2011年02月28日

京都大学のカンニングと、偽計業務妨害

皆さんご存知かとは思いますが、おとといの、京都大学の入試で、試験時間中に、問題がインターネット上の「Yahoo知恵袋」に投稿され、解答が書き込まれるという事件が起こりました。 (こちらが問題の知恵袋)

そして、昨日、ツイッターあたりで話題になって、「これは偽計業務妨害だ」って意見が流れてたまではいいんですが、とうとう、警察が動いてしまったようです。

入試問題投稿、偽計業務妨害の疑いで捜査へ YOMIURI ONLINE

業務妨害罪って乱用されやすい

う〜ん……これって、本当に業務妨害なの? って感じです。妨害された業務って何でしょう? 試験? 試験自体はうまくいってますよね。まあ、点数計算関係とか、確認の手間ってことなら分かりますけど…。

偽計業務妨害って、いわゆる「犯行予告」の時によく使われる罪名です。ですから、次のような感じで炎上したことが、容易に想像されます。

(1)2ちゃん脳の人の頭の中に「偽計業務妨害」が刷り込まれている。
(2)ちょうど炎上対象が出てきたze フルボッコにしてやる!
(3)twitter:偽計業務妨害だと騒ぎになる。
(4)京大:とりあえず偽計業務妨害で被害届け出しておくか…。←いまここ

こんな感じで、変な通俗解釈出てきちゃうのはなぁ…。ちょっと怖いです。

実は、入試トラブル絡み有名なのは、「有印私文書偽造罪」(文書の氏名を偽造)。ただ、これは、「カンニング」ではなく、「替え玉受験」の事例です。今回は、私文書の無形偽造(文書の内容を偽造)になるのですが、無形偽造は不処罰です。(あと、シンプルに詐欺罪とかは思いつきましたけど、こっちもいろいろ問題あるような。)

この程度で業務妨害って、言い換えれば、「企業に迷惑をかけたら即逮捕」なんですよね。法治主義も罪刑法定主義もあったもんじゃないですw
確かに、業務妨害の要件にあたらないこともないんですけど、住居不法侵入並みに“万能”で乱用されやすい条文なんですから、使いどころは間違わないようにしないと。

来年から期末試験でカンニングすると前科者です!!

まあ、仮に罪名が偽計業務妨害に属するとしてですよ、より根本的な問題として、これって刑事事件なの?ってこと。
カンニングの罪って、資格剥奪じゃないの? 牢屋に入れて前科つけるのはやりすぎじゃないの? と思うわけです。
東大教養学部の期末試験でカンニングすると単位が来ない、法学部だと即退学という厳しい罰が待っています。それをキビしいという人も多い位なのに、それと比べても過酷に過ぎないでしょうか。

「カンニングごとき」とは決して言いませんけど、ものには限度があるって話。
もしこれが刑事犯になるのだったら、来年から、学部のテストのカンニングとか、退学扱いじゃなくって、警察呼ばないとダメになります。偽計業務妨害は軽犯罪法上の罪じゃないですからね。懲役・罰金ですよ。

少なくとも、「警察が動かないと調査お手上げだから刑事事件にしないと」的な発想があったなら、考え方の順序が逆ですよね。仮に、「訴えるつもりはないけど刑事事件」だったら、とんでもないことですし。

まとめ

要するに、う〜ん……って感じですね。まとめになってませんがw
せっかく京大なんだから、京大法学部の先生方の意見でも聞いてみたいものです。「毎年六法の書き込みに悩まされてるから、これはいい案だ。来年から逮捕しよう。」になっちゃったりして。

あと、刑法の教科書で、業務妨害罪について面白い記述を見つけたので、参考まで。

〜したがって、業務遂行に多少とも外形的混乱・支障を生じたことを必要とし、たとえば替え玉受験やカンニングのように、単に個別的な業務における判断の誤りを生ぜしめたに過ぎない場合は除外される。(西田典之・刑法各論 p121)
posted by 堤朋之 at 18:15 | Comment(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [記入しないことをお勧めします]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字(aria)を半角で入力してください。