2009年10月31日

石丸電器のポイントカードの残高失効

石丸電器のポイントカード「アイアイカード」が、11月3日で取り扱い中止になるそうです。
そして、クレジットへ継続する場合を除いて、溜まっているポイントが使えなくなるとのことです。

自分の分は、ゼロにしたのですが、母親の分が残っていることに気づきました。
カードは受け取りましたが、あと3日で使いきらなければなりません。一体、いくら残っているのかも不明。母としては、DVDプレーヤーが欲しいそうですが…。

新システムでは、クレジットだったり、年会費が必要だったり、かなり微妙です。特に、秋葉原のCD/DVDコーナー使っていた層とかを、ピンポイントで狙い撃ちするような設定ですし、大丈夫なんですかね。

posted by 堤朋之 at 18:05 | Comment(0) | 日記

神戸大学生のホームレス襲撃映像に思う

神戸大のとある学生が、ホームレスを襲撃した様子を、ビデオに収め、mixiに投稿していたそうです。(ニュース映像)
(一応、映像のホームレスは、学生の友人が扮したものという話にはなっていますが、本当に信じていいのかは分かりません。たとえ誰であれ、暴行を行なっていることは確かです。)

残念ながら、ホームレスを社会のクズ呼ばわりする人間が、近年になって、後を絶ちません。
東大法卒でNEETやってる私が言いますが、今の日本人の中で、ホームレスに転落しないことを保証されている人なんて、一人もいませんよ?
いや、それ以前の話、自分がなる可能性ゼロであっても、こんなことしちゃ、<人間として>最悪でしょう。

どうも、最近のネットでは、「弱いものいじめ」が流行っているように見えます。いや、「弱いものいじめ」という言葉が死語になってるんでしょうか。―「弱いものいじめ」の流行が、彼を「弱いものいじめ」に駆り立てる。バツの悪いことに、mixiの彼を集団になって叩くのも、またある種の「弱いものいじめ」の反映。
インターネット時代なので、外国の方にも、日本社会のグダグダ感、リアルタイムで丸見えです!! もっとデッカイ志を持った人はいないのでしょうか。

ちなみに、横浜では1980年代に、中学生による凄惨な事件が起こってます。(横浜浮浪者襲撃殺人事件) 当時と比べて、今はどうなのでしょう。社会の力量が試されています。

あと、テレビで「神大」って言ってたけど、横浜で神大っていったら、まが うことなく、神奈川大学なんだよ!!

posted by 堤朋之 at 05:54 | Comment(0) | 社会

2009年10月30日

103円

麦茶103円

20年前を思い出す、価格設定です。(昔は3%だったのよ。)

98円+税5%のつもりなんでしょう。
でも、税込み表示するなら、お手頃価格の演出にならないんだから、98円にする意味ないような。

posted by 堤朋之 at 23:20 | Comment(0) | 日記

2009年10月27日

作った曲の自己評価

ちゃんと人に聴かせるための曲、真面目に作ったのは初めてなので、かなり勉強になりました。

歌詞

1年前に考え始めたアイデアを相当粘ったんですが、なんか、読むと、意味不明なわけです。
フレーズを先に決めて、それを無理矢理押し込んだからいけなかったんですね。脚本と同じように、最初に箱書きみたいなものを作るといいかもしれません。

アレンジ

今回、コードを確実に取れたのが、勝利の要因だと思います。コードさえ決まってしまえば、後は適当にバラして音符打ち込むだけだったので、楽でした。
打ち込み、キーボードでやろうとしたのですが、演奏が下手すぎて失敗。MML(音楽用のスクリプト言語)で打ち込んだデータをそのまま利用。
自作のMMLソフトに、泥縄式で、新文法を追加していくという、絶妙な制作スタイルでした。

ボーカロイドのチューニング

コツさえ掴めば、意外と簡単でした。正確に喋らせる→自然に喋らせる(曲全体の声色→部分ごとの抑揚→一音一音の調整)の段取りで、チューニングしていけばいいのです。
音符を流し込んだままでも、それなりに歌ってくれるので、不正確・不自然な部分にだけ、調整を加えるだけで済みます。厚化粧厳禁。

ミキシング

今回、一番失敗したもの。伴奏のMIDIデータは、慣れているので、最良のバランスに出来たのですが、マスタリングまでの段階で、ぐちゃぐちゃになってしまいました。WAVEの段階で、歌・伴奏・間奏ギターの3トラックにしか分けなかったのは、手抜きだったかな。
歌とMIDIのタイミング、丁寧に合わせたつもりなんですが、繰り返し聴くと、まだずれているような気がしてなりません。
一番困ったのは、音圧上げです。あまりコンプレッサーをかけたくなかったのですが、最後は、ノイズ上等の合成調味料な音になってしまいました。それでも、市販CDに比べると、音圧が全然足りません。
ところで、イコライザーと、リバーブ、不要と判断したのですが、それで正しかったのかどうか。

そんなこんなで

最初、粘っておくと、次回から楽になると思ったので、徹底的に練りこみました。ミキシングも3回やり直す羽目になりましたが、結果的には良かったかなと。

大した物が出来ると思っていなかったのですが、予想以上の仕上がりになりました。
それでも、他の方のデータと比べてしまうと、ひどいものです。これがスタート地点になるんでしょうかね。

ニコニコ動画用の映像、どうしようか、検討中。
折角、自主制作やってんだから、静止画は避けたいところ。

posted by 堤朋之 at 22:50 | Comment(0) | アニメ自主制作

初音ミク曲、完成しました(恥ずかしいポエム付きw)

ボーカロイド曲、記念すべき、第1作目です。
自主制作アニメ「研連!ナンパ!大作戦!!」のエンディング作った時にボツにした奴を、復活させました。顔に似合わず、クリスマスソングですよ。

上のプレーヤー、ピアプロ(初音ミク出してる会社がやってるSNS)から借りてるのですが、妙に音が悪いです。

mp3形式でダウンロード/再生 (3.12MB,3分25秒)

Starry, Holy Night
歌:初音ミク 作詞・作曲・編曲:堤朋之

零れ落ちても 不思議じゃないよ…

透き通った空に あふれた星明かり 零れ落ちるのが見えた
さざめく 北風に たゆたう イルミネーション
私の行く手 さえぎる

やっと気づいた 帰りつく場所

そう 季節はずれの 織姫になって
二人を 切り裂いた 光の渦渡って
会いたいよ 会いたいよ 融けた心 光り出す

一年前の涙 空にのぼって 冷たく光り出したけど
凍っていた時間 焼き尽くされず 今 この手に降りそそぐ

全てを融かす 優しい温度

高鳴った鼓動とジングルのハーモニー
じっと見上げた視線 受け止めた あなたの目
離さない 離さない ずっと 世界 このままで

ガラス色の夜空…

そう 涙はきっと 琥珀のように 願いを封じ込めて
積もった想い 積もった時間 届ける…
<<Starry, Holy Night>>

涙はきっと 涙はきっと 綿色に降り積もる
零れ落ちても 不思議じゃないよ ガラス色の夜空

零れ落ちても 不思議じゃないよ Ah…

もうね、テラワロスとしか…。

posted by 堤朋之 at 22:43 | Comment(0) | アニメ自主制作

2009年10月25日

参院補選にわざわざ行ってきた

参議院議員の補欠選挙だったので、わざわざ、投票行ってきましたよ。

今回は、浅尾慶一郎氏の失職分だけ。本当に「わざわざ」って感じ。
投票所では、本当に1ブースだけ。受付→受取→記入→投票って感じ。来てたのはお年寄りぐらいなもんで、人もまばらでした。

浅尾氏は、参議院議員だったのですが、この前の衆議院総選挙の際、立候補したので、参議院議員を辞めることになったのです。
しかし、任期途中でほっぽり出して、わざわざ鞍替えする理由が、説明されていません。
更に理解不能なのは、なぜ、選挙に都合がいいように、時機を見計らって辞任しなかったのかということ。

「参議院より衆議院がよかった」だけじゃ、子供の論理でしょうに。任期途中で、仕事ほっぽり出すなんて、前回投票時の有権者を馬鹿にしています。
衆議院立候補時の公認まわりのゴタゴタ引き起こして、民主党を離党はしたものの、「みんなの党」として、議員当選しています。国会議員を続けるなら、もう少し、責任感を持ってもらいたいもの。

同様の事例として、同じく民主党の中田宏氏(国会議員→横浜市長)というケースがありましたが、あの時は、きちんと理由が説明されました。しかし、市長の任期途中で、愛人だかY150だか知りませんが、逃亡。
タガの緩みは、似たようなもんです。

一番、貧乏くじを引いたのは、折角の休日に引っ張り出された、受付・立会い・開票の方々かもしれません。お疲れ様でした。

posted by 堤朋之 at 22:27 | Comment(0) | 社会

2009年10月24日

ギター、カラオケ、みっくみく

最近、音楽三昧です。

予定通り、ギターは、3日で放り出しました。

で、次にカラオケブームが到来したわけです。
ことはしばらく前に遡ります。自分の声、どんなんだろう? と、思って、録音したのですが、それが物凄く音痴なのです。カラオケボックスで聴くと、別に何ともないんですが、自分の部屋で冷静な時に聴くと、かなり鬱になります。
そんで、しばらく、ヒトカラ(一人カラオケ)で、練習を続けてたわけです。
音域が異常に狭かったのに気づき、普通レベルにまで上げたので、これでもう好きな曲を歌えます。まだ、正しい発声方法が身についていないので、やっぱり音痴なんですが。

そして、カラオケブームが、2週間ぐらいで終焉を迎え、現在、ボーカロイドブームです。
曲、一曲作りました。伴奏が完成して、今、声の方のチューニング中です。
最初、巡音ルカ用に作ったのですが、初音ミクに歌わせた方が、音域的に合うことが判明し、ミクでいくことに。
一曲作ってみて、わかったこと。初音ミクはどんな曲でも歌える優等生だが、どれもそこそこ。巡音ルカは曲の守備範囲は狭いが、鳥肌が立つような素晴らしい歌声を聴かせてくれる。

この曲が完成したら、次は、ルカ用に何か作ろうと考えてます。
いや、ボカロブームがあと何日続くかが、一番の問題なわけですけど。

posted by 堤朋之 at 16:27 | Comment(0) | アニメ自主制作

2009年10月16日

キルミンずぅ、たまりません。
こんなに萌え氏んだのは、久しぶりです。
タイ語の本、買って来にゃくては。

一方、許せないのは、なのはA's(再)。
俺の知ってるなのはタンは、こんな幼児じゃない!!

posted by 堤朋之 at 00:33 | Comment(0) | アニメーション

2009年10月11日

あれが!デネブ!!アルタイル!!!ベガ!!!!

やっと見つけた織姫様…。

バナナ

なんか、この季節まで出てるんだね。しかも、空一番高く。日が暮れるのが早いせいかな。
もう、曇っちゃったんで、見えないけどさ。

妙に晴れてたので、どっか逝った方がいいかな〜って、大船のフラワーセンター逝ったのです。
先日の台風のせいか、花がしおれ気味で、バナナのかたまりだけ見て、すごすごと帰ってきたわけですよ。


posted by 堤朋之 at 20:35 | Comment(0) | 日記