2016年12月06日

昨日の研連のノイズについて

昨日の研連で、AVセレクターを切り替えるたびに、大きなノイズが出ていましたが、原因としては、アース(グラウンド)まわりが怪しいと思います。

状況を整理すると、

  • AVセレクターを切り替えるタイミングでノイズが出る。
  • 延長コードを取り換えたら、ノイズが出るようになった。
  • ミキサーの音量を絞ってもノイズがでる。
  • ノイズが出ると、ミキサーのインジケーターが光る。
  • ノイズと一緒に、スクリーンにもノイズが乗る。

です。

キャノンケーブル

交換前のケーブルは、アースの取れるキャノンケーブル(上の写真)で、交換後のケーブルは、アースの取れない普通の端子ではなかったでしょうか。
もしそうなら、DVDプレーヤー1台目と、2台目で、グラウンドにかかっていた電圧が違っていた可能性が高いです。(だって、プラス極のスイッチ切ってダメだったら、マイナス極に問題あるわけでしょ。)
アース周りは私も全く理解していませんので、理路整然とした説明を求められると困るのですが…。

配線図

次回以降の対策ですが、あまりいい方法は思いつきません。
ですが、せめて、コンセントの差し込み向きを極力合わせる程度のことはしましょう。コンセントには、触っても平気な側と、死んでしまう側があるのはご存じだと思います。その極性を合わせるのです。
一度だけ実測したり説明書と照らし合わせたりはしたいですが、毎回テスターで計測して感電事故起こすのはまずいので、「極力気にする」程度で結構です。

これに気づくのに一晩かかりました。かなり難しい事象ですので、今回はさすがに上映係さんを責められません。
ですが、次回までには、ノイズに強く上映設備に優しい研連を目指しましょう。

最後に、私の反省点なのですが、

  • なんで、1回ダメだった位で、途中で考えるのをやめてしまったんだろう…。
  • 頭の中だけで考えないで紙に図を描けば、問題を見つけられたかもしれないのに…。
  • 上映会終了後、なんで、配線の写真を撮ったり、配線変更を試してみたりしなかったんだろう…。
  • 同じプレーヤーで再生し続けたり、音だけミキサーで切り替えたり、代案はいくらでもあるのに、なんでセレクター使用にこだわったんだろう…。

もうちょっと肝を据えて行動すればよかった。

posted by 堤朋之 at 01:46 | Comment(0) | アニメ自主制作

2016年冬研連上映会

年寄りの感想とか載せてもしょうがない気もしますが、とりあえず毎回書くべきと人に言われたので、書きます。
当日試写の早起きのせいで、半分睡魔と闘っていたので、別の作品と記憶がごっちゃになっていたらすみません。

オープニング(テーマ:爆発)

脱獄サンシャイン(理科大)
いきなり、物理演算CGと来ましたか…。得意分野を生かすのは素晴らしい。
2116(予告編)(東洋大)
建前上「作らない」と言っておいて、実は続きを作る準備をしていることに期待している人は多いはず。

第一部

こびとのぼうけん(東洋大)
猫がもうどうしようもない位にドジでかわいいです。
星になる夜(東洋大)
銀河鉄道車両の床下機器をリアルに書き込んである所に萌えました。
ウェイスンゲーム(東洋大)
これはガチで面白い。今回、ベストワンに投票しました。
法師 冬の巻 〜かへりばな〜(東洋大)
画面作りがいい感じ。研連ってお坊さん作品意外と多いですよね。
Suzuki Ren MotionReel 2014-2016(理科大)
デザインセンスかなり高いですね…。ほとんどプロ並み。
35周年記念作品(千葉大)
※パンフ誤植:(誤)35周年OP
作画枚数に全く手抜きを感じられない…。サークルの看板になりますね。
オタサーのかめ(千葉大)
ナイスなオチでした。げんぶ君かわいいよげんぶ君。
なきほを、(千葉大)
微妙な仕草をきちんと描いてて、リアリティーがあります。
レイヤーとおっさん(帝京大)
どうして試写通ったんだろう…。
まりふな(帝京大)
どうして試写通ったんだろう…。
TACOYAKU(ペキサイト)
ロケットの着地のぷにゅっとアームが曲がる奴、あれですよ。あれ。

第二部

ANIP(電通大)
文化祭の立て看、素晴らしい出来ですね。
ヴォトカとゼクトのおしえて! けんれん! 海賊版!(ボス床)
周囲からスマホ音がする上映会という、異次元の体験をさせてもらいました。
ヴォトカとゼクトのおしえて! けんれん! シーズントウェルブ!(ボス床)
当日も言いましたが、どんどんロケに出てって下さい。だって、ロケに出ても増える背景1枚じゃないですか!!
デッドブル(ボス床)
気になった所は、当日試写までに完全に潰せたな…と。修正でノリが悪くなった気もするけど仕方ない。音圧レベルもうちょっと稼いでたら、もう少し笑い起きてたかな…。
いろは歌(神奈工)
パンフ24ページの絵を描いたサークルだと思えない位に、サスペンスでした。
オバケノハナシ(神奈工)
パンフ24ページの絵を描いたサークルだと思えない位に、ほっこり話でした。
Anonymous(神奈工)
パンフ24ページの絵を描いたサークルだと思えない位に、スタイリッシュでした。
Lune Dream(神奈工)
パンフ24ページの絵を描いたサークルだと思えない位に、シュールでした。
チャーチグリムス(神奈工)(※試写落ち)
黒コマミスで試写落ちちゃったのは惜しい。夏上映会まで一段とクオリティーアップする時間は十分!?
研連に刺されるテックちゃん(東工大)
淫夢厨その1。
がっこうぐらし×ゆるゆりOPパロ(東工大)
これは楽しい。最近の上映会、アニパロ減ってるような。
Ring of Fortune(東工大)
アニメ思い出してちょっと泣けました。

第三部

スイーツモンスター(学習院)
図書館の本、あれだけ塗るの大変だったんじゃ…。
白と黒とグリザイユ(前編)(國學院)
このタイトルを掲げるだけあって、素晴らしい色彩センス。
いろキャス(國學院)
淫夢厨その2。
自販機(千葉工)
レッドブルをポカリと混ぜる…だと…?
せいさく!(千葉工)
部室汚ねぇ…!!
希望的観測(千葉工)
タイトルロゴが見事すぎて。
マチアワセ(早稲田)
オープニングテーマ通り、リア充爆発しろ。
雨 キミを連れて(早稲田)
さすが早稲田さんだけあって背景いい感じです。
カレン戦記(早稲田)
おそらく、続編どんどん作れるだけの設定がたまっているのではないでしょうか? 期待していいのでしょうか。
リナリア(早稲田)
うまい感じのあざとさ。研連はこれ位のもの出していいんだよね。
幸せの宝箱(早稲田)
ラストがショッキング。でも、そのショッキングなラストにリアリティーがありすぎて。
Wake Up Live! 特別編(早稲田)
後日談で来ましたか。曲が微妙に懐かしかったり。
霧の中(ぽぷり)
メッセージのある作品は強いです。

…というわけで

アンケート集計結果を見て驚いたんですけど、厳しいですね。数年前だったら確実に上に行けてたレベルの作品が1ケタだと軽くショックです。
断言します。今回は票数1ケタでも全く気にする必要はありません。
いつからこんな世知辛くなっちゃったんだろう。失敗作を平然と出して玉砕する位でいいと思うんだけどな…。

ですから、票が入らなかったサークルさんは、作品のクオリティー上げではなく、組織票の根回しを頑張りましょう!!

posted by 堤朋之 at 01:32 | Comment(0) | アニメ自主制作