2009年12月30日

プーさん年賀状

今年、プリンターを新調したので、親に年賀状を刷れと言われました。

で、親が、年賀葉書を買ってきたのですが、なんか変です。

切手欄が、変なキャラクターです。
袋を見ると、ディズニーキャラクター年賀状…。ちょwww

しかも、1枚あたり60円…。
寄付金付き葉書より高い…。トータル2000円の無駄遣い…。

おまけに、写真用の光沢加工がなされているわ、宛名欄の下に邪魔なQRコードが印刷されているわ、そりゃもう、わけわかめ状態です。

さて、切手欄を見ると、くまのプーさんでした。
プーさん…。この景気動向で、2010年に大発生しそうなプーさん…。う〜ん。

結局、交換するほどではないと思ったので、これに印刷してしまいましたが、この判断が正しかったかどうか。

「インクジェット」という言葉を覚えたての人には、かなり難しいおつかいだったのでしょうかねぇ…。
来年からは、自分で買ってきます。

posted by 堤朋之 at 19:52 | Comment(0) | 日記

2009年12月26日

プラネタリウムに一人で行く(しかもクリスマスに)

世界天文年が終わらないうちに、「宙のまにまに」の聖地巡礼しとこうと思って、池袋のサンシャインにあるコニカミノルタプラネタリウム満天に行ってきました。
到着したのが、17時過ぎ。しばらく、猿回しショーで時間をつぶします。猿、カワユス…。

いざ、プラネタリウムへ。
しかし、次の回が「平原綾香いのちの星の詩」…。
タイトル見ただけで、(´,_ゝ`)<プッ です。

プラネタリウムってのは、もっと殺伐としてるべきなんだよ。と思いつつも、チケットを買います。
前の回のお客さんがはけていない模様。ドームの入り口に行列が出来ています。こういう番組に限って大盛況です。しばし待ちます。
さて、周囲を見回したところ…。

カップルしかいない

本当にカップルだけ。1組だけ男友達同士を見かけましたが、それ以外全部。
こいつら全員、クリスマス前に急場しのぎで作った、ニセカップルです。絶対。

15分前に入り口が開いて、中のエントランスホールで待ちます。星図の絵柄の時計がありました。スケールのでかいことに、春分点移動が書き込んでありますよ。あと、冬の星座ガイドのビラとかも置いてあるし。
それを、カップル共、全部スルーですよ。

そして、ドアが開いて、中に入ります。
係員さんが「最後列は全部埋まりました」と言ってますが、どう見ても、一人分空いてます。一人客は、客として、カウントされてないようです。
最後列に座って、椅子を見ると、肘掛をたためるようになっています。客層見てると、何となく理由が分かります。

で、番組が始まるわけですが、ナレーションが平原綾香さんなだけで、中身は普通のプラネタリウムでした。普通に太陽系のなんちゃらかんちゃらで。ホルストの曲とか流れていい感じですよ。

前とか横とかはひどいけどね!!

こうして、ヒトカラより怖い、ヒトプラを制覇してきたわけです。
一年のうちで、冬の星座は基本中の基本です。なので、星座初心者のあなた、この時期こそ、ヒトプラとかいかがでしょうか?
バレンタインあたりに!!

posted by 堤朋之 at 00:25 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2009年12月24日

研連上映会2009年冬の感想(4)

おわり

アンコールは、ボルトランザーと、Gアイロン。

キルミンのOP「Poo」発売日なので、アニメイト寄ろうと思ったんですが、間に合いませんでした。カラオケに行ったんですが、JOYSOUNDには既にPooが入っていたので、歌ってしまいましたよ。あと、「インカ帝国の成立」とか…。

自分の作品 (評議会の一存)

予想通り、前日試写大爆笑、当日失笑。

作ろうと思ったのが19日の午後2時。納品が20日の午後6時。意外となんとかなるものです。いや、作画枚数10枚だし…。

今回は、録音を、家ではなく関内パセラでやってみました。すると、声が大きくなって、ノイズが入らなくなりました。
さて、土曜の夕方だったので、周りの部屋では、大音量で歌いまくりです。隣の部屋の歌が録音されてしまいます。次の手順を取りました。

  1. ノイズリダクションを弱くかける。強くかけると音が変質するため。
  2. イコライザーをかける。低音部と高音部は、声が使っていない音域と判断したため、バッサリ削除しました。Audacityのイコライザーでは、どうも変な音になるため、FL Studio 付属のVSTプラグインで削除しました。
  3. コンプレッサーをかける。音量感が上がって、音の粒が揃います。
  4. 無音部分は、音量ゼロにする。ノイズゲートやエキスパンダーがあれば良かったのですが、手持ちがなかったので、無音ツールを使って、手動で消しました。
  5. 誤魔化しのために、リバーブをかける。

全て、Audacityで出来ます。イコライザーとコンプに、空間系を付加。基本中の基本ですね。
自宅のヘッドホンで聴いた限りでは、隣室の音は除去しきれていませんでした。ところが、試写会場のスピーカーでは、全く聞こえません。よっしゃ、これならいける! と思って、会場で聞くと、今度は、リバーブ強すぎw

初挑戦したのが、3DCGでのアニメ。今年アップグレードしたShadeで作ったんですが、新バージョンの使い方とアニメーションのさせ方がよく分からなくて、ひどい結果となってしまいました。カメラとか、まともに動かせない。これ以上やってらんないので、妥協しましたが…。
飛び出す絵本を正しくシミュレーションするには、数学的に計算するしかないと分かりました。ということは、POV-Rayにすればよかった?

ムービー作成にも難儀したし。Audacityの保存設定が、32bit-floatのままだったのが原因でした。

posted by 堤朋之 at 23:24 | Comment(0) | アニメ自主制作

研連上映会2009年冬の感想(3)

第3部

マジカル☆ひかるん (デジハリ)
今回、新加盟です。なにせ、あのデジタルハリウッド大学なので、ちょっとスレたCGとか作ってるのかと思いきや、若くていいなぁ〜と思わせる、元気いいアニメを持ってきてくれました。
殴った相手はヤクザでした (デジハリ)
上映会前にブログを覗かせて頂いたんですが、気合入ってたようです。スタッフロールに20人くらい並んでて、某頭狂から見たら、うらやましい限り。
國學院ディケイド (國學院)
CG綺麗です。ネタが分からないですけど。
Cristmas Wars・まーじゃんうぉーず (國學院)
本編より、麻雀の方が、元気がよかったなぁと。本編は話とかはよかったものの、唯一、ノリの悪さが致命傷でした。もし、麻雀のノリで、本編作ってたら、すごくいいのが出来てたような気がします。
Practice Animation 2009 (千葉工)
色がついてた方のしりとりです。元気がいいし、上手だし。何よりも、参加人数が多くて見ごたえがありました。
愛の言葉 (千葉工)
水彩の奴です。素晴らしい。同じ紙芝居でも、東大の紙芝居と、これとでは、雲泥の(ry
アイアムサラリーマン (千葉工)
話がベタなのはそれでいいんですが、どこか一箇所ひねりを入れるだけで、全体が引き締まったと思います。髪の毛のハイライトの十字模様は、アイデア賞ものですね。

第4部

しりとりアニメ2009 (東海)
モノクロの方のしりとりです。哲学的というより微妙に怪しいだけのような…。
カンドロイド (PEKI)
このキャラクターは結構いいかも。途中の音のブツ切れと、ラストの話のブツ切れ感が気になりました。作風的に、横浜の大動画上映会が合うかもしれません。
後光をまちながら (早稲田)
仏像について調べたっていうより、むしろ、この人、仏像マニアなのでは?と邪推させてくれます。
器 (早稲田)
このアナーキーっぷりがなんとも。。。W大の実力を垣間見た気がします。。。
百合企画 予告編 (早稲田)
このアナーキーっぷりがなんとも。。。W大の実力を垣間見た気がします。。。
Girls☆Series (早稲田)
このMAD+再利用→アナーキーっぷりがなんとも。。。W大の実力を垣間見た気がします。。。
銀次郎の夏〜last summer〜 (早稲田)
このいい感じっぷりがなんとも。。。普通にW大の実力を見た気がします。。。
posted by 堤朋之 at 23:23 | Comment(0) | アニメ自主制作

研連上映会2009年冬の感想(2)

第1部

keep on Keypon 〜Prologue〜 (電通)
キーポン煙が健在で安心しました(笑)。しかし、全体が平板で、話がダラダラしてしまったのは残念です。どこが盛り上げるべき場面で、盛り上げるにはどうしたらいいか、もう少し練りこんでもよかったのではないでしょうか。それを意識すれば、話も短くなって、色付けに時間がかけられるかもしれません。
誕生日の月 (電通)
こういう幻想的な雰囲気の大好き!! どんどん作って!!
妄想ケチャップ (電通)
ちょwww 怖すぎw
元気グループ episode0〜パブロフのボレル君 (電通)
ボレル君シリーズ、何か、変な方へ向かってる(笑)。
なりきりサンタセット (電通)
血ノリ吹いた…。感動できる話に見えるような、見えないような…。
東方野球娘。予告編 (東工)
頑張ってますね。平成2010年の完成、期待してます!!
OUTBURST (東工)
アクション、納豆ミサイル、爆発、背景動画!! これはタマランです…。よくやったGJ!!
Maidon Wars (学習院)
ああ、遂に、学習院さんも、研連テイストの萌作品を(ry
かわいそうな男の子 (学習院) …上映事故
上映事故で、結局、再生する事ができませんでした。残念です。次回、期待しています。
神のみぞ知るセカイ〜予告編〜 (帝京)
元ネタがあるのかないのか知りませんが、なんか、すごそうです。
習作歩く (慶應)
歩幅がちょっと大きかったかなと。終わり方が意外でした。

第2部

毒忍者ちゃん (ぽぷり)
いつも通りの楽しさです。人がバンバン死ぬのは、普通、眉をひそめちゃうような性格なんですが、なぜかこのシリーズだけは安心して見られます。それはそうと、このシリーズは、王道的な笑いだけでお腹いっぱいなので、シナリオオチや研連オチは積極的には持ち込んで欲しくないと思います。
Scribble! 幻森奇想譚 (CNG)
コメントが笑えました。私は、半分、心が清らかな人なのかもしれません。是非、色塗って、完成させて下さい。
BGPV2 (CNG)
イカしてます。本編、頑張って下さい。
機動武闘伝Gアイロン (東洋)
見ろ俺のエアリアル(・∀・)!! アホ杉…。
スキップ (中央)
400円、高けえよ、多摩モノレール!! と、思って調べてみたら、400円って、上北台までの運賃じゃんw でも、立川350円なんだよな…。多摩センターまで、200円だけど。
紙芝居アニメで見る紙芝居アニメができるまで (頭狂大学)
今まで、適当に思いついたネタをつなげただけ!感があったんだけど、今回は話がまとまっていたので、面白かった。会場内からも確実に笑いが起こってました。
ごんぎつね (神奈工)
兵十が手にもってたのは、位牌じゃなくて、遺骨ですね。で、なんだかんだで、センスがありますよ、コレ。………下品だったけどw
夕焼けがくれたもの (神奈工)
背景に存在感がありました。エンディングで音が割れていたのですが、音量は、セリフに合わせて調整してよかったかもしれません。
迷探偵ぷりん男 第捌話 〜全てを超える力〜 (神奈工)
実写部分で、手に持った紙がアニメしてたんですが、あれはすごいなと思いました。すごいです。ぷりん男はすごくなかったけどw
ベンチ君 (神奈工)
まとめ方うまい。でも、トイレの横のベンチです。 あそこに座っていいのは、ちょっとワルっぽい自動車修理工の男だけと決まってます。…やらないか?
posted by 堤朋之 at 23:22 | Comment(0) | アニメ自主制作

研連上映会2009年冬の感想(1)

今回は、終了が19時過ぎの長丁場でした。新加盟サークルがあるせいという話でしたが、既加盟サークルも長編をどんどん作ってくるわけで、さもありなんって感じです。

受付横に置いてあった「きゃらびぃ」は何デスカ!?

きゃらびぃ

SSAの人、評議員と丼上さん以外、来てないし。

オープニング (テーマ「叫ぶ」)

叫ぶあたしのりんご (ぽぷり)
キルミン!! これは予想外。会場内のキルミン反応が薄かったのが残念でなりません。車窓ビデオが迫力ありました。
人間の進化 (ぽぷり)
毎回まったりさせてもらってます。
こんな研連はいやだ!! リベンジ (電通)
前回の試写ではすいませんでした。流れてよかったです。アホ毛だけなのに、大笑い。
いきなり次回予告 叫ぶ (早稲田)
叫部…。何するんだよw
皇國ノ興廃ハ此ノ一戦ニアリ (早稲田)
声が聞こえなくて、話が分からないのが、致命的でした。雰囲気はいい具合に出ていたのですが。
少女と叫ぶ (早稲田)
キャラが毎年、かわいくなってます。ところで、たまには、予想を大きく裏切る部分が、あってもいいんじゃないかと思いました。
ナス帝国VSマンゴーロボ (早稲田)
なんだろう。妙な迫力が…。中身なかったけどw
放課後ラジエーション (中央)
よく練られた、とてもいい話なんだけど、あのオタ顔でやられても…(笑)。
房総戦士ニシチバレッドショー (千葉)
こっちは、「ロリ一ぶ」ですか。その発想はなかったわ。西千葉がキャンパスの最寄り駅ってことを、最初に提示しておけばもっとよかったと思います。
posted by 堤朋之 at 23:19 | Comment(0) | アニメ自主制作

2009年12月23日

サラダをおいしく作る方法

貧乏なので、最近、自炊をしています。いや、生協で冷凍食品買うだけなんですけど…。

サラダをおいしく作る

作るっていうか、生協で買った100円パックサラダをおいしくする方法。
家庭科オンチには、野菜を切って盛り付けるような高等技術はないので…。

で、粉チーズをさっと一振り。これだけで高級感満点。味も歯ざわりも違います。 使う量が少ないので、お金もかかりません。

辛いソースを作る

チリソースとか買うと、いつの間にか賞味期限切れ。基本食材だけで何とかしましょう。そこで、ケチャップの出番。
チリペッパー粉を混ぜるだけです。(普通のスーパーでスパイスの棚に並んでいます。)
148円の冷凍フライドポテトと一緒にどうぞ。

私は、チリペッパー常備ですが、もしかすると、一味唐辛子(※)も使えるかもしれません。但し、実験していないので、失敗しても悪しからず…。

これ以外にも、粉物と液体の混合物は、結構、応用が効きます。醤油+唐辛子とか。

(※) 七味=和風の混ぜ物がある, 一味=純粋に唐辛子だけ

見栄えをよくする

予想外に便利なのが、粉パセリ。(こちらもスパイスの棚。)
料理の色を見て、緑が少ないと思ったら、問答無用で即パセリ。美味しそうに見えます。
要するに、パセリは着色料と思えばいいわけです。

その他

最近マイブームなのが、300円ピザ。冷蔵庫常備のため、最近は、親が気をきかせて、買ってきてくれるまでになりました。
そして、100円冷凍たこ焼きですよ。ソースなしでも美味しく頂けます。
あと、最近知ったのが、インスタントコーヒーの値段の高さ。なので、AGFのスティックタイプのキャラメルラテや、抹茶ラテをよく飲んでます。先日、138円だったので、まとめ買いしました。コーヒーより美味しいし。

ごはん

生協は、会員証を作るのが億劫で使っていなかったのですが、宝の山でした。

タグ(工事中): グルメ 生活の知恵
posted by 堤朋之 at 00:52 | Comment(0) | 買い物など

2009年12月14日

歌い納め

最近、カラオケで、プレミアDAMの精密採点2にハマってます。

とりあえず、音程80点総合80点が目標だったんですが、今日、「ウンディーネ」で81点/81点が出ました。
最初、この曲は難しいから無理だと思ってたんですが、練習すれば、何とでもなるもんですね。

あと、今日は、高得点連発で、エスカフローネOPと、ぴちぴちピッチOP1で、音程86点叩き出しました。(真恋姫のEDは、採点のバー見ると笑えます。初見で音程84点出ました。)
練習中の曲は音程・総合70点台後半がほぼコンスタントに出て、音程だけなら80以上も普通です。

前回は、75点前後が普通だったし、80点超えなど、1〜2曲がいいとこでした。リモコンが新型になってたので、機材の条件がよくなったのか。それとも、前日に、「ウンディーネ」をキーボードで耳コピしていたので、音感が一時的にあがったのか。

「ウンディーネ」の攻略ですが、問題は出だしです。オケの音量が小さい上に、拍子が特殊(通して6/8ではあるが、3拍子的部分と2拍子的性格の部分がある)です。とにかく、手でリズムを取ること。あと、出だしは柔らかい声で歌って音量を抑えること。あと、牧野由依さんの声は、雰囲気を楽しむ声であって、明瞭な輪郭が頭に残るタイプではないので、ピアノなどで音取りをしておくこと。

腹式発声が目下の課題。呼吸はできるんですが、発声時に確実に出ません。総合点と聴き心地に大きな影響があるので、何とかしなければいけません。

カラオケ店の通常料金が、今週木曜日までなので、今年はこれで歌い納めです。
80点台コンスタントにすることと、人がまともに聴ける歌にする(笑)のは、来年ですね。

posted by 堤朋之 at 23:33 | Comment(0) | その他の話題

2009年12月13日

電線

さっき、お隣さんが、「電線が垂れ下がってます」って言ってこられたので、見てみたら、結構遠くにある電柱から、自宅まで、よく分からない線がぶら下がっているのです。

この距離頑張るかな?って位の長距離で、ご近所数件の自動車が出せない状態。子供も遊んでいるし、かなりヤバめ。ご近所総出の大騒ぎです。

お隣さんが、とりあえず、電力会社に連絡。
それと並行して、家の中の配線を確認すると、どうも、ケーブルテレビらしい模様。ケーブルテレビ局にも連絡します。

先に、電力会社の方が到着したのですが、やっぱり、ケーブルテレビとのこと。管轄外でしたが、垂れ下がり解消のための応急処置をして頂きました。

その後、ケーブルテレビの方が到着。すごいです。何と言うか…はしご車です。車両誘導の方もいらっしゃいます。
自宅の引き込み口の木が腐っていて、かなり難工事らしいとのこと。
家の前に、電柱あるじゃん!! と思ったのですが、タップの数に制限があったり、契約したり、いろいろあるらしいのです。

別の日に、家の前の電柱から、補助の線を出す工事をして頂ける予定です。
一応、引き込み口までは、電力会社やケーブル会社の管轄なので、お金がかからなかったのは、助かりました。

しかし、電線とか、普段気にしないからなぁ…。
電気ガス水道の全部、家の前の電柱から来てると思い込んでたし。電柱と街灯が別になっていることさえ、今まで不思議に思わなかったし。
上が電気で下が電話とか、NTT柱や東京電力柱があるとか、電柱の上のポリバケツで100Vに下げているとか、結構知識はあると思っていたので、ショックでした。自分の無知を思い知らされました。

posted by 堤朋之 at 16:33 | Comment(0) | 日記

2009年12月10日

リトルワールドへ行ってきました(2)

テーマパークのように感じますが、実は博物館。
まず、コンクリート作りの安物ではなく、きちんと現地の状態に合わせて造られていますので、リアリティー満点です。
また、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米と、人気のあるなしに関わらず、あらゆる家屋が集められており、思いがけない建築に出会うことができます。エスニック感覚と、メルヘン感覚、両方満足させてくれます。

そして、ほとんどの民家には入ることができます。
スペインの領主の家や、イヌイットの家などは圧巻でした。また、破棄される予定で立てられた焼畑民の家屋の貧相さにも驚きましたし、アフリカの迷路みたいな土住宅にも感動しました。

もっとも、博物館スタイルは退屈かもしれませんし、アトラクションも食事とコスプレ写真館、お土産屋程度では、不満に感じるかもしれません。しかし、こういうのが好きな人にとっては、是非とも一度は訪れたい場所です。 汚れてもいい服装で行って下さい。まあ、普通の人は、土住宅の中に入ったりしないだろうけど…。

リトルワールド(3) リトルワールド(4)

帰りのバスが、道を間違えて、Uターンをしてくれました。さすが魔境。

タグ(工事中): 旅行記
posted by 堤朋之 at 03:05 | Comment(0) | 旅行・鉄道

リトルワールドへ行ってきました(1)

長浜の記事と同じく、1年前に書いたやつです。(1年前の話なのに「行ってきました」はないと思う…。)

前から、妙に気になっていた、愛知県の野外民族博物館『リトルワールド』、機会があったので、行ってみることにしました。

何というか、秘境にあります。愛知と岐阜の間ぐらいの。

事前に情報収集不足で、バスの時間も分からないまま犬山駅に。
普段は、30分おきにバスが出ているようですが、たまたま、1時間おきの時間帯に当たってしまいました。駅の観光センターのパンフを見たら、犬山市には、犬山城やからくり博物館もあるようでしたが、どれも駅から遠く、結局、マクドで時間をつぶす羽目になりました。
バスは、名古屋駅からも出ていて、おそらく運賃も安いので、そちらを使った方がいいかもしれません。

で、到着したわけです。
来るまでは、ちょっとした公園に、民家が数軒点在している程度だと思っていたのですが、大違い。広い敷地に、世界各国の民家が、村単位で再現されています。一周2km以上の敷地内にはバスも走っています。
都合で、見学時間を2時間30分しか取れませんでした。これで、ぎりぎりやっと屋外展示を全制覇。本来なら、丸一日いてもよかったと思います。
あと、園内では、バス以外に乗り物券のようなものがなく、入場1600円プラス1000円程度で済んでしまうのには助かりました。

リトルワールド(1) リトルワールド(2)
タグ(工事中): 旅行記
posted by 堤朋之 at 03:05 | Comment(0) | 旅行・鉄道

長浜観光とびわ湖クルーズ(3)

長浜城

長浜城歴史博物館

長浜城は、昭和になってから再建されたものです。中は博物館になっています。

慶雲館

明治天皇の行幸の際の休憩所として作られた建物です。
パスポートの券が1枚余っていたので、あまり期待せずに行ったのですが、実は隠れたまったりスポット。日が沈みかけてから、土産物の大荷物持って乗り込んだのは、大失敗。
大きくはありませんが、非常に見事な庭園がありました。昔はここから、琵琶湖と、伊吹山が見えたとのこと。

マクドナルド

やっぱり、ここまで来たら、食事はマックと相場が決まってる。そういえば、関西圏のマクド、来たの初めてのような気がする。で、朝10時からなんだな…。アイスティーもないし。

まとめ

鉄道ファンだったため、いつかは行きたいと思っていたのですが、正直、期待はしていませんでした。
ところが、実際に行ってみると、非常に見所の多い町でした。その証拠に、観光客も数多くいました。
ただこれは、元々観光資源が豊富だったためではないでしょう。
地元の方々が町の魅力をきちんと発掘をして、博物館を誘致したり、周遊バスを走らせたり、町並みを保存したり、その他、体制を整え、観光に耐えられる町を作り上げたからこそ、観光地たる資格を得たのではないでしょうか。
町づくりのひとつの成功例として、非常に興味を覚えました。また、観光地がどのように形成されていくのかを肌で感じられ、いい経験となりました。

長浜市内(1) 長浜市内(2)
タグ(工事中): 旅行記
posted by 堤朋之 at 03:03 | Comment(0) | 旅行・鉄道

長浜観光とびわ湖クルーズ(2)

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁

ネタとして…。ネタ以外に行く理由ないし…。
入り口のケンシロウ(北斗の拳)が目印。
入館料が800円しますので、長浜浪漫パスポートの利用がおすすめですが、パスポートだと、入館記念品がもらえないという諸刃の刃。
有料でフィギュアの教室があり、簡単なジオラマ作成をさせてもらいました。台座に物を接着剤でつけて、色塗るだけですので、簡単です。制作のコツを教えて頂いたので、箱に入りっぱなしの、我が家のフィギュアも生き返ってくれるでしょう。
今回のは、急いで作ったので、物はひどいです。持って帰る途中で、予想通り、接着剤取れましたし。

竹生島クルーズ

今回の目玉、琵琶湖クルーズです。長浜、今津、彦根などを、船が結んでいますが、フェリー会社の関係もあり、他の町へは行かず、長浜と竹生島を往復することにしました。長浜浪漫パスポート提示で、2690円。
で、観光船、ものすごいスピードなので、船尾のデッキに出ると、本当に気分爽快です。高かったですが、乗ってよかったです。

竹生島クルーズ船 竹生島

竹生島では、お寺と神社を拝観。て、いうか、お寺と神社しかないので。
本日の結果、小吉。

posted by 堤朋之 at 03:02 | Comment(0) | 旅行・鉄道

長浜観光とびわ湖クルーズ(1)

1年前に上げ忘れていた記事が出てきました…。このブログ的によくあることとはいえ、さすがに1年前ってのは…(汗)。

滋賀県の、長浜市に行ってきました。琵琶湖の東岸にあります。

戦国時代には、浅井氏や豊臣秀吉の居城があり、近くでは、姉川の戦いなどが行われました。(ちなみに、長浜の「長」は、織田信長の「長」にちなんで、秀吉がつけたもの。) また、当時は国友鉄砲といって、鉄砲の一大生産地でした。
明治時代に、東海道本線から琵琶湖の連絡船への乗り換えるための港があり、鉄道史上、重要な都市でもあります。

現地の状況は、事前に調べずに行ったのですが、観光に非常に力を入れている町なので、全く困ることはありませんでした。 駅前にボランティアさんが立っていらして、地図を頂きました。また、「長浜浪漫パスポート」にも助けられました。1000円でクーポンや入館券(10館中の4館無料)、観光バス利用券が入っており、各施設で手に入ります。

長浜鉄道スクエア

長浜駅ですが、普通の駅舎でした。鉄道記念物の駅舎は現役だと勘違いしていたので、ちょっと残念でした。
その代わり、長浜の旧駅舎を利用して、鉄道関係の博物館が作られています。ED70とD51が展示されています。ED70…。マイナーすぎる…。

長浜鉄道スクエア
タグ(工事中): 鉄道 旅行記 名古屋近郊旅行
posted by 堤朋之 at 03:01 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2009年12月09日

関数型言語 Haskell

ここ1週間ほど、Haskell(ハスケル)という言語をやってます。
普段使うようなC、Java、Perlなどの手続き型言語と違って、関数型言語です。

私が一番Haskellだなと思うのが、次のようなコード。 ほとんど数学の定義式そのまま。数列も、無限に長いまま扱います。

--k番目のフィボナッチ数--
fibo::Int->Int --この行は int fibo(int) の意味--
fibo 0     = 1
fibo 1     = 1
fibo (k+2) = fibo(k) + fibo(k+1)

--無限に長いフィボナッチ数列--
fibos::[Int]
fibos = [fibo k|k<-[0..]] --{fibo(k)|k∈正整数}の意味--

フィボナッチ数10個表示は、次のように打ち込みます。

> take 10 fibos

別パラダイムの言語に触れるのって、かなり刺激になりますね。今まで、Pythonのリスト内包表記あたりを関数型と思ってたんですが、純粋な関数型は全く別物です。
組む際には、手続き型から関数型に、考え方自体を完全に切り替えないといけません。手続き脳のままでも、それなりに組めてしまうのですが、きれいなコードになりません。

使ったのは、最近出た『プログラミング Haskell』(Graham Hutton著,山本和彦訳,オーム社)という本。これ以外に、オライリーから分厚い本が出ていたのですが、絶対消化不良にする自信があったので、薄い本にしました。
大学の教科書用らしくて、手取り足取りではないのですが、2〜3回繰り返して読んでると何となく分かってくるという感じの本です。

Haskellにそんなに実用性を感じないので、そんなに深入りするつもりもないんですが、ネットとか見てると、グラフィックとかデータベースとか、色んなことが出来るらしいので、案外便利なのかもしれません。

ここ1週間に試行錯誤しながら書いたコードを、何となく晒しておきます。汚いので、参考にしてはいけません。

posted by 堤朋之 at 02:35 | Comment(0) | コンピュータ

2009年12月08日

ミラクル☆トレイン#9はひどいと思う

先週の(男達のミラクル☆トレイン)なんですが、男性から見ると、キャラクターの言動に、ちょっとデリカシーがないと思います。

男性ファンも意外と多いんですが…。人によっては、都庁さんや新宿さんあたりを嫌いになってしまったのではないでしょうか。

突き放した言動も、最後、友情話か何かでまとめてくれるのなら分かります。しかし今回はただ単に、シナリオが雑なだけ。呆れました。もっと、キャラクターを大事にして下さいとしか。

本来は、男性客が誤乗したら、カップリング作る位の勢いでもいいと思うんですけどね…。
いずれにせよ、#9は見なかったことにしておきます。

で、今週の#10(大江戸線にほえろ!)は、いつも通りの面白さで安心。昔、『鉄1』という神クソゲーがあったんですが、アレを思い出させてくれますw

posted by 堤朋之 at 22:49 | Comment(0) | アニメーション