2008年02月29日

うるうるうるうる

というわけで、2月29日(大安)なわけです。

4年に一度必ず来るといっても、人生80年として、20回しか経験できない、かなりのレア物…。
次に来るのは、新幹線が新青森から鹿児島中央までつながった後ですし。

ところで、よく考えてみれば、2月29日に結婚すると、銀婚式も金婚式もなくなるのですね。
代わりに、革婚式とか、ゴム婚式とか、盛大に祝うんでしょうか。

posted by 堤朋之 at 00:48 | Comment(0) | 日記

2008年02月26日

今日はどうするかな

24 名前: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] 投稿日: 2008/02/26(火) 01:52:21 ID:0gxPkqV3
世界卓球って結局何分延長したのですか?

25 名前: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] 投稿日: 2008/02/26(火) 01:56:53 ID:I5U85UrC
>>24
実況には40分遅れって書いてある

正確に40分遅れなんだろうか。場合によっては、バンブーブレードを人身御供に捧げて、ARIAのみ確実に確保するという裏技も。

2時19分追加

28 名前: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] 投稿日: 2008/02/26(火) 02:08:02 ID:I5U85UrC
>>27
ごめん。今調べたら延長ないみたい

追記:バンブレ定刻開始。放送時間変更はしないだー。←笑うとこ

posted by 堤朋之 at 02:01 | Comment(0) | アニメーション

2008年02月23日

家の近くの諸々のこと

現在の我が家に引っ越してから、16年近くになります。

今まで、郵便局は、永田の入り口の所の永田郵便局が一番近いのかと思っていたのですが、山の上に狩場郵便局なるものを発見し、先日行ってきました。近い。近い。今までの苦労は何だったんだろう。

子供の頃に住んでた場所は、自転車で十分に走り回ったので、裏の裏まで知っているわけですが、こっちに来てからというもの、駅までの往復しかしないわけで、落とし穴だらけなわけです。
最寄りのバス停が、銀行の前でなく、坂の途中のバス停だということも最近知ったわけで。

郵便局の近くでは、セブンイレブンが開店準備中でした。永田にはもう一軒セブンがあるので、こちらと距離的にはいい勝負でしょうか。
コンビニといえば、近所のam-pmが閉店と、2ch系掲示板に書いてあったのですが、本当なんでしょうか? 一月ぐらいコンビニ行かない生活に入っているので…。
あと、研連の前の週あたりに、近くのガストが「ビッグボーイ」なるレストランに改装したのですが、まだ行ってないので、今度食べに行きたいところ。

posted by 堤朋之 at 08:08 | Comment(0) | 日記

制服組と背広組に関する疑問

先日の漁船とイージス艦との衝突事故、この関係で、防衛省の組織改革が取りざたされています。 そして、現在、自衛隊の「制服組」と「背広組」を一本化しようという話が、首相の指示の下、防衛省内で検討されています。
一応、確認しておきます。制服組とは、要するに「軍服」(※)着た「軍人」さんのことです。背広組というのは、スーツを着たお役人のことです。制服組のトップは、陸海空三隊を監督する「統合幕僚監部(以前の統合幕僚会議)」ですが、これと背広組(内局)を一体化しようというのです。(参考:Wikipedia「防衛省」)

(※)私個人の意見として、90年代後半以降の自衛隊は、軍隊であり、かつ、違憲と考えているので、軍隊扱いしておきます。

この改組のアイデアに関しては、特に否定的な意見を聞きません。ですが、かなり疑問に思っているので、メモがてら、書いておきます。私の個人的なたわごと程度に取って頂くのがいいかと思います。

第一の疑問は、この一本化で、情報伝達が早くなったり、事故抑止につながるのかということ。結局、隊の上に立つのは、背広組50%の組織であり、パフォーマンスは変わらないのではないでしょうか。そもそも必要性が十分に感じられないので、どうも不安なわけです。

第二の疑問は、文民統制のこと。軍隊は議会や内閣といった政治部門が統制しなければなりません。戦前の日本軍は、現場の独走で、戦局を広げてしまいました。そのようなことを防止するために、一般市民の代表が制服組を統御しなければなりません。
この、言葉どおりの文民統制であれば、今回の改組のアイデアはむしろ統制に資するのでしょう。しかし、現在は、官僚が政策立案において、大きな影響力を持っています。この、事実上の「文民統制」がないがしろにされかねないという危惧感が、私には少なからずあります。つまり、官僚の政策立案に対し、―あまりいい表現ではありませんが―軍隊の現場エゴが反映され、軍事政策に対するブレーキが損なわれてしまわないか、それが心配なのです。
以前、制服組が防衛政策立案に参画して問題となった事件がありまして、このようなことに関する不安から、どうしても手放しでは喜べないのです。

少なくとも、近時の流れから、「強い自衛隊を」という力学が働いているのは否定しづらいところであり、万が一にも、事故抑止の本義を忘れた「便乗改組」ということになれば、大変残念なわけです。たとえ便乗改組でないにしても、軍事に関して一つことを間違えれば、大変危険な結果が待っていることは、日本戦前の歴史が教えてくれます。
その点、マスコミはきちんと監視の目を本当に強めているのか、多少、心もとない気がするのです。たとえ改革に賛成であっても、警戒ぐらいは必要なのではないでしょうか。

posted by 堤朋之 at 08:07 | Comment(0) | 社会

2008年02月21日

汚らしい

掃除すると、たまに変なのが出てきて困りますよね。

3月に行った旅行のお土産がビニール袋に入って出てきたのはいいのですが、その隣のビニール袋の中身、サンドイッチの空き袋とかちり紙とかでした。

ふたご姫の食玩が出てきたのはいいのですが、横から、全部食べたと思っていた、プリキュア飴やラムネの残りが出てきました。なぜか、うまい棒まで出てきました。まあ、ふたご姫なら、そんなに昔じゃないし、これはセーフ。

私の人生で一番ひどかったのは、セーラームーンの劇場版でしょうか。劇場入り口で「お守りクリスタル」などの入った袋をもらいました。その袋の中に、ミルキーウェイ(スニッカーズみたいなチョコレート)が入っていたのです。
当時、セーラームーングッズを集めていた私としては、当然、保存対象です。もっとも、そのまま保存するほど馬鹿ではないので、丁寧にはさみで開けて、中身を取り出して、袋を保存したわけです。
10年後に、チョコレートまみれの袋が出てきて、正直引きました。

もちろん、今なら、漬け置きマジックリン入りの水に入れ、乾燥させてから保存します…ってか、迷わず捨てろよ。

posted by 堤朋之 at 06:09 | Comment(0) | 日記

2008年02月13日

ゲーム中毒中

近況報告。

少し前に、ダイソーで、また100円ゲーム買ってきたのですが…。
ここ数日、ゲームのやり過ぎで、かなりまずい状態です。

「レミュオールの錬金術師」という、お店経営シミュレーション。「水色の塔」と同じ作者さんの作品です。
同人ゲームでも有名どころになると、攻略サイトあるんだな…と思ってたら、実は、Wikipediaにまで乗ってたりするんですね。

posted by 堤朋之 at 02:29 | Comment(0) | 日記

2008年02月02日

その糞ヴェテのシングルたちは…

今週のARIA、気合入ってて、カッコよかったですね。
灯里タンの作画に気合入っているのはもちろん、通行人に至るまで作画気合入りまくりな所が、ARIAっぽくていいよなぁ…。
非常にベタな話だったのに、迫力のカメラワークと丁寧な特殊効果がおおまかカバー。クサいセリフも、灯里が言うと妙な説得力あるしなぁ。

で、閑話休題。EDテロップの「声の出演」じっくり見てて、気づきました。

ベテランのシングル

嫌なベテランだ。普通の人が見ても嫌だけど、法学部系の人間が見ると、嫌さ倍増。 ロー三振ヴェテシングルとか。万年択一落ちヴェテシングルとか。ひどすぎる。
難易度的には、行政書士あたりでペアからシングル昇格でしょうか? ベテランのペアとか、もう、どうしたもんかと。
なぜか昔、2ちゃんの司法試験板にARIAスレがあったんですが、もしそこが残っていたら、かなりネタになってそうな悪寒。

更に話は変わりますが、検索でこんなものが引っかかりました。(検索語句「ARIA」で1ページ目に表示されてるのに、今頃気づいたのかよって感じですが。)

これで、「Rainbow」か「夏待ち」でも弾いてみたいものです。
アコースティックギターでも、エレキギターみたいにライン出力できるものがあるのですね。初めて知りました。録音時に気を使わなくていいから、自主制作に便利そう。でも、夜間にヘッドホンでこっそり弾きたいという要望には答えてくれるのでしょうかねぇ。

posted by 堤朋之 at 12:39 | Comment(0) | アニメーション

日教組の教研集会全体集会中止のこととか

このご時世、日教組(先生方の“労働組合”)は絶対悪で、教研集会(先生方の教育研修会)は集団暴動か何かのように、勘違いされている節があるからな…。
多くは期待せんよ。

公民館が満杯だったため、日教組がホテルのホールを借りたのですが、後日、ホテル側が調べたところ、右翼の街宣車が集まる可能性が高いと判明。契約の解除をしました。
これでは納得いかないと裁判になりました。そして、「きちんと警備すれば問題ないから日教組にホールを貸せ」という決定が出ました。しかし、ホテルはどうしてもホールを貸そうとしません。(人数が多いので、代わりになるホールは見つからない。)
結局、今日の、教研の全体集会は中止されてしまいました。

あのホール、セーラームーンのイベントで行った記憶があるなぁ…(笑)。
法律上のことになると、集会の自由・憲法の私人間効力・解除・手付…と長くなる(上に判旨読んでない)ので黙っておきますが、ホテル側も、安易に信用失うような方策を選ぶとは、馬鹿らしいことをしたなと。
まぁ、反対派が街宣車出すだけで、研修会もオチオチできないような時代にはなって欲しくないものです。

ついでに、先日のテレビの話でも。
NHKの「クローズアップ現代」で、フィンランドの教育事情についてレポートしていました。共産圏崩壊のあおりで国全体が疲弊しているところ、教育改革で、技術力を維持したとのこと。(1)地方分権化を進め、現場尊重。(2)教員の社会的地位が高い。等がポイントです。

それにしても、日本では、塾が公教育の場を侵食し始めたわけで、これから、学校がどんどん空洞化していんでしょうか…。
それだけに、先生方には、強い期待をするしかありません。全体集会こそ中止されましたが、個別の分科会に課せられた責任は今まで以上に大きいといえましょう。私も、強く応援いたします。

ソース
31日の朝刊(読売)
今日の朝刊(読売)

タグ(工事中): 社会問題
posted by 堤朋之 at 12:30 | Comment(0) | 社会