2008年04月24日

光市母子殺害事件のこと

個別事件についての意見は書かないつもりだったんですが、あまりにも報道が過熱しているので、一言。

この事件、ある家庭の妻と子が、少年によって殺された事件ですが、その際、夫が、メディアを通じて声を上げたことで、世間の注目を集めるようになりました。地裁で無期懲役、高裁で無期懲役、検察側上告に対し最高裁では破棄差戻(高裁で再審理ということ)、高裁死刑です。

本来、司法は静謐な環境の下で行なわれなければならず、異常報道の影響下で出た死刑判決は、素直に信じられません。
勿論、死刑が妥当か、無期判決が妥当かは、事案についての直接知識もなく、報道のバイアスの影響を受けた私には、決して論じられるものではなく、その点の判断は保留の上です。

さて、このような奇妙な状況を引き起こしたのは、加害者の落ち度でも、被害者の落ち度でもなく、全て、マスコミの責任でしょう。(ここでいうマスコミには、新聞・テレビだけではなく、ゴシップ週刊誌、知識人の軽率発言も含みます。最近では、「ネット論壇」の責任も大きいかと思いますが。)
私がマスコミについて特に許せないと思うのは、次の二点です。

まず、マスコミを利用しようとした、被害者の夫についてですが、その態度を責めるわけにはいきません。あれだけの事件を引き起こされて、何もせず黙っていろというのは、酷です。一方、マスコミは、第三者的立場にあったわけで、更に専門家的立場にあるのですから、夫側のこの主張が適切かどうか評価の上で、センセーショナリズムを煽らないような、適切な報道をすべきであったはずです。もし、被害者の言い分がもっともと思うなら、個別事例ではなく、ワンクッションを置いて、「少年事件について現状の量刑のままでよいか?」という社会問題に還元してから報道すべきでした。
もう一つ許せないのは、夫のみならず、妻と子の名前を、実名報道で行なっている点です。今回は、事件が特殊であるため、本来は、匿名で報道すべき事件です。しかし、夫が、それでは世間の注目を集めないからと、実名報道を希望しました。この場合、夫の言いなりにならず、マスコミ側の責任で判断して、実名掲載にストップをかけるべきでした。

被害者の夫ですが、犯罪被害者の地位向上のために尽力され、成果を出しています。しかし、犯罪被害者支援と、具体的事件の加害者糾弾とは、全く別の問題であることは強調しておきます。
それにしても、なぜここまで大々的に報道される必要があるのか、私の小さな頭では全く理解不能です。お茶の間で、人が殺されたことを見て楽しみ、人を死刑にして楽しむような殺伐社会になりつつあるとしたら、正直、吐き気を覚えます。

タグ(工事中): 法律 社会問題 マスメディア
posted by 堤朋之 at 01:54 | Comment(0) | 社会

2008年04月20日

新歓コンパ2008

昨日、アニメ研のコンパに逝ってきましたよ。6:00〜8:00まで、モーパラ。
新入生大杉でした。なんとか全員入りましたが、お箸やらグラスやらが足りず、大変でした。ご飯が回ってこないので、食べ放題なのに、満腹感が微妙になかったのです。そろそろ、会員の人数が限界に来ているのかねぇ。
新入生自己紹介(+新社会人自己紹介)は、7:00から開始したので、スムーズでした。まさか、「正社員島耕作」ネタがあんなにウケるとはねぇ…。

二次会はルノアール。こちらも全員入りきらず。二軒あるルノアールのうち、もう一軒がつぶれたらしく、人を分散することもできません。一部はゲーセンへ行ってくれました。きちんと、喫茶店を探しておかないとダメだなぁ…。
08生が2人で、OBが2人という、微妙なテーブル構成はどうよ? と思う。将来の進路の話とか。新入生は夢があっていいなぁ。

で、数年ぶりに徹カラですよ。ナイトパックの開始時間が、23時ではなく、午前0時になってました。
ありむーは、ヘタレなことに、お金ないとか帰っちまうし。で、15人くらいの部屋と、25人くらいの部屋に分散。

数年のブランクがどうかというと…。
アニソン冊子が、物凄い厚さになってました。あと、曲の入力用として、タッチパネル方式のリモコンが置いてありました。USB端子とマイク端子、ヘッドホン端子がついてたんたけど、何に使うんだろう?
歌えない曲が多いです。一度は耳にしたことがあるはずの曲なのに、歌えないというのが結構な数。ローゼンやギアスすら歌えなかったってのはなぁ…。 もっとも、たまに古い曲も入るので、なんとかなりましたが。
Caramelldansen」という曲が、ニコ動の関係で流行っているようです。私の世代で、スウェーデン語のネタFlashというと、「Hatten ar din」なんだけど。(参考―わかりやすいHattenの話)
空気読まずに、スピラーレとBLUE BLUE WAVEをゲリラ入力。BLUE BLUE WAVE(ARIA The NATURALのゲームのCMでかかってる曲)ですが、誰も歌えないかと思ってたら、ゲームソングの括りとして、OKだったのね。

8時終了。10時帰宅。横浜のすき家で、朝食食べながら寝そうになってしまいました。ここ数日、朝に起床、夜に就寝という、ありえない生活を送っていたせいか、眠くて眠くて仕方がありません。

posted by 堤朋之 at 22:16 | Comment(0) | 日記

2008年04月19日

ソースネクストのLinux+USBメモリ

Linux覚えたいので、買うことに。
ちょうど空いてるPCがあったので、それにインストールしようということで。
少し前に母親が、パソコン覚えたいと言い出して、親戚からPC本体だけもらってきたのですが、OSがないので困っていたのです。

ソースネクストのTurbolinux FUJI EXなるものを買ってきました。3970円です。
1980円のPersonal版というのがあります。機能比較表を見ると、Personal版にフリーソフト追加すれば、EX版になりそうに見えましたが、なんか、3970円の奴にしとけば安心だぜ感があったので、そちらにしたわけです。

きちんとインストールできました。
よく、雑誌の付録にLinuxのディストリビューションがついていることがありますが、テストが十分になされていないせいか、インストール時に途中で止まったりすることが多いのです。
ただ、最初の、ハードディスクのパティション分割・フォーマットだけは、初心者には難しいかもしれません。また、付属のオフィスソフトが体験版なので、別途、Open Office をダウンロードするか、Star Suite を購入する必要があります。

Turbolinuxのスクリーンショット

さて、起動してみると…。

何、この、廉価版 Windows!?

「KDE」というデスクトップ環境が構築されているのですが、見掛け、Windows そのまんまです。
Windowsの使いづらさまで真似しなくていいのに…ってくらいのWindowsです。
なんか、UNIX系OS使うこと期待してたのに、肩透かしくらった感じです。

Windows用ソフトが動きませんが、Linux用のソフトが豊富に揃っています。だからといって、2ちゃんねるビューアまでプリインストールされてるのは、何か間違っていると思います。

困ってるのは、タイトルバーのダブルクリックでウィンドウ最大化するのに慣れているので、それが使えないこと。かなりストレスが溜まります。
ついでに、なぜかC言語のコマンド(gcc)がインストールされてない…。ほかの言語はインストールされてるのに。
あと、ヘルプが全部英語で、読むの面倒くさい。
逆に言えば、今現在で問題なのは、それぐらいなわけです。

ということで、母親には、Linuxを覚えてもらうことになりました。(オイ

さて、話は変わりますが、USBメモリの4GB、1980円で入手しました。
1GBに至っては、700円台。2GBが1000円程度。値崩れ激しいですね。
すごい時代になったものです。…と、SCSIハードディスク2GBを見ながら思った次第。

SCSIハードディスク2GB USBメモリ4GB
posted by 堤朋之 at 15:39 | Comment(0) | コンピュータ

免許の更新

今週、免許証の更新に、二俣川の運転免許試験場へ行ってきました。

平日の午後1時の回です。
いやー、混んでた混んでた。手続きだけで1時間ほどかかってしまいました。ぎりぎり10分前に到着した方が悪いんでしょうけど。
午前の部より、午後の部の方が、所要時間が長いのですが、混雑を見越してのことでしょうか。

窓口を1番、印紙、2番、3番と来たとこで、長蛇の列に遭遇。ホールから行列がはみ出し、廊下をぐるっと回ります。逆に写真撮影はスムーズ。待ち時間ゼロ。
印紙窓口って、警察がやってるんじゃなくて、関連の財団法人に場所だけ貸してるのね。

臓器移植のカードがどこにあるのか、今まで謎でしたが、2号館2階のメインホールの端にありました。ただし、品切れ。カードが入っていたと思われる箱は小さく、すぐ品切れになりそうな感じです。試験場でのゲットはまず無理かと思います。

1番試験室の1番席で講義受けましたよ。優良運転者講習ということで、30分。入れ換えて何度もやっているようです。
ビデオと短い講義だけ。初回更新講習の時と違って、あまり面白くなかったです。ビデオですが、車と人との衝突のところ、あまりにも危険なスタントだったので、驚きました。実は、デジタルで人と車を合成してたようです。

4時までということでしたが、3時頃には講習まで全て終わりました。

そして、金色になった免許証を握りしめて出てきたわけです。
なにせペーパードライバーですからね。
それも、原付の。

posted by 堤朋之 at 15:36 | Comment(0) | 日記

2008年04月15日

内定通知

キター━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚Д゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!

posted by 堤朋之 at 11:44 | Comment(3) | 日記

携帯小説書きました

非常に不謹慎な作品が完成しました。

公序良俗上、タイトルすら掲載できません。

私には、まともな文才がないことが分かりました。

posted by 堤朋之 at 00:18 | Comment(0) | 日記

2008年04月13日

携帯小説でも書くかなぁ…

なんか、昨日の夕刊に、「お手軽執筆 ケータイ小説」とかいう記事があって読んでいたんです。

そしたら、「…懸賞ガイド雑誌が企画した通信講座で講師をしている脚本家の藤咲あゆなさんに、指導を受けてみました。…」と。

まあ別に、そんだけなんですけど。でもまさか、新聞読んでて、ARIAのTVシリーズ脚本家の名前見るとは思わなかったんで。

そんでもって、↓見つけました。通信講座3回添削ありで15000円ですね。
公募ガイド社・創作系作品添削講座
一攫千金は無理でも、2000字程度ならなんとかなりそう。

…もっとも、受講を考える前に、「なんか」「そしたら」「まあ別に」「そんでもって」みたいな、歯の奥に物が詰まったような言い回しを矯正すべきだと思わないでもない。

posted by 堤朋之 at 19:22 | Comment(2) | 日記

2008年04月03日

グリーンライン&日暮里舎人ライナー(3)

日暮里・舎人ライナー

東京都営の新交通システムです。要するに「ゆりかもめ」みたいな感じの乗り物です。
東京の日暮里から、その北にある、見沼代親水公園駅まで。埼玉県に入る直前まで行くわけです。こちらも所要20分程度。埼玉方面は鉄道の便が悪いので、便利になるのではないでしょうか。

無人運転なので、運転席の部分まで座る事ができます。
Wikipediaにあったのですが、「軌道」らしいです。線路に見えるのは実は道路で、電車は、路面電車扱いということでしょうか?

途中、都バスの中で、700円で「都営まるごときっぷ」を購入。これで地下鉄・バス・都電・ライナー一日乗り放題です。さて、バスの中で買うと、自動改札が通れない、裏面まっしろの切符を渡されます。しかし、ライナーの多くは無人駅…。駅員さんの話によると、改札にあるインターホンで呼び出してくれとのことです。
午前もいい時間ですので、大混雑です。鉄道オタクではなく、地元住民の方が多いようです。期待の高さが窺えます。

日暮里・舎人ライナー01番

日暮里で待っていると、ラッキーナンバーの01番がやってきました。
日暮里駅は東口から出て、次に西日暮里を通ります。西日暮里は若干、JRの駅から歩きます。京成線のあたりです。
熊野前は、都電荒川線との接続駅です。間に信号一つなので、便利です。荒川線とライナーとのツーショット写真、うまく撮れませんでしたが、誰かチャレンジしてみて下さい。
その後、隅田川と荒川を一気に渡ります。橋の途中まで上りで、その後一気に下りるので、先頭車両に乗ると、いい景色が眺められます。
その後は、尾久橋通りの道路の上をひたすら走ります。起伏もほとんどなく、退屈です。舎人公園駅のみ、3線4面のホームがあります。今回は行けませんでしたが、結構大きな公園が見えました。そして、終点が見沼代親水公園です。川にそった細長い公園です。
写真は順に、熊野前(赤丸内がライナー・都電)、荒川付近、駅ホーム、見沼代親水公園駅の線路の末端部です。

ライナーと都電 ライナーの線路 ライナーの駅ホーム 見沼代親水公園駅

さいごに

…ということで、新路線を2路線まとめて堪能したわけです。6月には、目黒線延伸に加え、地下鉄副都心線の池袋−渋谷間が開業します。今後は、新路線建設が少なくなってきそうな財政事情です。今のうちに楽しんでおくのがいいかと。

posted by 堤朋之 at 02:07 | Comment(0) | その他の話題

グリーンライン&日暮里舎人ライナー(2)

中山駅では、東口に駅が出来ていました。記念乗車券を買うための行列が…。
ホームに降りると、電車が入っていましたが、小さく見えます。しかも、たったの4両編成。ワンマン運転で、ホームドアがついています。
加速性能が高いのか、驚くような速さで発進していきました。
車両と車両の間の扉が、ガラス戸なとこがカコイイです。

グリーンラインのホーム グリーンラインの運転席 連結部のガラス戸 グリーンライン車内

中山は地下駅です。川和町・都築ふれあいの丘駅付近は、高架になったり、地下にもぐったりの繰り返しです。
そして、センター南でホームに降りたところ…。あれ?入線番線が違う?なんで右側通行になってるの? 今までずっと、センター南・センター北では、対面式乗り換えになると思っていました。蓋を開けてみると、西側二本がブルーラインで東側二本がグリーンライン。階段のぼって乗り換えです。なんか、微妙…。
そこから日吉までは、地下を通ります。山田さんとか、高田さんとか、微妙な名前の駅が続きます。北山田・東山田は「やまだ」じゃなく、「やまた」です。高田は「たかだ」じゃなく、ジャパネットな「たかた」です。

日吉駅出口

日吉到着。さて、改札口を出ると…。
なんと目の前に東急線の連絡改札口が。これは便利です。
道路を挟んで慶應大の横に出ます。試験などで大学前の横断歩道が大混雑します。このときは、東急線に乗りたい場合でも、一旦グリーンラインの入り口から入って、エスカレータや階段で降りて、連絡用改札口から乗れば楽です。まあ、地下深くまで行ってから、再び上に上ることになるので、疲れますけど…。
東急の日吉は、この6月に東京方面から目黒線が延伸されます。元住吉に通過線を作って、日吉の通過用ホームを目黒線に明け渡すわけです。既にホームドアが設置されていました。

posted by 堤朋之 at 01:58 | Comment(0) | その他の話題

グリーンライン&日暮里舎人ライナー(1)

…ということで、横浜市営地下鉄のグリーンラインと、新交通システムの日暮里・舎人ライナーに乗ってきましたよ?

疲れました。3月30日の移動経路。
保土ヶ谷→中山→日吉→渋谷─(バス)→芝公園→新庚申塚─(都電)→熊野前→日暮里→見沼代親水公園→西日暮里─(バス)→浅草→浅草橋(疲れてマックに寄った)→青山一丁目─(徒歩・表参道のクレヨンハウスに寄ったため)→渋谷→横浜→自宅前バス停
最初は、これに加えて、東京国際アニメフェアに行く予定だったんですが…。疲れてるし、前売券売り切れで買えなかったし、浜松町に着いた時点で1時半だしで。

横浜市交通局グリーンライン

試乗会が29日に行なわれたんですが、見事落選ハガキが戻ってきたんです。ええ。

グリーンライン10000系(1) グリーンライン10000系(2)

横浜で、2路線目(正式には3路線目)の地下鉄がとうとう開業しました。中山から、港北ニュータウン内を通って、東横線の日吉まで延びる、所要20分程度の地下鉄です。
今まで「地下鉄」と呼んでいましたが、古い方が「ブルーライン」、新しい方が「グリーンライン」と呼び分けられることになりました。中山から日吉までなので、

なかよし線

となる案もありましたが、ボツになってよかったと思います。

ブルーラインのりばの案内板 グリーンラインの線路

都営地下鉄大江戸線と同じリニアモーターカーです。リニアモータといっても、リニア新幹線と違って、浮くタイプではありません。前に進む動力にリニアモータを使っています。線路の間にある金属プレートがポイントです。モータが薄っぺらいので、トンネルの断面積を小さくすることができ、建設費が安くあがります…といっても横浜市の財政事情(ry

posted by 堤朋之 at 01:53 | Comment(0) | その他の話題

2008年04月01日

Ci vediamo! (また会いましょう!)

人から人へ、螺旋のようにつながっていく思い。
でも、最後はやっぱり「お別れ」です。

言っていることは、ごく平凡なことですが、今まで合計一年間の灯里たちの暮らしを見た後だと、一言一言が心に染み入ります。
でも、しんみりした後は、なぜか、いつもと変わらない日常。
ARIAらしい終わり方でした。

ありがとう。私からも。
新しい風、確かに届きました。

(本題ここまで)

さて、先々週、晃さんが姫屋のところでお茶をしていたのですが、その時、お菓子を載せるのに、高めのお皿使っていたのです。ああ、お皿を替えただけで、あんなにもハイソな気分を味わえるのかと思ったのですよ。
そして、丁度、バームクーヘンがありました。

before

普通のバームクーヘン

after

ハイソなバームクーヘン

高めのお皿が見つからなかったので、おちょこの上に、普通のお皿を載せました。
お皿がぐらついて、食べづらくなっただけでした。
おすすめしません。

あと、最終話のネタバレしとくと、暁さんが、新人ウンディーネとして、ARIAカンパニーに入社します。(4月1日記載)

posted by 堤朋之 at 03:45 | Comment(0) | アニメーション