2007年07月31日

さよなら7月

それにしても、みのりカレンダーに振り回された7月だったような。てゆうか、みのりのデバッグ以外のことをした記憶がないのだが。

最近は、ベクターも更新が速く、新作なのに、依頼からたった8日で掲載されました。折りしも月末。今月のダウンロード数、0とかいうメールが来て、気分的になんか凹む。

このままだと、7月のブログ更新回数が1桁になってしまうので、数合わせ。(←やる気が感じられねぇ…)

posted by 堤朋之 at 23:48 | Comment(0) | 日記

2007年07月30日

参院選言いたいこといろいろ

適当にごぢゃごぢゃ書きますですよ。

  • 今回は決して、「年金」のワンフレーズ選挙ではない。国民が扇動されてこのような結果になったのでは決してない。年金が後押ししただけで、安部政権の政権担当能力・格差問題など、国民は冷静に審判を下したと考えるべきだ。また、前回選挙とのバランス感覚がある程度働いた可能性もある。
  • 保守派論客の中に、憲法改正・防衛力増強・対等外交こそが争点であり、争点不在だったとする意見があった。しかし、格差・雇用・社会保障など、争点は確実に存在したはず。国民は憲法改正などにそっぽを向いただけではないのか。
  • 衆院参院のねじれへの危惧の声が聞こえるが、国政は停滞して当然。そもそも、異常な郵政選挙と与党暴走へのブレーキが利かない方がおかしい。(それでもねじれが問題になるなら、解散総選挙が筋というものだ。)
  • 前回の選挙を見るに、世論は簡単に誘導できるという印象が強かったが、今回の選挙で、国民は二度も同じ手に引っかかるほど馬鹿ではないということが分かった。PR戦略を練らないのは困りものだが、国民を見下したようなプロパガンダは無力どころか逆効果と、肝に銘ずべき。
  • 本来は中選挙区制なのに、定数が少ないために一人区が多く、どうも小選挙区っぽくなってしまった。しかし、野党勢力の伸張は、選挙制度の不備によるものではなく、与野党への支持を反映したものではないか。
  • 読売新聞が投票日当日、朝刊1面に有権者へのメッセージを掲載したが、記述内容に、事実上の投票誘導とも取られかねない行き過ぎがあったと感じる。署名記事だったため、他の論説委員のチェックが入らなかったためとも思ったが、メディアの影響力を考えて自重して欲しい。
  • 民主党にとっては、今が、一番重要な時であり、大胆にかつ細心の注意を払って国政運営に臨んで頂きたい。国民は、政権運営能力があるかを見極めに入っている。
  • 共産社民両党は党勢衰退に歯止めがかからなかったが、党政をどう立て直すか、しっかりとした戦略を練り上げる必要がある。9条維持や格差拡大防止などの意見を反映させる責任を、これからもきちんと担って頂きたい。

そういえば、今日はうなぎの日ですね。

posted by 堤朋之 at 19:12 | Comment(0) | 社会

2007年07月28日

シュレッダーはさみ使用感

手回し式シュレッダーが壊れてしまいました。壊れたのが金属シャフト部分なので、個人では修理不能。そこで、シュレッダーばさみを購入しました。
(買ったのは先月で、記事まで書いておいたのに、ブログに上げるの忘れてた…。)

写真では見づらいかも知れませんが、はさみが5本、束になっているだけです。

シュレッダーばさみ

各社から出ています。私が買ったのは「エムワン」という会社の製品で、5枚刃1000円。なぜかパソコンショップに置いてあって、そこで購入。

スピード→×

最大の欠点がスピードです。普通のはさみのスピードを5倍にしただけですから…。
A41枚クロスカットで5分程度かかりました。
封筒の宛名などであれば、秘密部分と公開部分を、あらかじめ普通のはさみで切り分けて、秘密部分だけ断裁するようにすれば問題ないでしょう。
なお、同時切りは2〜3枚が限度です。

断裁性能→◎

素晴らしい。丁寧に切ると、紙片の細かさの点では、クロスカットシュレッダーの比ではありません。
なお、CD-Rやカードの断裁機能はないので、購入検討の際はご注意を。(断裁できるはさみも出回っているという話はある。)

安全性→×

一見安全そうですが、5本束なので結構な重さがあり、怪我をしやすいです。 刃がむき出しになっている上、指を近づける必要があるので、ある意味シュレッダーよりタチが悪いです。
シュレッダーが「機械」(大怪我が悲惨)ならば、シュレッダーばさみは「工具」(かすり傷が悲惨)といったところでしょうか。

  • 神経質になる必要はないが、文房具感覚で使ってはいけない。
  • 注意して、ゆっくりと切り進めること。特に最後の所で指を切らないように。
  • 無造作にしまって怪我をしないよう、収納場所も考えること。(サヤつけて欲しかった…。)
  • 当然、子供の利用は厳禁。(重くて使えないと思うが。)

使い勝手など→◎

(いい点)
  • 置き場所を取らない。
  • シュレッダーより若干安い。
  • 音や振動が出ないので、夜間や集合住宅でも安心。
  • 紙づまりが、起きにくい。
  • 使い続けてないので分からないが、シュレッダーと違って、壊れにくそう。
(悪い点)
  • 使うたびにゴミ受けを準備しなければならない。
  • 切った際に紙片がよく飛び散る。
  • 最初のうちは、そこら辺にある紙、何でも切りたくなる(笑)。

結論

  • 個人用途としては非常にいい。業務用としては、スピードの点で論外。
  • 細かい作業が苦手な人や、スピードが遅くてイライラする人には向かない。
  • シュレッダーの予備機として十分活躍できる。先にはさみを買って、それで物足りなければシュレッダーにアップグレードするというのも一つの手。
posted by 堤朋之 at 20:55 | Comment(0) | 買い物など

2007年07月22日

仕事完了

ベクターと窓の杜にメール出して、仕事完了。

それにしても、新規公開は疲れる。テストとか、ドキュメント作成とか、ホームページ作成とか、メールの文案作成とか。
今日なんかはネットカフェで動作確認ですよ。

世間様は夏一色ですね。
セミの声は聞こえて来るし、公園で盆踊りやってるし。
ひきこもり開発者には関係ないですよ。ええ。

posted by 堤朋之 at 23:10 | Comment(0) | プログラミング

2007年07月21日

カレンダーソフト作りました

みのりカレンダー

β版です。2007年の休日・記念日は、目視で確認しましたが、それ以外は確認していません。

所詮はカレンダーソフトだろうと、ナメていたら痛い目見ました。本気で作りこむと、相当な労力になります。今まで、気に入ったソフトがなかったのですが、何となく理由が分かったような。

今日、Pentium 166MHz の旧マシンで起動してみたら、動作が激しく重いことが発覚。セルペインターは旧マシン時代から開発していたので、ロースペック環境のことも考えていたのですが、今回は全部、新マシン上での開発。
プログラマに速いマシンを与えてはいけないという話がありますが、身にしみて実感しました。
最適化すべき場所は自明ですが、結構面倒な部分なんだよな…。

条件式の組み合わせで休日を定義するのは、もしかしたら大発明かも。
m7 d13 "ナイスの日"

posted by 堤朋之 at 23:38 | Comment(0) | プログラミング

2007年07月16日

大動画上映会25

昨日は、横浜の大動画上映会に行ってきました。
台風直撃のせいで、人出が少なく、普段の半分程度の来場者数だそうです。
今回は、力作揃い、名作揃いだっただけに、かなり残念。

中学生の作品は、コマ数をケチったのが残念でしたが、気合が入ってました。
3D作品の『不思議発見!?アメリゴさん』『Your Presence』は丁寧な作りで3D的違和感をあまり感じさせない。
個人的好みを加味すれば、映像を動かすことに主眼を置いた『スターポロネーズ』『Pilot』が収穫といったところでしょうか。
その他、『ザラス「霊珠」第3話』、『宇宙の天使スターウィップ』、『はちゃめちゃロジスティック!!』、『将棋アワー』、『喫茶店ロプノール外伝愛子ファインティン』など。

上映会の後の懇親会で、空気読まずに、手元にあった『研連!ナンパ!大作戦!!』をゲリラ上映してしまいましたよ。ただでさえ懇親会は時間が足りないのに、貴重な20分間を占領するか?
やっぱり、まだ編集が甘い。あと、表面的には笑えるんだけど、観客を話に引き込めてないというか。

その後、居酒屋へ移動。「この年齢層どうよ?」って感じの二次会。

posted by 堤朋之 at 05:55 | Comment(2) | アニメ自主制作

2007年07月12日

マインスイーパ初級4秒記念

  1. 左上隅をクリックしたら、ほとんどの部分が消える。
  2. 下の方、2332と続いていたので、その上の部分は無視。
  3. その左、旗と旗の間に、「1」が2つ続いている部分があり、そこを消す…。
証拠画像(1)

2つ目を消したら、突如ハイスコア画面が出て、名前入力を求められました。

3箇所左クリックしただけ。

1つ消すのに1.33秒か…。にしても、いきなりこんな配置で来られると、面食らうし。
右クリックを使わない練習の最中だったので、反応鈍かったかも。
もっとも、右クリックを使わなかったからこそ、こんなに速く解けたのかもしれませんが。

証拠画像(2)
posted by 堤朋之 at 00:26 | Comment(0) | 日記

2007年07月08日

フォント見本にふさわしい文字列

フォント見本一覧ソフトが必要になったのですが、ネットで適当なのが見つからなかったため、自分専用ソフトを書き上げました。

で、必要なのが、見本文字列。
漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、数字が入っている必要があります。
「漢字かなカナABCabc0123」じゃ味気ないし…。かといって、そんなうまい文字列、なかなか見つからないし…。

と、そのとき。

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」

数字が入ってないけど、これで完璧。全体字数も各文字数もちょうどいい。ローマ字に至っては大文字小文字も入ってるし。なんでここまでいい具合に。

フォント見本一覧ソフトのスクリーンショット

それにしても、日常的に5種類の文字を混在して使うなんて、世界的に見ても日本語くらいなんですよね。
5種類全部使ったタイトルって、あるのかな…。4種類では、なのは以外にも「蒼き流星SPTレイズナー」がありますが…。

posted by 堤朋之 at 03:20 | Comment(0) | アニメーション

電気用品安全法(PSE法)改正へ

昨年の4月、PSEマークのついていない「電気用品」が販売できなくなるということで、騒動が起こりました。
経済産業省が、なぜか、新品の電気用品だけではなく、中古品まで、マークをつけていないと販売禁止という見解を出してしまったためです。

先日、経済産業省内でPSE法を改正の方向で進めるとの結論が出たようで、秋の臨時国会へ法案を提出するようです。
危険な1000V絶縁耐力検査が不要になり、来年4月のマークなしACアダプタ販売禁止を回避できた点は、非常に喜ばしいことです。また、楽器等のビンテージ制度は引き続き残す方向で検討中だそうです。

なお、現在、経済産業省側でパブリックコメント募集中です。
今回は「法改正」という抜本的処置ですので、ビンテージランプコレクターや、ステンドグラス工芸家などの方は、この際に意見を出された方がいいと思います。(ビンテージ制度品目拡充・個人作品の適用除外など)

まだ若干の問題が残っていますが、これで、ほぼ終息です。PSE関連で活動された皆様、お疲れ様でした。

posted by 堤朋之 at 03:17 | Comment(0) | 社会

2007年07月02日

不愉快

不愉快1

今日は都合で、普段と違うルートで帰ったんだけど、家のすぐ近くに、オートバイ屋が開店してたことを知った。店の前には、珍走(暴走族の蔑称)が喜びそうな何かがズラリ。
メンテ等の際に騒音は出来るだけ出さないよう努力してるみたいだけど…。これ以上、自宅前を走る珍が増えると困るなぁ。少なくとも、溜まり場にだけはならないで欲しいもの。

不愉快2

何? 今日の☆。
こなたや、かがみの発言が、一部、(2ちゃんねるの)VIPPER臭いんだけど。
ネタに走る回があってもいいけど、ネタの選び方には細心の注意が必要。30分見終わって、不愉快でしかなかった。

口直し

横浜線の車内に桜美林大学の学生募集広告が貼ってありました。よく見てみると、「J.F.Oberlin University」との英語表記。
どうして「桜美林(おうびりん)「Oberlin」になるんだよ!!

創業者が留学したオベリン大学にちなんで名づけられたそうです。そのオベリン大学は、ジャン・フレデリック・オベリンという教育者にちなんでるそうで。
要するに、当て字か…。
今更だけど、各大学ごとに、それぞれ個性に富んだ歴史や由来があるんだな…。いろいろ調べてみるとおもしろいかも。

posted by 堤朋之 at 01:32 | Comment(0) | 日記