2008年10月20日

ハードディスクレコーダ

9月27日のことですが、出張前日に、急いでハードディスクレコーダを購入しました。
最初、ビデオデッキでやり繰りするつもりだったのですが、会社の人が、レコーダ買うよう、強く勧めてくれたので。

お店では、ブルーレイ全盛でしたが、お金がないので、安めの現行DVDということで。
東芝のVARDIA S502。HDD500GB内蔵で、ハイビジョン録画可能。ビックカメラの有楽町で、巨人なんとかセールをやっていて、67,800円で平積みになっていました。
東芝は、HD-DVD陣営からの乗り換え組のせいか、まだ現行DVDに力を入れているようでした。4時間弱録れるという、DVD-Rの2層ディスクを、おまけにつけてくれました。

買って正解でした。
テープ入れ替えが不要、画質はS-VHS標準モード以上、見たい時にすぐに頭出し可能、テープ不要なので部屋が片付く、といいことづくめ。お陰様で、アニメをきちんと見る生活に戻ることができました。

で、携帯電話のワンセグと並び、我が家にも地デジがやってきたわけです。B-CASカード挿入を3週間拒み続けましたが、裏番組録画のためにデジタルチューナが必要になったので、昨日、挿してしまったわけです。こんなんでも、世帯普及率に数えられてるんだろうなぁ…。
まぁ、画質は確かに綺麗。コピーコントロール等の問題はあるものの、これなら使ってもいいかも。

さて、一方の、S-VHSテープですが、もう、大型量販店でしか売っていませんでした。その大型量販店でも、Victorの2本パックしか、置いてありません。普通のVHSはまだ健在ですが、それでもなぜか、ちょっと寂しい気持ちになりました。

最後のS-VHSテープ
posted by 堤朋之 at 11:42 | Comment(0) | 買い物など

2008年10月期アニメ新番組感想(たぶん第一弾)

昨日までに見た分。一行感想程度。

夜桜四重奏
BGMなどの音付けにセンスが感じられます。
テイルズ オブ ジ アビス
これはいいメイドさんアニメという感想を真っ先に持った。
とらドラ!
虎とドラゴンってことね。ツンデレアニメの中でも、リアリティーがあって、非常にいいツンデレ。
今日の5の2
「みなみけ」流のテイストが、非常にいい感じ。
ヒャッコ!
1話見た限りでは判断つきかねる。可もなく不可もなく、普通といったところ。
美肌一族
何もない所からこの作品を生み出したのなら、センスに最大限の賞賛を送ったところですが、美肌の通販番組という枠組みが先にあったのなら、別に普通の評価です。
のらみみ2
ラストでちょっとだけ感動するところが、この作品の魅力だったような気がするのだけど。
ef - a tale of melodies.
前作では、「記憶」をテーマに話がまとまっていたけど、今回は、1話見た限りでは、物語の芯になる部分が弱いように思う。
とある魔術の禁書目録
冬研連のネタに使わせていただきます。
CLANNAD 〜AFTER STORY〜
折角のアフターストーリーなんだから、もっと徹底的に力を抜いて見られる話もあるといいと思った。作品の雰囲気上、バカ話にするにも限界があるかもしれないけど。
黒執事
この手の作品って、話ひねって、頓知利かせてナンボだと思う。あと、「上から目線」で物語作るんなら、それなりの力量を身につけてからにした方がいいと思った。
まかでみ・WAっしょい!
悪い意味での、同人感覚、自主制作感覚。頭一つ飛びぬけたセンスがあるなら、それでも許されるだろうけど、そうでないなら、早めに頭切り替えた方がいいと思う。
かんなぎ(2話から)
作画が不自然だったり、カメラワークがセオリー外してたり。が見終わってみると、なんか、おもしろい。理由が分からんがおもしろい。要するにおもしろい。
ケメコデラックス!
なんか、このゲフィンアニメが、ARIAと同じ製作会社ってのが、気に食わない。
純情ロマンチカ2
また、親の目を気にしながら見なきゃいけないのか…。「鈴木さん」は、既にネタとして機能してないと思う。
posted by 堤朋之 at 11:40 | Comment(0) | アニメーション

CDまとめがい

土曜、秋葉原の石丸電器のアニメCDコーナー行ったのですが、なんか、廃盤になっていたのだとばかり思っていたCDが、大量に並んでいました。プラネテス、ブラックラグーン、NANA、ハガレン、吉永さん家のガーゴイル、その他もろもろ。10枚で、16000円程度使ってしまいました。ひだまりEDを除いて、9枚とも、在庫現品限りのようでした。

最近は、CDの回転スピードが早く、数ヵ月後にお店に行っても手に入らないことが多く、困っていました。しかし、再放送やネット配信などの盛況で、作品の賞味期間が長くなってきているような予感がします。もし、作品使い捨てから、流れが変わってきているのだとしたら、嬉しいことです。

「燃える!お兄さん」という80年代アニメのOP曲も手に入りました。80年代ですから、「萌える!お兄ちゃん」じゃなくって、「燃える!お兄さん」です。

posted by 堤朋之 at 11:37 | Comment(0) | 買い物など

2008年10月03日

大垣夜行待ち

23時19分発、上り大垣夜行までの時間つぶしに、ネットカフェに来ています。(最近のナウな若者は「ムーンライトながら」ともいう。)
「IT-CAT」というネットカフェです。部屋が広いし、小さいながらロッカーは借りられるし、入会金かからないし(1h400円 3h800円 参考まで)、と結構使いやすいです。

ドアが透明なので着替えができない、シャワーがなさげ、と旅行客には不便な面もありますが、大垣で23時まで粘れるのはここだけでしょう。
大垣駅から、線路方向へ岐阜方面。大垣ロックシティをめざせばOK。

しかし、駅から遠いのなんの。キャリーバッグ引いて、20分はないだろうと。パトラッシュ、もう、疲れたお。

posted by 堤朋之 at 22:44 | Comment(0) | 旅行・鉄道

2008年10月02日

またまた出張ですが…

しかも、1ヶ月ぐらいの。土日は帰るので、実質、5日間×数回ですが。

日曜日の夕方に出たのですが、土曜まで忙しく、時刻を調べる暇がありません。無事に大垣までたどりつけるか、ヒヤヒヤもんでした。だって、ルートが。

  • 17:08 山王下バス停
  • 17:36 保土ヶ谷 → 17:51頃 大船 (横須賀線)
  • 17:59 大船 → 18:39 小田原 (東海道線)
  • 19:07 小田原 → 20:42頃 豊橋 (新幹線こだま)
  • 21:02 豊橋 → 22:17 名鉄岐阜 (名鉄線)
  • 22:50 岐阜 → 23:01頃 大垣 (東海道線)

こだま号、30分おきぐらいにしか、来ません。その上、通過待ちのために、駅で長時間停車を繰り返すし、あまり使うもんじゃないですね。
浜松過ぎると、だれもいない…さいたまするなら、今のうち。(本当は、1人寝てらした。)

こだま車内 大垣城 運河 明治期の灯台

大垣は、大垣城、運河、そういったところが見所のようです。

ホテルで、中国からの旅行客に、窓の閉め方について聞かれました。言葉まったく通じないまま、身振り手振りで乗り切りましたが、最低限の挨拶ぐらい、ちゃんと勉強しとけばよかったと、反省しきり。

posted by 堤朋之 at 22:40 | Comment(0) | 旅行・鉄道