとか、ビルの基礎に割れ目が走っている所に遭遇しました。
途中、黄金町駅に寄ったら、やっぱり京急も不通。

実は、確定申告の書類が必要で、保土ヶ谷税務署へ行こうとしていたのですが、南区役所も閉鎖ということで、今日は諦めることにしました。
で、井土ヶ谷到着。なんと、マックが開いていた。トイレと休憩です。助かりました。
京急の立ち往生した電車から、線路上を歩いている人がいました。
それから、自宅へ。

自宅は、なんともなかったというより、震度3か4程度だったと思われます。ガスなども、止まっていませんでした。
拍子抜けはしましたが、まぁ、そんなこんなで。
ひとまず、文章にして、気持ち落ち着いたかな…。あの揺れは怖かった。

posted by 堤朋之 at 18:27 | Comment(0) | 日記

こういう時の暴走族は本当に許せないね

ツイッターの方だと、避難情報にまぎれてしまうので、こっちに書く。

@tsutsumitomoyuk
こういう時の暴走族は、本当に許せないね。何キロも歩いてる人や、親族の安否で不安な人もいるのに。/今日なんか、五月蝿いって声かけたら、逆ギレされたよ。珍走の分際で市民様にたてつくとはね。/この地震で迷惑物は何匹か死んでくれないかね。(本気で。不謹慎とは思わない。)
@tsutsumitomoyuk
地震の時のオートバイキチガイはありえない。一生かけても許されない。津波にさらわれるべき死ぬべき
(35分前に携帯から)

関内駅の高架ホームで第一波に遭遇、ものすごい揺れに恐怖を覚えて、家まで歩いた人の口から自然に出た言葉。
これが、嘘いつわらぬ本音ですからね。厳しい言葉だけど、取り下げるつもりはありませんよ。

後日つぶやけばいいんですけど、安心したら、何か、ツイートしとかないといられないんで。今つぶやいときます。

タグ(工事中): 愚痴
posted by 堤朋之 at 17:58 | Comment(0) | 日記

2011年03月05日

れいんぼぅ

今日の夜、横浜駅に、レインボー塗色のEF65が停まってました。
「スーパーエクスプレスレインボー」という列車が昔あって、それ用。シャア専用の赤みたいなもん。
写真撮りに、東海道線ホーム行こうと思ったけど、罵声大会に巻き込まれるのは嫌なのでやめましたが。
よく見ると、上りホームだから、機関車がついてるのは最後尾なんですよね。謎です。

横浜駅のレインボー塗装EF65

おとといから、プログラム言語の Ruby 始めました。
今まで Python 使いだったんですが、とあることから10分位いじった所、書きやすいのなんの。
Python では、クラスをできるだけ使わないようなコードを書きたくなりますが、Ruby では、進んでクラスを使いたくなってしまいます。Python でスパゲッティー化した CGI スクリプト、書き直しはじめました。

なぜ今まで Ruby 使っていなかったのとかというと、初心者向けに易しく書かれた本がないから。Ruby を既に知ってる人にしか分からないような本ばっかり。このような内向きな空気(私の思い込みかもしれませんが)が嫌で、Python に行ったのです。現状まだまだなので、今後も、コミュニティーの間口を広げる方向でいかないといけないな、と思った次第。

で、今日、ハローワーク行ったら、PHP の求人が結構ある。
LAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)のうち、知らないのは PHP だけだから、これさえつぶせば少しは内定確率が上がります。
それで、先ほど『PHP: The Good Parts』というオライリーの本を買ってきて、読んでるところ。立ち読みしたところ、要点がまとまっていて、他の言語の経験者には、最適だと踏んだので。薄いから時間取られないし。
それより、Ruby、三日坊主かよ!!

Apache で PHP 使おうとしたら、なんかエラー出る。
「C:/…/hello.php is not executable; ensure interpreted scripts have "#!" first line」って感じ。 何かと思ったら、Apache の設定ファイルで、CGI のハンドラー行に、「AddHandler cgi-script .cgi .pl .rb .py .php」と、拡張子 .php が入ってて、CGI と誤認されたらしいのです。

タグ(工事中): 鉄道 プログラミング
posted by 堤朋之 at 01:29 | Comment(0) | 日記

2011年01月14日

さすがニート

今年になって、初めて電車に乗りました。

湘南新宿ラインE231系
タグ(工事中): どうでもいい記事
posted by 堤朋之 at 22:54 | Comment(0) | 日記