2013年03月14日

生ネトウヨ

9日の土曜日は、立川バスのファン感謝デーと、スーパーひたち651系乗車。10日の日曜日は、脱原発デモ。

神奈中バスコレ購入

立川バスファン感謝デー バスコレクション神奈中第二弾

神奈中が、ザ・バスコレクションの事業者限定品の第二弾を発売してたらしいのですが、最近は情報に疎くて、買いそびれてしまいました。
ところが、9日の立川バス拝島営業所のファン感謝デーで、残りを最終販売するという話。
そういえば、今春のダイヤ改正で、651系や新幹線200系が引退するから、それに乗っておくことを考えたら、休日お出かけパス(JRの一日券)で元が取れるかと。

で、拝島営業所へ。神奈中商事さんは手馴れているらしく、ブツはスムーズに買えました。
ファン感謝デーでは、バスの写真撮影、展示、クイズラリーなど。部品販売もあったのですが、バス停の板を家に持って帰るのは、自制。
昼過ぎ以降のチケットしか残っていなかったので、洗車機体験(中に乗ったまま洗車機の中を体験できる)は残念ながら見送り。
クイズ、最後の一問わからなかった。立川バスの埼玉県へ伸びている路線や、リラックマバスの車体メーカーは、路線図や銘盤でわかるものの、立川バスの在籍車両数は調べようがなかったのです。

帰りは、別のバス路線使おうとして、適当に歩き回ったら、まともなバス停が見つからず、とうとう拝島駅へ。
拝島の、おそらく日本一長い踏切を見ようとしたら、閉鎖されてました。ゲートがあって、鉄道の敷地内って感じになっていました。
予想以上の田舎で、マックすらないので、ケンタッキーで電車待ちの時間をつぶす。

スーパーひたち651系ラストラン

その後、青梅特快で神田へ行き、上野へ。
…で、651系の時刻調べてなかったことに気づく。みどりの窓口の時刻表を見たところ、651系の運用は数時間ありません。が、土浦発の上り列車に間に合います。特別快速で土浦へ。
ゆっくり土浦観光の予定だったのが、30分しかありません。亀城公園はあきらめて、霞ヶ浦を見に行きます。霞ヶ浦の入り江が、駅から数分歩いたところまで迫っています。
霞ヶ浦の観光船、予科練平和記念館、意外とみどころありそうなので、改めて行ってみたいものです。

で、651系に乗りました。スーパーひたち42号。付属4両編成の方に乗ったのですが、結構な利用者数で、自由席が2両しかないため、通路側の席しか確保できません。
車内はきれいなのですが、デッキ部分などはそこそこ傷みが出ていました。子供の頃のあこがれ車両だったのですが、引退やむなしなのかなぁ…。
藤代・取手間のデッドセクション(交流から直流への切り替え部分)は見もの。停電しますとの表示が電光掲示板に出て、数十秒間、電灯が消えました。セクション通過時だけでなく、その前後しばらく消灯のようです。外が明るかった上、寝ている人が多いので、全く違和感はありません。常磐線のデッドセクションで消灯するのは、現在651系だけという話ですので、これが見納め。
そして、上野到着。引退1週間前なので、写真撮っている人もそこそこいます。

上野駅といえば、13番線トイレ。ノンケなので、中に入る勇気はありませんでした。

651系スーパーひたち 上野駅13番線トイレ

新幹線200系(東北新幹線開業時の車両)ですが、塗色が、いかにも引退寸前って感じなので、あまり乗車意欲が湧きません。結局、思い出の中にしまっておくことにしました。最後に、緑の帯に戻して欲しかったかも。

その後、切符が勿体無いので、日暮里、川越、八王子と回って、立川、武蔵小杉経由で帰宅。
川越と本川越、八王子と京王八王子との距離関係がどうなのか、前から気になっていたので、歩いてみました。どちらも歩けない距離ではないです。歩きたい距離でもありませんでしたが…。
鉄に戻ったのが最近なので、乗っていない路線もかなり多いのですが、今回、相当な距離、乗りつぶせました。

ネトウヨを見る

で、10日の脱原発デモ。もちろん、3月11日で震災から2年になるため。
横浜は晴れていたのに、新川崎付近から黄砂ですよ。

とりあえず、日比谷公園に行きます。ですが、なんか団体旗持っている人だらけ。場所間違えたんじゃないかと思いつつも、まあ、この列に参加しても断られないだろうと思い、そこに並びます。
幸い、団体・組合は一箇所にまとめられてて、その直後に並んだだけのようでした。

普通に歩きますが、なんかテンション上がってない。
前のスピーカーから「○○委員やめろ」って声が出て、それに合わせて叫べば問題ないのですが、普通の参加者は、勝股・清水以外の名前とか一々覚えてないわけで、合わせづらいのです。
「再稼動反対」「原発なくせ」「福島守れ」「子供を守れ」「除染しろ」くらいのバリエーションでよかった。

さて、虎ノ門付近に差し掛かると…。
ネトウヨが!!
右翼ではなく、正真正銘のネトウヨです。2、30人位で、旗持って叫んでます。反対派の「再稼動反対」の声にあわせて「再稼動賛成」と叫んでます。
2ちゃんでは当たり前の存在でも、リアルで見たのは初めてです。ちょっと感動しました。
もちろん、主張は、「左翼はいらない」「反日は帰れ」であって、日本の来し方行く末については一切触れないのが、ネトウヨクオリティー。
その後は、笑いを堪えるのに必死でした。

行進が終了したところで、一旦離脱して、赤坂見附のマックへ。30分位休憩してから、国会議事堂前へ戻ります。
雰囲気的には、いつもの金曜日の国会前抗議です。
今年、生まれた子供たちも、数十年後には事故現場で収束作業に駆り出されるという演説を聞いて、問題の根深さを再認識しました。
また、フィリピンから飯館村に嫁いできて、家族が四散してしまった女性が、たどたどしい日本語で話をするのに、胸が詰まりました。

それにしても、2年という節目にしては、人が少なかったような気がします。
かくいう私も、去年の秋に行ったきり。その時は人が多かったのですが、冬の寒さからか人が減ってしまったらしいのです。選挙と同じで、「私一人くらい行かなくても」は通用しないと悟りました。

posted by 堤朋之 at 20:54 | Comment(0) | 旅行・鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [記入しないことをお勧めします]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字(aria)を半角で入力してください。