2010年05月31日

頭が固いのか

今、iPhoneのおバカアプリ紹介のテレビ番組をやっていました。

そういえば、私も、中学高校の頃は、MSX(当時のホビー用パソコン)やワープロ専用機使って、おバカなもの作ってたなぁ…と。

最近は、どうも、役に立つソフト以外は、作る価値のないものに見えてしまいます。頭の中が貧しくなったのでしょうかね。
iPhoneかiPad買おうかと一瞬思ったのですが、iPhoneでテレビに出るようなものを作ろうって発想それ自体が、悪しき実利主義。
手元にあるものの間に合わせで、ちょっと遊んでみたいなと思った次第。

でも、悲しいことに、今の固くなった頭からは、何も出てこない。

posted by 堤朋之 at 21:54 | Comment(0) | 日記

twitterはじめました…?

twitterのアカウントを作りました。
@tsutsumitomoyukです。

「ツツミトモユキ」ではなく、「ツツミトモユ」なのです。
というのも、字数制限が15文字。日本人名で16文字は何気に多いでしょうから、何とかしてほしいところ。

最近、「RT」とか、「多段RT」とかいう言葉をよく聞くので、試しにやってみようというだけです。
今のところ、あまり積極的に使おうという気はしません。
所構わずにつぶやくと、監視されているようで嫌だし、下手すると、個人情報企業情報ダダ漏れって感じで。

posted by 堤朋之 at 02:20 | Comment(0) | コンピュータ

2010年05月25日

Wikipediaと「いざなみ」景気?

先日、初めてWikipediaを編集しました。コロール市のタイムゾーンの明らかな誤記がそのままだったので、2文字ほど…。意外と簡単でした。

さて、先ほどもWikipediaで調べ物をしていたのですが、その中で「いざなみ」景気という項目を見かけました。いざなぎではなく、「いざなみ」です。
3年くらい前の、テレビで「いざなぎ越えの大景気!!」と言っていて、お茶の間では「嘘だろ…」という、あの好景気のことらしいです。
でも、「いざなみ景気」って耳にしたことないんですが…。

景気循環の名前は、誰が決めるのでもありません。テレビとかで使われているうちに、雰囲気で勝手に決まってしまうものです。「平成景気」って言われてたものが、雰囲気で「やっぱあれはバブル景気って感じだよね」「うんうん」って感じで。

これが、Wikipediaで「いざなみ」と書くとどうでしょう。「いざなみ」の露出度が高いと、子引用などで、「いざなみ」と書かれます。それで、固定してしまい、Wikipediaの項目名も「いざなみ」に固定。以下延々ループ…。
百科事典の中身が自己実現してしまうわけで、この辺が、Wikipediaの限界かな…と思いつつ、また怖さを感じたわけです。
(なお、本項目以外では「いざなみ」と書いているケースが見られますが、本項目名は以上のような理由から「第14循環」と中立的な書き方になっています。)

「いざなみ景気」以外の候補は「かげろう景気」「格差型景気」などがあるそうですが、まだまだ候補募集中って感じですね…。そもそも1〜2年で決めるもんじゃないし。

posted by 堤朋之 at 06:05 | Comment(0) | 社会

2010年05月23日

ぬこ

今日、朝から、ベランダの所に猫がいて、何度も追っ払っているんですが、雨の中寂しそうに鳴いていると、どうもかわいそうでいけません。

ほかに行く場所がないのかねぇ…。

posted by 堤朋之 at 23:33 | Comment(0) | 日記

2010年05月15日

携帯のアドレス帳全部消した

自宅の電話の「8」のボタンが、ついに壊れてしまい、電話をかけられません(笑)。

それで、仕方なく、携帯電話を使っているのですが、いろいろとボタンがついています。
先日、操作していると、いつの間にか、丼上さんの携帯につながっているではありませんか!!

カメラ使っているときとか、知らない間に発信モードになって、電話番号が2桁くらい入力されていることが、しょっちゅうあるので、いつかやるな…とは思っていたんですが。
そのうち、11と入力されている状態で、0や9を押してしまうことがありそうで、怖いです。

とりあえず、手帳の方が確実だからと、非常連絡用を除いて、アドレス帳は全部消しました。

posted by 堤朋之 at 22:23 | Comment(0) | 日記

アスペクト比16:9って…

デジタル放送の 16:9 ワイド画面ですが、4:3 の現行テレビに比べて、画面が横に広がり、より人間の目にフィットするとか宣伝されてます。

でも、実は、4:3 の方が良かったのではないでしょうか。
自主制作で構図が練りにくいのは、いつも感じるところですし、パソコン表示に限っては、表示範囲が狭くなって不便です。

で、思ったのですが、そもそも、ワイドになったのは、見やすさの追求などではなく、映画館の天井が低いので、仕方なく横に伸ばしただけではないでしょうか?

……iPad の画面が 4:3 という話を聞いて、こんなことを考えたわけです。

posted by 堤朋之 at 22:22 | Comment(0) | ネタ・雑文

2010年05月08日

JOYの全国採点でウンディーネ2位の件

昨日、カラオケ行ってきたんですが、PremierDAMの部屋が空いてなかったので、JOYSOUNDにしてもらったのです。

遊び半分で、「ウンディーネ」を、普段より1オクターブ上げて歌ったら、うたスキの全国採点で、93.524点/2位を叩き出しました。

藍華のキャラソンを適当に歌ったら、自分一人しかいなくて、見事1位!! というケースはありますが、人気曲で2位というのはすごいです。
先月は90点台後半の人も多かったので、月末には10位程度に落ちるでしょうけど、3位以内をキープしている間は、画面に名前が出ますからね。

ただ…。理由はおそらく、声が不安定なので、音の揺れが、ビブラートとして認識されてしまったこと。正直、ネタ歌唱法以外の何物でもないです。人に聞かせられない曲で、最高点更新してもなぁ…。と。

ところで、先月、CROSSOで歌った時は、点数上げようとしているうちに、気持ち悪いビブラートが身についてしまったのです。そこで、今回は普通に歌おうとしたのですが、点数が86〜89とひどい。しかし、聴きかえすと、どこが悪いのか分からない。
全国採点の利用は、変な歌いグセつかない程度に留めておかないとな…、と思ったわけです。

posted by 堤朋之 at 08:26 | Comment(0) | その他の話題