2007年03月31日

踏んだり蹴ったり

体力が回復していないので合宿には行けないし、アニメイトの旧ポイントを新カードに引き継ぐこともできなかったし、次のムーンライトながら号の指定券は取りに行くどころじゃないし。

おまけに、ビデオのタイマー予約がおかしくなっていて、赤ずきんとふたご姫の最終回、見事に録れていなかった…。

しかも、いつの間にか3月が終わってる。

posted by 堤朋之 at 21:16 | Comment(0) | 日記

2007年03月29日

風邪かなり長引く

38度の高熱が4日断続的に続くも、今日は平熱近くにまで戻り、ポケモン1時間続けて見られるまで体力が回復しました。

それにしても、1週間近く寝たきりというのも困ったもの。
ここ1週間、寝てるか、食ってるか、2chやってるかの記憶しかないし。

posted by 堤朋之 at 20:49 | Comment(0) | 日記

2007年03月27日

100円ショップでおもちゃを買っていいのか

先日、100円ショップで、お絵描き用のマグネット板を買いました。中に砂鉄が入っていて、ペンで描くと文字が出て、下のバーをスライドさせると消えるやつ。
結局、イラスト練習用としては使えないことが判明しました。しかも、今さっき壊れてしまいました。部品取りをしようにも分解できず、磁石1コ除いてまるまるゴミに。

さて、そこまではいいのですが、ふとパッケージを見たところ、製造元が書いてありません。いわんやSTマークをや。

これは、ちょっと怖いですよね。
大人が使う分には構いませんし、パソコン用品であれば「ノーブランド」の一言で通ります。
でも、子供が使うものであって、それも普段何気なく買う製品の間にひっそり紛れ込んで、親が知らないうちに買っていく。万一の事故の際に製造元が判明するのか不明。何より、本当に安全性について検査されているのか自体が不明。考えただけでぞっとします。

既に100円ショップで買ったおもちゃ2つほど確認しましたが、ノーブランド品はほかにもありました。一方で、製造元明記+STマークつきの良心的な製品もきちんと売られています。
じゃ、消費者はどうすればいいのかというと、少なくとも子供に与える場合であれば、定番のSTマークがついているか確認することです。それが一番簡単な判別方法だと思います。100円ショップでは、確認の手間がかかる代わりに安くなっていると考えれば納得いくでしょう。(もちろん、対象年齢確認も忘れず!!)

posted by 堤朋之 at 00:55 | Comment(0) | 社会

2007年03月26日

また風邪か

土曜は、東京国際アニメフェア行ってから、大学のゼミの同窓会に出る予定でした。 ところが、朝から調子が悪く、TAFは取りやめ。同窓会に出かけようとしたら、熱が38度6分まで上がってしまい。こちらも取りやめ。
今、37度3分まで下がったので、2ちゃんくらいはできます。

京都で何か変なもの食ったかな…。

今年は、つい数ヶ月前にノロったばかり。
流行に敏感な俺っち的には、今回は、インフルが本命といった所でしょうか。

posted by 堤朋之 at 17:02 | Comment(0) | 日記

2007年03月24日

エリンが挑戦!にほんごできます。最終回

「〜しないでください。」の回。
エリンがイギリスに帰ることになりました。基本スキットがお別れの挨拶、応用スキットがお別れパーティー。…で。

最終回の回想シーンで、メイド喫茶ってのはどうよ?

日本での思い出がメイド喫茶。日本で撮った写真がメイド喫茶。あなた、何のためにはるばる日本に来たんですか。あなたの本国、イギリスでは、メイドさんなんて見たい放題じゃないですか。(←偏見)
メイド喫茶が日本の全てではありません。まだ、まともな日本が、この国には少し残っていると信じたい。

やってみようコーナーは、賞状のもらい方。右手、左手、お辞儀、軽く二つ折り(折り目はつけない)にして壇から降りる。エリンはホニゴン先生におねだりして、賞状もらいました。
世界に広がる日本語コーナーは、国際交流基金の日本語国際センターで研修を受けている、海外で日本語講師をやっている先生方。日本語と文化を世界に紹介して頂いてるありがたい先生方です。なお、このセンター、エリンの映像制作で監修を行なったところです。

ということで、全部終わったよ。おいら、韓国語も中国語も、全然身につかなかったけどさ。…毎回きちんと勉強してなきゃ身に付くわけないし。

posted by 堤朋之 at 00:10 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年03月21日

オサレ魔女

ダイエーで買い物を済ませ、店を出ようとすると、今話題のオサレな魔女の機械が置いてありました。

100円だし、どんなものか、折角だから、1回やってみっかなとコインを入れてしまいました

変なカードが出てきました。選択画面が現れ、メニューから適当に選びます。カードをリーダにかけると、ラブだかベリーだか知らんけど、おしゃれしました。
で、なんか、ゲームやらないといけないことになってしまいました。タンバリンのリズムに合わせて、ボタン押せとか言われました。
ここまで総合すると、要するにカードダス+バーコードバトラー+ダンスダンスレボリューションのようです。

で、なんか、「たらったったった〜♪」と歌を歌い始めました。タンバリンの動きにあわせてボタンを押さなければいけません。
でも、普通に後ろを人が通っていきます。目立ちます。「たらったったった〜♪」そもそも、音量が大きすぎます。音量を下げるボタンが見つかりません。「たらったったった〜♪」
なかなか終わりません。かなりの恥辱です。カードだけもらえれば結構ですので、勘弁してください。

終わりました。惨敗でした。ゲームで負けたことより、コインを入れてしまったことを悔やむべきでしょう。そして、記念品のカードを握り締めながら失意のうちに家路につきました。

カードにはなまえをかいておきましょう
posted by 堤朋之 at 01:53 | Comment(0) | ネタ・雑文

2007年03月20日

京葉線に乗ったら新型(E331系)が

日曜、京葉線に乗ろうとしたら、見慣れない車両が来ました。
どこから見ても鉄オタらしき人たちが、入れ替わり立ち替わり写真撮っていたので、当日のダイヤ改正で入った車両だなとすぐ確信しました。

Widipedia(JR東日本E331系電車)で調べたら、ハァ、すげぇ。

1両の長さが14メートル(普通は20メートル)で、代わりに、14両編成(京葉線は10両編成)だそうです。つまり、短い車両をたくさんの数つないでるってわけです。
14両編成と聞いて、ラッシュ対策に増結したのかと思っていましたが、そういうカラクリでしたか。

そして、「連接台車」なるものを採用しています。普通、台車(車輪を入れている枠)は車両の両端に2個ついていますが、E331系では、車両と車両の間、連結器の部分に台車がついています。1つの台車をとなりあった車両で共有するといえば分かりやすいでしょうか。

連接車の図解

さて、短い車両で連接台車、実は昔、小田急のロマンスカーが同じことをやっていました。カーブの走行性能がよくなるとか、いろいろ利点があるらしいです。
ちなみに、昔、小学校の友達がロマンスカーの模型を持っていたのですが、全車両がひとつにくっついているため、収納時にバラすのが面倒だった記憶があります。

なお車両内部は、ドアの点字ブロック、先頭車両の4人がけシートを除けば、山手線新型(E231系)とほとんど同じ。
舞浜からの集団客が、4人がけに座るとか座らないとか話していました。ディズニー対策でしょうか、あの席。

休日限定走行らしく、すごくいいものに乗れたらしいです。ラッキーですね。でも、鉄オタkimoi。

京葉線E331系(1) 京葉線E331系(2) 京葉線E331系(3) 京葉線E331系(4)
posted by 堤朋之 at 01:18 | Comment(0) | その他の話題

2007年03月17日

エリンが挑戦!にほんごできます。〜とうとう佳境に突入〜

……………もう、何も申しますまい。

エリン→基本スキットのみ何か。
咲→基本スキットに加え、応用スキットでも無意味に何か。(←ライブ行く前に着替えろよw)
めぐみ→いたって普通の服装。

難しい注文を大量に言って、メイドさんを困らせる点、ツボをドンピシャリ突いています。但し、お茶漬けを頼んだ人がいなかったのは片手落ち。

来週、最終回。
何てゆうか、ひっそりと終わってしまえ。

ところで、「みてみよう」コーナーは、リアル世界の文化祭ですが、あの「萌縁日」ってなによ?

posted by 堤朋之 at 01:10 | Comment(0) | テレビ番組など

左も左も我が祖国日本!?(愚痴)

この記事は、ただの愚痴です。気にしないで下さい。

エリンのビデオ予約をしていると、「視点・論点」をやっていました。「右も左も我が祖国日本」という題です。
タイトルからして、「左派も形を変えた愛国心に依拠するようになってきている」とか、そんな話題かと思っていました。ところが、聞いていると「時代が変わったのだから、憲法改正、集団的自衛権云々…」の話になっていました。
おいおい、「右も左も」って…。それ、ただの右派思想じゃん。で、ストレートにいうと、「左の奴ら、右に忠誠誓え。」「愛国心は全国民の義務だから左は転向しろ。」ってこと!?
自分たちの考えを当然視した上で、有無を言わさず反対勢力に押し付けようという姿勢があらわに伝わってきました。

この辺は本当に愚痴になりますけど、左派は右派に対して甘い(私も含めてですが)ですよ。左派は価値相対主義に依拠して、右派の意見を取り入れようとする。右派は自分たちの意見のみ絶対で、左派の意見は聞こうとしない。これじゃ、そもそも勝負にならないでしょう。右傾化して当然だわ。
そして、最後に右派が主流になれば、左派を弾圧して口封じ。軒を貸してナンタラよろしく、メデタク思想統制完了www

ビデオ予約しながらであり、きちんと聞いていなかったので、本来はこういうこと書くべきではないのですが、エリンの直前で、あまりにも気分害したので。

posted by 堤朋之 at 01:09 | Comment(0) | 社会

セルペインター雑誌掲載

とうとう、セルペインターが雑誌に掲載されました。

「Windows100%」(晋遊舎)と、「PCJapan」(ソフトバンク)の2冊。両方とも4月号で13日発売。なお、もう1冊、別の雑誌が掲載予定中だそうで。

Windows100%は、「フリーソフト71本」コーナーに掲載ですが、それが全くのお誕生日席。一番最初の枠に載ってしまいました。掲載依頼にすぐ返事したのがよかったんでしょうか?
PCJapanも、これまたお誕生日席。1ページまるごと。まあ、一つ前のソフトは、2ページまるごとの特大お誕生日席なのですが。

Windows100%は、裏ツール系雑誌かと思いきや、微妙にアレな内容。なんで、ギ○スとか、○だめとか。漫画を描く記事とか、ギャルゲーの記事もあるし。PCエンジンの記事に至ってはもう…。一体、どういう読者層を対象にしているのか、私には全く分かりません。(※なお、年齢制限のある雑誌ではありませんが、裏系ツールの記事や、アダルト広告が載っており、このサイトとしては推薦できない旨、お断りしておきます。)

一方、PCJapanは、中上級者向けの完全硬派雑誌です。Windows再インストールや、DVD周り、Excelなどの特集をしていました。個人的には、見本誌ありがたいです。役得。役得。

posted by 堤朋之 at 01:07 | Comment(0) | プログラミング

2007年03月16日

3月16日ホニゴンさま〜教育テレビで待ってます!!

最近のひだまりスケッチはいい感じです。
先週は、いつもと違ってちょっとだけ真剣な話。
今週は、エンディングの最後に気の効いた演出。
ちょっとしたことなんだけど、気持ちがほんわか。

それにしても、「ゆのさま」には大笑いしました。

…で、本題です。
本日の23時00分。NHK教育です。
何が起こるのかは知りませんが、お忘れなく!!

posted by 堤朋之 at 04:38 | Comment(0) | 日記

2007年03月11日

船の名前に関するトリビア

今週の火曜日、クイーンエリザベスが横浜港に入港しました。

さて、QE2についてWikipediaで調べたのですが、「クイーンエリザベスII世号」というのは間違いで、正しくは「クイーンエリザベス2」なのだそうです。
エリザベス2世を記念した船ではなく、エリザベス女王にちなんだ名前の船の2隻目だからです。

ところで、横浜といえば、帆船日本丸。船員見習い用の練習船として活躍。今はみなとみらい地区に係留されて観光用となっています。
こちら、俗に「にほんまる」と言われていますが、正しい読み方は「にっぽんまる」です。
日本丸の中に泊まったことのある私が言うのだから間違いありません。てゆうか、船の横腹に「NIPPON MARU」とご丁寧に書いてありますが何か?

Queen Elizabeth 2 NIPPON MARU

posted by 堤朋之 at 14:26 | Comment(0) | その他の話題

ホニゴン様なんてチョロいもんです

今週のホニゴン様は、「〜しよう」の形。
韓国語では、「〜ダ」を「〜ジャ」に。中国語では、「パ」を末尾につければいいだけなので、簡単です。はっきしいって、チョロい、チョロい。
…っていうか、おいらが知っている構文、最終回直前になって初めて出てきたよ。

遊園地と映画。ケンタくんも、折原くんも、いい感じになってきとります。一方、ホニゴン閣下はサングラスかけてギター弾き、エリンがマイク持って熱唱。すごかった。

「これは何?」コーナーは、使い捨てカイロでした。う〜ん、海外にカイロはないのでしょうか…。海外で「カイロ」と言ったら、それ、何て、WindowsNT4.0の開発コードネーム? とか返されそうで怖いです。

さて、来週のエリンですが、善良なる一般市民は見てはいけません。以上。

posted by 堤朋之 at 14:23 | Comment(0) | テレビ番組など

往復2110円で大阪観光できましたが何か?

…というわけで、往復2110円で大阪まで行ってきたわけです。

当初の予定より30分速く着くわ、保土ヶ谷発0時過ぎの電車があったお陰で横浜までの電車賃が浮くわ、ビリケンさんのお陰でえらいこってす。
困ったことといえば、午後に小雨に降られたのと、最後に時間が足りず、大阪城で天守閣へ行けないわ、大阪城公園で駅まで猛ダッシュしなければいけないわ、本場「マクド」は諦めなければならないわ。

普通・快速で片道9時間というハードスケジュールでしたが、それほど辛くはありません。
行きはムーンライトながら号、普通・新快速乗り継ぎでしたが、ながら号は特急型車両、京阪神地区の快速はクロスシート(特急などと同じタイプの座席)で、気分的には特急で行ったも同然です。
但し、一部区間立席になること、寝台車ではないので居眠り程度しかできないこと、ながら号の指定券は人気なので数日前に埋まることには注意して下さい。
問題は帰りです。豊橋まで快速だったものの、豊橋から横浜までは、まったくの通勤電車乗り継ぎになります。座れない区間も多くあります。また、駅の外に出てコンビニ行ったり気分転換したりする時間もありません。

あと、大阪でのルートを書いておきます。
まず、大阪から御堂筋線で難波下車。道頓堀・日本橋見物。南海線(徒歩かバスの方がよい)で通天閣へ移動、天王寺(新今宮でもよい)から京橋経由(桃谷で無意味に途中下車)、京阪線天満橋下車。大阪府庁を見ながら大阪城へ、森ノ宮から環状線で大阪へ出ます。
食事時間はありませんでしたし、最後に時間が押してしまいましたが、それでも、徒歩を組み入れたこと、不必要に私鉄線に乗りたかったこと、デジカメデータ吸出しのためにネットカフェで時間を取られたことを差し引くと、6時間で日帰り観光が十分成り立つことが分かりました。

今月18日にながら号大幅改正を含めたダイヤ改正があるので、その後どうなるかはわかりません。また、横浜発以外から行けるかどうかは分かりませんが、長時間の電車に耐えられる方は時刻表でも買って検討してみてはいかがでしょうか。

ムーンライトながら号 くいだおれ 一粒三百米
タグ(工事中): 鉄道 旅行記
posted by 堤朋之 at 14:22 | Comment(0) | その他の話題

2007年03月05日

往復2240円で大阪まで行けそうな勢いだ

わけあって、手元に「青春18きっぷ」があります。

「青春18きっぷ」は言うまでもなく、JR全線乗り放題(但し普通・快速のみ)の5枚綴り(分離不可)の切符です。普段は11500円なのですが、JR20周年記念ということで、今年の春だけ8000円です。
1日1600円です。東京近郊で遠出する場合でも、青春18きっぷを使った方が有利な場合があります。それで、手元にあるんですが…。

さて、今、時刻表――但し7年前のやつ(笑)――とにらめっこしてみたのですが…。
0時過ぎに横浜駅を発車する「ムーンライトながら」号に乗って、大垣へ。普通列車で大阪に着くのが9時半過ぎ。
帰りは、ムーンライト号に乗らず、午後4時くらいの新快速に乗って、ひたすら快速と普通列車を乗り継げば、横須賀線の久里浜行き最終列車で保土ヶ谷に戻ってこられます。
現地には、10時頃から3時半くらいまでいることができます。若干短いですが、東京近郊と同じ値段だと思えば、滞在時間的には十分納得がいきます。京都になれば、更にもう1時間ほどゆっくりできます。

  • 保土ヶ谷から横浜駅までの切符、130円。
  • 20周年青春18きっぷ、1枚あたり、1600円。
  • ムーンライトながら号指定席料金、510円。
  • なんか知んないけど、Priceless。

…う〜ん、2240円で大阪往復…。片道1120円。本当にできるんでしょうか? どう見てもウソっぽいですが…。時刻表買いなおして、要検討です。

タグ(工事中): 鉄道 旅行記
posted by 堤朋之 at 18:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題

エリン2週間分まとめて

とうとう、2週間分たまってしまいました。

[先週の分]

先週のは、「〜することはできますか?」構文。エリンがレンタルビデオ店で、ジブリアニメの棚を物色。健太クンはナイスピッチング。世界に広がるのは中国の日本語放送アナウンサー。
五十音表、残り1ヶ月になって、やっと出てきました。「×段活用」「××形」などの複雑な文法はとにかくやらない方針のようです。ちなみにテキストでは、「終止形」が「辞書形」と表記されています。
で、日本の文化を紹介する「みてみよう」のコーナー。

秋葉原…。これが日本の文化か…。そうか…。わかったよ。

まず、電気街という表の顔、次にオタ向けの裏の顔、最後にITビル街。順当な構成です。フィギュア、コスプレ…。それにしても、エリンのはしゃぎっぷりといったら…。

[今週の分]

「〜てしまいました」構文。

エリンが学校の印刷機の紙詰まりトラブルに遭遇。
リソグラフなのか、ゲステットナーなのか、分かりませんでした。なんか、ゲステットナーのような気がするのですが…。大学出てからというもの、印刷機に触れる機会がないので、新型機については全くわかりません。
韓国語では、「コピー」ではなく「複写機」なのですね。なお、ソウルあたりでコピーと発音したら、おそらくコーヒーが出てくると思います。

さて、咲ちゃんは、健太君からもらった財布を後生大事に持っています。要するに、ツンデレのうちデレデレだけが残った状態です。

あとは、フランス人がゲーマーだったということぐらいでしょうか。ゲームやってて必要になるたび辞書を引くそうな。

posted by 堤朋之 at 01:54 | Comment(0) | テレビ番組など

2007年03月02日

左傾化がよくて右傾化がダメなわけ

旧来の左傾化(と近年よく言われる)社会と、右傾化しつつある現在の社会。従来左傾化したのであるから、反動として右傾化もいた仕方ないかと、最近よく言われます。 しかし、現在の右傾化の最大の問題点は、「恐怖心」に基づく「洗脳」の利用ではないかと思います。

従来の教育では、実質的な自己決定権はどうであれ、本人の自由意志で選択をさせていました。いかに注意や叱責を受けようと、それも一定限度までのこと。終局的には、本人の自由意志で選択がなされるものです。(その証拠として、左傾化の中で、右派思想も安泰でした。) 単に、左派が多数派で、右派が少数派なだけ。指弾はされても弾圧はされない、という状況でした。
その一方、現在の教育においては、日の丸君が代強制に代表されるように、本人の自由意志は全く埒外にあります。追撃は一定限度にとどまらず、パージや不利益処分の形をとって執拗に行なわれます。そして、恐怖が同調を呼び、その同調が思想を固定化・拡大するという負の共鳴効果が論調を形作っていきます。

またネット上での組織的爆弾的書き込み、一部新聞テレビの論調などでは、思想的な目的意識に誘導されたものが散見されます。この点については、従来の社会におけるものといかに違うのか、まだ検討の余地がありますが、それでも、自組織の意見は当然、反対意見は許されないという風潮の中、洗脳的なものを感じ取ることは十分にできます。

つまり、左傾化と同様に、右傾化もそのまま許される、ということはありえないと考えます。
逆に言えば、常識的な保守主義の範囲にとどまり、強制が行なわれないのであれば、私の主義主張とは別として、これは容認できる範囲内のものです。ただ、この保守主義が、ファシズム的主張・洗脳の隠れ蓑になっている恐れが高い点は指摘しておきたいと思います。

posted by 堤朋之 at 05:17 | Comment(0) | 社会